« September 2006 | メイン | November 2006 »

October 31, 2006

raster-noton.unit

web-ad-carsten.jpgLINE-UP:
alva noto (carsten nicolai)
byetone (olaf bender)
pixel
kangding ray

cyclo. (carsten nicolai + ryoji ikeda)


web-ad-carsten.jpg【DATE】 2006 / 10 / 31 (TUE)
【TIME】 OPEN 22:30 / START 23:00
【CHARGE】 Adv.3,000yen / Door3,500yen

【LINE-UP】
LINE-UP:
alva noto (carsten nicolai)
byetone (olaf bender)
pixel
kangding ray

cyclo. (carsten nicolai + ryoji ikeda)

【TICKET】 8/31 on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]238-909
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン 0570-084-003 [L]38224
e+
excite [EX]X00580

>>store
Onsa
WARSZAWA
UNICE


【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630
raster-noton

ID1.gif




alva noto (carsten nicolai)
Carsten.gif

投稿者 unit_guest : 10:32 PM | コメント (0)

October 30, 2006

The DUST'N'BONEZ

LINE UP :

The DUST'N'BONEZ

本公演は延期となりました。
詳しくはディスクガレージ・ホームページ『The DUST'N'BONEZ 公演延期のお知らせ』をご覧下さい。


10月30日(月) DAIKANYAMA UNITにて予定されておりました The DUST'N'BONEZ の The DUST'N'BONEZ TOUR 2006-ROCK'N'ROLL CIRCUS- 公演はボーカルを務めます森重樹一が右膝蓋骨骨折し、しばらくの間治療を要することとなり、下記の通り公演を延期させて頂く事になりました。 当日ご来場を予定されていた方、ファンの皆様にはご心配をおかけしますと共に、深くお詫び申し上げます。

■10/30振替公演
  公演日: 2007年1月30日(火)
  会場: DAIKANYAMA UNIT

現在お持ちのチケットは、そのまま振替公演にご利用頂けますので公演日まで大切にお持ち下さい。
尚、残念ながら振替公演にご来場頂けないお客様には、チケットの払戻しを承ります。
ご購入先によって払戻し方法が異なりますので、よくご確認の上お手続きをお願い致します。
詳しくはディスクガレージ・ホームページ『The DUST'N'BONEZ 公演延期のお知らせ』をご覧下さい。

【INFO】
DISK GARAGE 03-5436-9600


DB.gif

投稿者 : 03:48 PM | コメント (0)

October 28, 2006

root & branch presents
SYNDICATION

UNIT
LIVE:
 MAD PROFESSOR'S ELECTRONIC LIVE DUB SHOW feat. AISHA
DJ:
 DJ QUIETSTORM - EXCLUSIVE 3 HOURS SET
 JAH-LIGHT SOUND CREW

SALOON

 HIKARU (BLAST HEAD) - EXCLUSIVE 5 HOURS SET


秋の夜長を満喫する究極の「ミュージック・トリップ」。
最近のドープなレゲエ/ダブ・イベントではお馴染みのJAH-LIGHTのファウンデーション〜ニュー・ルーツ。
泣く子も黙るダブ・サイエンティストMAD PROFESSORの超絶ライヴ・ダブ・ショー。
最新アルバム『JIGAJISAN』でサイケデリックなアトモスフィアをヒップホップというフォームで見事に表現して新境地に至った「ケムタイ」DJ QUIET STORMによるスーパー・レアな3アワーズ・セット。
そしてsaloon(B3F)は、a night with HIKARU (BLAST HEAD)。
そのイマジネーション溢れる卓越したプレイでオーディエンスを覚醒させ、それぞれの「起承転結」を描写してくれるでしょう。

【DATE】 2006 / 10 / 28 (SAT)
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】 Adv.4,000yen / Door4,500yen

【LINE-UP】
UNIT
LIVE:
MAD PROFESSOR'S ELECTRONIC LIVE DUB SHOW featuring AISHA

DJ:
DJ QUIETSTORM - EXCLUSIVE 3 HOURS SET
JAH-LIGHT SOUND CREW

SALOON

HIKARU (BLAST HEAD) - EXCLUSIVE 5 HOURS SET


【TICKET】 9/30 on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]241-389>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン 0570-084-003 [L]34587
e+
岩盤
diskunion 渋谷 CLUB MUSIC SHOP
diskunion 新宿 CLUB MUSIC SHOP
CISCO HOUSE
CISCO TECHNO
CISCO REGGAE
Bonjour Records 代官山店
UNICE


