Club Event

2016.08.19  FRI
LESS
LINE UP:
LIVE:
XTAL
KEITA SANO

DJ:
MONKEY TIMERS
okadada

VJ:
Mixcer

PA:
Naoya Tokunou

VISUAL:
YOSHIROTTEN

INFORMATION:
OPEN : 23:00
START : 23:00
CHARGE :
W/F 3,000yen
DOOR 3,500yen


INFO :
UNIT 03-5459-8630

MONKEY TIMERS、okadadaがレジデントDJを、ロゴ、フライヤーなどのビジュアルをYOSHIROTTENが務める、 ニューパーティー『 LESS 』が始動。
MONKEY TIMERS、okadadaがレジデントDJを、ロゴ、フライヤーなどのビジュアルをYOSHIROTTENが務める、 ニューパーティー『 LESS 』が始動。

第一回目となる今回は、ゲストにノーブルかつフロア・コンシャスなデビューアルバム『Skygazer』をリリースし、国外問わず精力的に活動を続けるXTALと、 Mister Saturday Nightをはじめ数々の海外レーベルから様々なスタイルの作品を次々とリリースし、Crue-L Recordsからアルバム『The Sun Child』を8/10にリリースするKEITA SANOを迎え開催。 Vj/Space Designには、Life ForceからMixcer、PAにはceroやCrue-L Recordsの数々の作品のサウンドエンジニアを担当する、Naoya Tokunouが参加。

ジャンル、世代、をボーダレスに紡ぐ見逃せない一夜。

OTHER INFORMATION
XTAL(クリスタル)
95年からDJを開始。川崎工場地帯の某工場屋上にて行われているインダストリアル・レイブ・パーティー「DK SOUND」で、k404とのTraks BoysとしてレジデントDJを務める。バンド(((さらうんど)))、Jintana & Emeraldsのメンバーとしても活動中。2016年2月、Crue-L Recordsより1stソロアルバム「Skygazer」リリース。

http://www.xtal-jp.com
XTAL_small_130.jpg


KEITA SANO
1989生まれ、左利き。 2014年Mister Saturday Night(US)より12inchシングルをリリース。 これを皮切りに、discos capablanca、Crowdspacer、Spring Theory等、多数の海外レーベルから作品をリリースする。 ライブでは自身の楽曲を再構築し、フロアへと落とし込む。
KEITA%20SANO%202016_130.jpg


MONKEY TIMERS(DISKO KLUBB)
DJ Harvey~Idjut Boys等が先陣をきった所謂ニューハウス~ディスコ・ダブ以降のダンスミュージック・カルチャーが、成熟を経てネクスト・フェイズへと向かった00年代 からのアンダーグラウンド・シーンの体験からキャリアをスタートした新世代のブライテスト・ホープMONKEYTIMERS。 デビュー作「MONK」はEricDuncan,Justin VandervolgenやForce Of Nature等国内外のDJにプレイされる。 BOILER ROOMに出演するなどそのDJ活動と共に、プロダクション・ユニットしてもワールドワイドな注目を集めている。
MONKEYTIMERS_130.jpg


okadada
大阪在住のDJ/trackmaker。 関西を中心に全国各地、多岐にわたるパーティーでDJをしつつ、 ネットレーベル「maltine records」やbandcampから曲をリリース。 tofubeatsとのユニット「dancinthruthenights」としてもたまに活動中。 各種コンピレーションやRed Bullへの楽曲提供から、 FPMのMegamix、ZEN-LA-ROCK、私立恵比寿中学、韻踏合組合、 夢眠ねむ、ディスク百合おん、小泉今日子等のRemix、 雑誌ユースカへの執筆、スペシャの番組でカラオケなど色々やってます。
okadada_130.jpg


YOSHIROTTEN
1983年3月生まれ。グラフィックアーティスト/ アートディレクター。 東京を拠点にしながら、世界中にクライアントを持ち、NY ACE ホテルの内装やSTEVIE WONDER、BOYSNOIZE、 TIGA、DJ HELL、m-flo、MIYAVI 等のアーティストのアートワークから、ZINE 制作、ファブリックブランドGALA のプロディース、 UT(UNIQLO)、OPENING CELEMONY 等へアパレルブランドへのデザイン提供、TOYOTA Mirror Harrierインスタレーションプロジェクトのグラフィック、 JAXA との商品企画やその他数多くのブランドや企業とコラボアイテム制作。 2013 年GASBOOK 社より自身の作品集を発売し、伊勢丹新宿店や渋谷Hikarie、Calm& Punk ギャラリーでの作品展を開催。 デザイン誌GRAPHIC DESIGN 2014 では表紙のデザインを手がけ、ART FAIR TOKYO 2015 にてコラボレーションポスターを制作。このプロジェクトには森山大道、蜷川実花、YOSHIROTTENの三名が参加した。 2014 -15 Mercedez-Bentz FashionWeek Tokyo のキービジュアルを担当。その後ベルリン, ロンドンで作品を発表。 また東京とNYCから発信するインディペンデントマガジンPAN MAGAZINEを出版。カバーデザインも手がける。 アートディレクターとしてグラフィック、web、映像などを軸にファッション、音楽、広告まで幅広く制作を行う。

www.yoshirotten.com
yoshirotten_130.jpg