【INFORMATION】
SMASH 03-3444-6751


ID1.gif





MAD PROFESSOR & AISHA
MAD-PROFESSOR.gif泣く子も黙るダブ・サイエンティスト、マッド・プロフェッサーは79年にレーベル&スタジオ「アリワ」設立以来、UKレゲエ/ダブ・シーンの第一人者として、四半世紀以上に渡り、常に最前線で活躍を続ける世界屈指のプロデューサー/アーティストである。その影響力は全てのダンス・ミュージックに及んでいると言っても過言ではない。その信者達は音楽ジャンルや国境を問わず、常にマッド教授の手腕を求め続けている。なかでもマッシヴ・アタックのセカンド・アルバムを全編ダブ・ミックスした『NO PROTECTION』は余りにも有名である。伝説のリズム・ユニット、スライ&ロビーとホーン・プレイヤー、ディーン・フレーザーをフィーチャーして制作された『THE DUB REVOLUTIONARIES - SLY & ROBBIE MEETS MAD PROFESSOR FEATURING DEAN FRASER』は、2005年度グラミー賞にノミネイトされ話題となった。aisha.gifまだまだ快進撃は止まることを知らないマッド教授は、伝説的なベテラン・シンガー、マックス・ロメオのニュー・アルバムとレゲエDJの始祖ユー・ロイのニュー・アルバムをプロデュース、これらの作品のリリースを間近に控えている。今回のツアー同行シンガーは、ラヴァーズからルーツまで、その幅広い表現力豊かなヴォーカルに根強いファンを持っているアリワを代表する歌姫アイシャです。マッド教授も全面的信頼を寄せている彼女と約10年振りの共同作業となったアルバム『THERE'S MORE TO LIFE』を昨年リリースしている。熟練の域に達している2人のコラボレーションに期待が膨らみます。最新テクノロジーと超絶ミキシング・テクニックを駆使して行われる、圧巻ライヴ・ダブ・ショーで存分にブッ飛んでしまって下さい。DUB YOU CRAZY!!!!!!!!!!

投稿者 unit_guest : 10:02 PM | コメント (0)

PEACHES

2006.10.28_01.gifLINE UP :

Peaches & Herms(feat. Members of Hole and Le Tigre)


2006.10.28_01.gif





中指立てまくりの18禁アマゾネス系エレクトロパンク・クイーン、 ピーチズ1日限定東京公演解禁! ビョークやマリリン・マンソンのツアー・サポートを務め、ダフト・パンクのリミックスを手掛けたことも知られる彼女は、M.I.A.の音楽製作のきっかけとなった存在としても有名。マドンナ、リル・キム、コートニー・ラヴやビョークといった、現代を代表するポップ・アイコンと肩を並べる女性アーティスト、ピーチズを見逃すな!!


【DATE】 2006/10/28(SAT)
【TIME】 OPEN17:00/START18:00
【CHARGE】 前売6,000円 ※ドリンク代別途

【LIVE】Peaches & Herms (feat. Members of Hole and Le Tigre)

【TICKET】10/07(SAT)チケット発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]243-002>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン0570-084-003 [L]
e+
CNプレイガイド 0570-08-9999

【INFO】クリエイティブマン 03-5466-0777


PEACHS
2006.10.28_02.gif2002年バンド結成。ロンドンを拠点に活動をスタート。各社争奪戦の末、2004年にWICHITA/ V2と契約。彼らを取り巻く状況は日増しに熱くなる。ここ日本では2004年7月 にデビュー・ミニ・アルバムを発売。8月にはサマーソニック04で初来日。12月にはセカンド・ミニ・アルバムの発売&単独公演と知名度をあげてゆく。そ して2005年2月、デビュー・アルバム『サイレント・アラーム』を発売。地元UKではアルバム・チャート3位、またヨーロッパの実に9カ国でチャートの 10位以内にランク・イン、と大成功をおさめた。また、同年5月には2度目の単独公演を実施。東京でのクアトロ2公演は即完売。また大阪のクアトロ公演もソールド・アウト。過去2度の来日よりスケール・アップしたライヴを行い、日本での人気を確固たるものとする。そして、2年連続でサマーソニック出演した。NME誌にて2005年度「アルバム・オヴ・ザ・イヤー」を獲得するなど、有力誌にて軒並み大絶賛を受け、名実共に大成功を収めた。来年1月発売の新作は、今最も待たれているアルバムのひとつであることは間違いない。

2006.10.28_03.gif

投稿者 : 09:16 PM | コメント (0)

October 27, 2006

Epilogue Night

EN.gifUNIT

LIVE : 土屋アンナ/The Cimplaz(LYOKI NAPATOR、慶太、彫結)
VJ : WADAKEN(www.VJWADAKEN.com)

DJ :
田中知之(Fantastic Plastic Machine)/谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
坂崎タケシ(StyleLAB.)/SUGIURUMN/RYOJI(fromケツメイシ) 

SALOON
片山勇(BACKLASH)/BABA(ROLL)/安本泰三(ROOSTER)/平野智靖(PUERTA DEL SOL)
濱中三朗(roar)/高原啓(ROEN)/虻川真哉(fai aoyama)/小原優男(F.A.C.E.)
神戸直也(SHOP IS NO NAME)/ta2ya(fai aoyama)


【DATE】 2006 / 10 / 27 (FRI)
【TIME】 OPEN/START 22:00
【CHARGE】 Adv.3,000yen (w/1d)/Door3,500yen (w/1d)/with flyer3,000yen (w/1d)

【LINE-UP】
UNIT
LIVE:
土屋アンナ
The Cimplaz(LYOKI NAPATOR、慶太、彫結)

VJ:
VJ WADAKEN(www.VJWADAKEN.com)

UNIT DJ:
田中知之(Fantastic Plastic Machine)
谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
坂崎タケシ(StyleLAB.)
SUGIURUMN
RYOJI(fromケツメイシ) 

SALOON DJ:
片山勇(BACKLASH)
BABA(ROLL)
安本泰三(ROOSTER)
平野智靖(PUERTA DEL SOL)
濱中三朗(roar)
高原啓(ROEN)
虻川真哉(fai aoyama)
小原優男(F.A.C.E.)
神戸直也(SHOP IS NO NAME)
ta2ya(fai aoyama)

【TICKET】9/16 on sale
チケットぴあ 0570-02-9999[P]241-845>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン0570-084-003[L]35434


【INFORMATION】
Epilogue Chant

ID1.gif




田中知之 (Fantastic Plastic Machine)
FPM_photo.gif




















谷中敦 (東京スカパラダイスオーケストラ)
YANAKA_photo.jpg











坂崎タケシ (StyleLAB.)
SAKAZAKI_photo.jpg











SUGIURUMN
sugiurumn.gif














RYOJI (ケツメイシ)
RYOJI.gif

投稿者 unit_guest : 09:36 PM | コメント (0)

October 26, 2006

Hemway & Fifty 24SF pres. Art Party Vol.1
"ブラジルのリアリティ・アートと音楽の融合"

10.26_BRAGIL.gifUNIT
Live Painting :
Herbert Baglione From Brazil

DJ :
Kaoru Inoue (SEEDS AND GROUND)
Jeremy Boom (Zouk / from Singapore)

VJ : uttori

SALOON

DJ Fukumuro (Striding)/DJ YO-GIN/DJ Suke-Kyon


“Hemway”アートブランド、及びサンフランシスコに実在するアートギャラリー“Fifty24SF”が主催するアートなイベント。当日はブラジルより“Herbert Baglione(ハーバート・バグリオネ)”を招き、会場でのライブ・ペインティングのアート・ショーを開催。そして、11月8日にリリースされるDVD、“City Of God TVシリーズ”のリリースを記念して、Avex EntertainmentとのSPコラボレーションも実現。“アート”をキーワードにFIFTY24SFの世界観を存分にお楽しみいただきます。


【DATE】 2006 / 10 / 26 (THU)
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】 Door3,000yen / with flyer2,500yen

【LINE-UP】
UNIT
Live Painting :
Herbert Baglione From Brazil

DJ :
Kaoru Inoue (SEEDS AND GROUND)
Jeremy Boom (Zouk / from Singapore)

VJ : uttori

SALOON
DJ :
DJ Fukumuro (Striding)
DJ YO-GIN
DJ Suke-Kyon


■ 主催

delta.gif




■ 企画、制作

EMS.gif


■ 協賛
OBEY-logos.gifdaikanyama_c.gif


■ 協力
Nano Universe、Standard California、Freak’s Store、melple、Good Speed、Clubberia、
Striding、Hang Ten、ROE、WARP

■ 特別協力

avex_select.gif





ID1.gif




Herbert Baglione From Brazil
Herbert_Baglione.gifHerbertはブラジルのサンパウロを拠点に活動するアーティストである。彼の繊細なタッチで描かれるイラストレーションは、ブラジル・ヴォーグなどの著名な雑誌に頻繁に見受けられる。2006年2月にはTwist、Futuraらと合同展をヨーロッパで行い話題となる。





















Kaoru Inoue (SEEDS AND GROUND)
KaoruInoue_001S.gifDJ活動と平行して'94年よりchari chari名義で音楽制作を本格的にスタート。UKのPUSSYFOOTレーベルのコンピレーションへの楽曲提供などを経てリリースされたchari chariとしての2枚のアルバム『spring to summer』『in time』は日本のみならず世界でも高い評価を得る。'03年、瀧見憲司主宰のクルーエル内に自身のレーベルSEEDS AND GROUNDを立ち上げ、Port ofNotesのDSKこと小島大介とギター・インスト・ユニットAURORAを結成、デビュー・アルバム『FLARE』(SAGCD005)をリリース。'05年夏にはKaoru Inoue名義では初となるダンス・オリエンテッドなアルバム『The Dancer』 (SAGCD007)をリリースした。’06/3/29には同名義のアンビエント色豊かなアルバム『Slow Motion』(RUSH! PRODUCTION/ACCR10049)と、AURORAの2nd Album『Fjord(フィヨルド)』(SAGCD010)の2枚のアルバムがリリースされる。現在の主なDJ活動としては、groundrhythm@Air、 FLOATRIBE@UNITを中心に、屋内外大小問わず多方面にて活躍中。またAURORAの発展型としてスタートした4ピース・ロック・バンドSILVERSTONEもライヴを中心に絶賛活動中。10.25には自身のレーベルseeds and groundより"SAG VOYAGE 2006:Summer Archives"compiled by Kaoru Inoueがリリースされる。


Jeremy Boom (Zouk / from Singapore)
jeremy_boom.gifシンガポールを代表するクラブ「Zouk」で91年から活躍を続ける、初代レジデントDJの1人。アフロからラテン、ジャズ、ファンク、ソウル等を自由に横断するDJスタイルで、地元のみならず、ヨーロッパでも一目を置かれる存在。クラブジャズ・シーンの重鎮ジャイルス・ピーターソンに「技術的 にも音楽的にも素晴らしい、ミックスも自分より上手い」と言わせたその実力は、多くのオーディエンスを魅了し、フォロワーを増やし続けている。現在、Zoukのサブ・ルーム「Velvet Underground」にて、毎週金曜日にロングプレイ。そして、シンガポールのラジオ局Medeacorp Radio: Lush 99.5FMの人気プログラム「Private Reserve」の毎週金曜8pmをレギュラーに持ち、ラジオDJとしても人気を博している。

www.zoukclub.com www.lush995.sg



DJ Fukumuro (Striding)
DJ-FUKUMURO.gif高校時代 六本木にてHIPHOPエキスを注入され、その後は芝浦GOLDを中心にてエキスを注入される。その素晴らしいエキスが混ざり合い 現場DJとして活動開始に至る。ジャンルのベースは勿論ルーツのHIPHOPに置きながらも、現場によって使い分けられる音楽センスにて幅広い層から指示を受けられる選曲にて活動、現場のDJとして方々よりオファーを受ける事になる。現場のDJ活動を続けながらオーガナイザーとしてもスタートを切り、HIPHOPを中心としてイベントをHARLME,asia,vuenos等にて開催し数々の実績を残し、2006年も年末に掛けて複数のイベントを取り仕切る事になっている。そして 現在はHIPHOPレーベル“STRIDNG”にて勤務。GURU(JAZZMATAZZ4),PETE ROCK,HI-TEK,BABY BAM(JUNGLE BROTHERS)等の新作発売を控え日々奮闘している。

DJ YO-GIN
DJ-YO-GIN.gif約10年前から現場主動のクラブDJとして活動開始。HIPHOP主体のプレイスタイルではあるのだが 音楽的知識の幅を生かしHOUSE やJAZZ、CLASSICS等に至るまでクロスオーバーにプレイするスタイルは枠を超えたCLUBシーンのコミュニティーからも賛辞を得て、現在もさまざまな現場にて多数の出演をこなしている。その現場感覚と知識からなる集大成として 2004年にMIXCD『EAR CANDY』リリース。その他にも LATIN HOUSEコンピレーションのオフィシャルミックス、音楽ライター等さまざまな分野で活躍中である。



DJ Suke-Kyon
Suke-Kyon.gif















“FIFTY24 SF”とは...
1999年にサンフランシスコにプライベートなギャラリー・スペースとしてオープン。
2002年にはビームスTのスタートと同時に日本展開がスタートし、2002年の1年間をビームスTで独占販売を行った。アート・イベントもビームスT原宿を会場に3回開催。2003年からは全国展開となりアートをベースとしたTシャツ、シューズ、帽子などアイテムを増やして、アートなカルチャーを製品を通して広めていった。Hemwayはそのギャラリーからセレクトされたアーティストによるブランドで、2006年の春から正式に日本で展開される。




cod_tv_jk.gifHemway & FIFTY24SF pres. Art Party Vol.1 & City Of God
-TVシリーズ- SPコラボレーション企画

SPコラボレーション企画として、イベント会場内において映像などを公開。世間を騒然させた衝撃作「シティ・オブ・ゴッド」から3年…ブラジルで熱狂の渦を巻き起こし、社会現象になった超大ヒットTVシリーズが遂にDVD化!!出演するのは「シティ・オブ・ゴッド」に出演したダグラス・シルヴァやダーラン・カンナ−!リアルにブラジルのゲットーに住む子供たちを描いた「シティ・オブ・ゴッド」の衝撃+「ナイロビの蜂」のドラマ性を盛り込んだフェルナンド・メイレレス監督渾身のTVシリーズ!

CITY OF GOD -TVシリーズ-
AVBC-26032〜3
2枚組BOX
6,090円(税込)
2002〜2003/ ブラジル / 全9話 / 尺計270分

発売元 エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
販売元 エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
販売協力 エイベックス・エンタテインメント

投稿者 unit_guest : 10:49 PM | コメント (0)

Zero Gravity Disco ワンマン・パーティー

LINE UP :

babamania



【DATE】 2006/10/26(THU)
【TIME】 開場19:30/開演20:00
【CHARGE】 全立見 3,000円 ※ドリンク代別途

【LIVE】babamania

【TICKET】チケット9/16(土)発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]240-341>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン0570-000-777 [L]32256
イープラス
エキサイトチケット

【INFO】HOTSTUFF PROMOTION 03-5720-999

【主催】HOTSTUFF PROMOTION
【後援】Imperial records
【企画・制作】A.T FIELD

投稿者 murakami : 05:55 PM | コメント (0)

October 25, 2006

第3回東京アジア・ミュージックマーケット
2006 3rd TAM LIVE SHOW CASE

TAM_logo.gifLINE UP :

大空のメロディー(モンゴル)/CHONO(モンゴル)
Chang Chen Yue(台湾)/MC HotDog(台湾)


【DATE】 2006 / 10 / 25 (WED)
【TIME】 OPEN 18:30 / START 19:00
【CHARGE】
Adv. 2,000 yen (W/1D)
Door. 2,500 yen (W/1D)
【LINE-UP】
大空のメロディー(モンゴル)
CHONO(モンゴル)
Chang Chen Yue(台湾)
MC HotDog(台湾)

【TICKET】チケット発売 9/9
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]241-483>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン0570-084-003 [L]
e+
Exciteチケット [EX]X00628

【INFORMATION】
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
【後援】
経済産業省 外務省 文化庁 (社)私的録音補償金管理協会 (社)日本音楽著作権協会
(社)日本レコード協会 (社)日本芸能実演家団体協議会 (社)日本音楽事業者協会
(社)音楽出版社協会 (社)音楽制作者連盟 (社)全国コンサートツアー事業者協会
【協力】
(財)日本映像国際振興協会 中国音像協会 韓国文化コンテンツ振興院


大空のメロディー(モンゴル)
Mongol.gif大空のメロディーは1997年にモンゴル国立民族歌舞団(※)の中から特に優秀な団員を中心に結成されたモンゴル伝統音楽のエリート集団。オリジナルメンバーは5人。また、民謡歌手(オルティンドー)、舞踏(ダンサー)をゲストメンバーに加えて活動している。グループとしては、今までロシア、北朝鮮、韓国、フィンランド、日本などの国々で公演を行なう。主な受賞2001年北朝鮮のピョンヤンで行なわれた春の祭り「国際音楽祭」にて銀杯受賞。同年に韓国の済州島で行なわれた「国際民族音楽祭」優勝。2002年「第一回モンゴル民族音楽祭」準優勝。
※モンゴル国立民族歌舞団について
1950年、モンゴル国立芸術大学、モンゴル国立音楽学校(大学)の優秀な卒業生、及び、モンゴル各地の優秀な演奏家により結成。モンゴル国内外にて広く演奏活動を展開。海外においてのモンゴル伝統音楽芸能の演奏はこの民族歌舞団メンバー以外には認められていない。現在、約300名の団員が所属している。
モンゴル国立民族歌舞団

CHONO(モンゴル)
CHONO0.gif1999年結成。メンバー4名。2001年「Bi Khuseegui(私は欲しくない)」2004年「Khaiji ursaj baina(溶けて流れて)」2005年「Jargaliin Gants Alim(幸せのリンゴ)」と3枚のアルバムをリリース。3枚のアルバムから18曲のビデオクリップも発売中。2002年ゴールデンマイクフェスティバル「新浪(新しい波)賞」、2003年Pentanonicフェスティバル「ベストデビュー賞」等を受賞。モンゴル国内はもとより、現在までにアメリカのサンフランシスコ、ワシントン、シカゴ、ドイツのミュンヘン、ベルリン、シュットガルト、韓国、オランダ、イギリス、アイルランド、中国等でコンサートを行なっている。2006年、4枚目のアルバムをアメリカ・シカゴにて制作中。

Chang Chen Yue(台湾)
Chan.gif1974年5月2日生まれ。台湾南部、宜蘭出身。1993年CDデビュー。甘いルックスからアイドルとして売り出される。セカンドアルバム発売後兵役につき、兵役を終えてからはそれまでの風貌をがらりと変え、顎鬚をトレードマークとし、スキンヘッドにキャップ、ピアス、タトゥーといったスタイルで、台湾のストリート系ファッションのリーダー的存在となった。音楽性もサードアルバム「這個下午很無聊」以降、従来のポップスから志向を変え、現在の本格的ロックに変容した。93~05年でアルバム11枚(ベスト含む)発売、映画3作品出演。スラングを交えた曲が放送禁止になるなど社会を騒がせるも、彼のストレートな詞はとりわけ若者達の心を捉え、そのサウンドは抜群で、実力は台湾音楽界でも屈指のアーティスト。






MC HotDog(台湾)
hotdog.gifMC HotDog(姚中仁Chung-Jen Yao /台湾・台北市生まれ)は、大胆な 歌詞を使った中国語のラップアーティストとして知られ、中国ヒップ・ホップのゴットファーザーとも言われている。アイドル嗜好が強い中国の音楽マーケットの中で、MC HotDogは人々の真実の声を生々しく表現した楽曲により大きな評価を得、異彩を放つ存在である。2001年、4枚のミニアルバムは台湾で30万枚を売り、中国大陸ではおおよそ600万枚以上の海賊版がコピーされた。2年間(2002~2003年)の兵役後、 2004年にChang Cheng Yue(張震嶽)and Free9 Band のコンサートツアーに加わり復帰。“Kill Kitty Tour”(主催: House of Blues Entertainment)として全米10都市におよぶツアーも成功させている。その後、Label True Colorに所属し、2006年に最新アルバム「Wake Up」をリリースした。シングル「I Love TW Girls」は台湾のヒットチャート(Hito radio )で14週連続1位を獲得する大ヒットとなった。

投稿者 : 06:06 PM | コメント (0)

October 24, 2006

第3回東京アジア・ミュージックマーケット
2006 3rd TAM LIVE SHOW CASE

TAM_logo.gifLINE UP :

YUNA(韓国)/ORIENTANGO(韓国)/Jeon Jeduk(韓国)
冷酷仙境(中国)/果味Vc(中国)/THE STYLUSTIKS(馬)


【DATE】 2006 / 10 / 24 (TUE)
【TIME】 OPEN 18:00 / START 18:30
【CHARGE】
Adv. 2,000 yen (W/1D)
Door. 2,500 yen (W/1D)
【LINE-UP】
YUNA(韓国)
ORIENTANGO(韓国)
Jeon Jeduk(韓国)
冷酷仙境(中国)
果味Vc(中国)
THE STYLUSTIKS(馬)

【TICKET】チケット発売 9/9
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]241-483>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン0570-084-003 [L]
e+
Exciteチケット [EX]X00628

【INFORMATION】
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
【後援】
経済産業省 外務省 文化庁 (社)私的録音補償金管理協会 (社)日本音楽著作権協会
(社)日本レコード協会 (社)日本芸能実演家団体協議会 (社)日本音楽事業者協会
(社)音楽出版社協会 (社)音楽制作者連盟 (社)全国コンサートツアー事業者協会
【協力】
(財)日本映像国際振興協会 中国音像協会 韓国文化コンテンツ振興院


YUNA
名前:本名/メン・ユナ(クヘタッウェ・孟有那・Maeng Yu-na)☆身長:170cm☆出身地:富川(プチョン)  

『冬のソナタ』の音楽監督パク・ジョンウォンに見い出された、韓国の16歳の実力派シンガー。  幼少の頃からピアノを始め、ヒップ・ホップ、R&B、ソウル、ジャズ 等、様々な音楽に影響を受ける。2006年2月、『冬のソナタ』のユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章を飾る韓国KBSドラマ『春のワルツ』のエンディング・テーマにYUNAが歌唱する「Flower」が大抜擢される。 『春のワルツ』 は、日本でも、10月5日よりNHK BSでオンエアーが決定。韓国では、他にSBSドラマ『プラハの恋人』の「君を...」, KBSドラマ『噂のチル姫』の「WITH YOU」を歌唱し高い評価を得ている。16歳とは思わせないシッカリした歌唱力と恵まれたルックスで、今後の日本での活躍が期待されている。


ORIENTANGO
orientango.gif





















冷酷仙境 (coldfairy land)
林笛(Vo&Key、琵琶)、宋建豊(G)、蘇勇(B)、季佳(Dr&Per)、周聖安(チェロ)
coldfairyland.gifバンド結成2000年末。4歳から始めた琵琶とキーボードをかき鳴らしながら歌う林笛が中心メンバー。サイケデリックなロックに民俗音楽の要素を取り入れた音楽は、時に力強く、時に透き通る林笛の歌声とともに壮大な世界観を描き出す。メジャー、インディーズで6枚のアルバムを発表。2005年10月オランダで行なわれた“AMSTERDAM CHINA FESTIVAL”にも参加した実力派バンド。
http://rocklive.cn



果味Vc(中国)
VC.gif中国でも比較的早期に結成されたブリット・ロック・グループ。 96年に結成後、既にアルバムを3枚リリース、安定した支持層をもつ他、業界内での評価も高く、今最もメイン・ストリームとの融合度の高いバンドとして注目を集めている。

メンバー
孫凌生 ギター・ボーカル
劉 韜 ギター
楊 林 ドラム
甄 洋 ベース

おもな受賞歴
2001年11月 第8回世界中国語ヒットチャート最優秀新時代バンド賞受賞。
2001年12月 シングル『超音速列車』が『ミュージックライフ』紙主催、全国150のラジオ局が選ぶ“中国オリジナル歌曲チャート”で第一位。
2002年1月 中国の権威的ロック情報誌『通俗歌曲』により『年間最優秀ポップ・ロック・バンド』『年間最優秀ポップ・ロック・アルバム』に選出。
2002年3月 中国『メディアが選ぶポップス大賞』第二回年度賞選考において最優秀新人賞。
2002年3月 第2回ペプシミュージックアワードで最優秀新人賞獲得。
2002年4月 第9回中国ヒットチャートにおいて「もっとも期待されるグループ」賞。
2006年1月 第5回中国ゴールドディスク賞において最優秀グループ賞受賞 。
アルバム
2001年『双重生命』 2005年『A gift from Vc』



THE STYLUSTIKS(馬)
STYLUSTIKS_2.gif

投稿者 : 05:38 PM | コメント (0)

October 22, 2006

GOLDEN SESSION vol.3
soldout.gif

GSSSS.gifLive :
Little Tempo × bonobos

Opening act : The eskargot miles
DJ : DJANGO ROCK (PACINOS)×ジャーゲ・ジョージ (rub-a-dub market)


今こそ「見たい!」という組み合わせ、今までありそうでなかった組み合わせ。。。
そんな2バンドによるスペシャルなイベント"GOLDEN SESSION"。
1回目はbonobos vs KODAMA AND THE DUBSTATION
2回目はcutman-booche vs tobaccojuice
どちらも来ていただいた方々には大満足の内容だったと思います。
そんな"GOLDEN SESSION"の3回目が決定!
今回はLittle Tempo vs bonobos!!!

【DATE】 2006/10/22(SUN)
【TIME】 OPEN17:00/START 18:00
【CHARGE】 Adv:3,300yen/ Door:3,800yen(ドリンク代別途)
【LINE-UP】
Little Tempo
bonobos
opening act :The eskargot miles
DJ : DJANGO ROCK (PACINOS)×ジャーゲ・ジョージ (rub-a-dub market)

【TICKET】SOLD OUT!!
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]241-166
ローソン0570-084-003 [L]33823 
e+


Little Tempo
LTall1.gif


















bonobos
b_a,un_ap_main.gif














The eskargot miles
NEW.A-1.gif












DJANGO ROCK (PACINOS)
djangorock.gif














ジャーゲ・ジョージ (rub-a-dub market)
ja-ge350.gif

投稿者 Hotta : 01:56 PM | コメント (0)

October 21, 2006

DRUM & BASS SESSIONS 2006
MIST:I:CAL
feat. MARCUS INTALEX & CALIBRE

feat.
MARCUS INTALEX
CALIBRE

with: E.D.O.ECHO SOUNDSYSTEM (Live)/AKIRA/DJ CUY
mc's: ACCHI/LEO

B3F/SALOON
JAH LIGHT SOUND SYSTEM


MIST:I:CAL
マーカス・インタレックス&STファイルスが主宰するソウルフル・ドラム&ベースの急先鋒レーベル、Soul:Rから噂のミラクル・プロジェクト、MIST:I:CALがアルバム『ELEVENTH HOUR』を遂にリリース!昨年の初来日で人気急上昇のカリバーと共にマーカスが10/21(土)DBS@代官山UNITに帰ってくる! DEEP、SOULFUL & DUBYな"ミスティカル"の音世界をDBSの最高のサウンドシステムで堪能してほしい!

【DATE】 2006 / 10 / 21 (SAT)
【TIME】 OPEN/START 23:30
【CHARGE】 Adv.3,500yen / Door4,000yen

【LINE-UP】
feat.
MARCUS INTALEX
CALIBRE
with:
E.D.O.ECHO SOUNDSYSTEM (Live)
AKIRA
DJ CUY
mc's:
ACCHI
LEO

B3F/SALOON
JAH LIGHT SOUND SYSTEM


【TICKET】 9/16 on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]241-165>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン 0570-084-003 [L]33822
clubberia E-Tickets

>>store
(渋谷)
CISCO TECHNO/Manhattan Records House/diskunion 渋谷 CLUB MUSIC SHOP/TECHNIQUE
(新宿)
diskunion 新宿 CLUB MUSIC SHOP/Bonjour Recods 新宿店
(下北沢)
DISC SHOP ZERO
(お茶の水)
diskunion お茶の水 CLUB MUSIC SHOP
(吉祥寺)
diskunion 吉祥寺店
(代官山)
Bonjour Records 代官山店/UNICE


【INFORMATION】
DBS

ID1.gif




MARCUS INTALEX (Soul:R/Revolve:R, Metalheadz, 31 from Manchester)
Marcus.gif相棒のST.FILESとレーベル、Soul:Rを主宰するマンチェスターを代表するアーティスト/DJ。15才で伝説のクラブHaciendaでNEW ORDERを体験して以来、ダンスミュージックに傾倒、'80年代後半のハウス、デトロイト・テクノを影響を経て、ハードコア・ブレイクビーツ〜ジャングルに至る。'94年にDA INTALEX名義で"What Ya Gonna Do"をFlexからリリース以来、INTALEX PRODUCTIONSとしてマンチェスターのD&Bシーンを牽引する。'99年にST.FILESとのコンビでDOC SCOTTのレーベル、31から"How You Make Me Feel"、'00年にGOLDIEのMetalheadzから"Universe"を発表、ハードサウンズ全盛のシーンにソウルを吹き込み、注目を集める。その後も彼のソウルフルかつ高品質なサウンドは"リキッド・ファンク"・ムーヴメントの一翼を担い、'01年に設立したSoul:Rを始め、デトロイト・テクノのフレイヴァーを持つサブ・レーベルのRevolve:R、そしてMetalheadz等からのリリースで絶大な支持を得ている。今年10月にはMARCUS、ST.FILES、CALIBREによるプロジェクト、MIST:I:CAL名義のアルバム『ELEVENTH HOUR』がリリースされる予定で、D&Bの歴史に新たな1ページを記すのは間違いない。DJとしても18年に及ぶキャリアを持ち、地元マンチェスターではCALIBREらと自己のパーティー、"Soul:ution"を開催している。彼のプレイはヴァーサタイルなスタイルと卓越したミキシング・スキルで世界的な支持を得ている。'00年の初来日(with DOC SCOTT,TONY COLMAN)以来、6年ぶりのDBS出演!


CALIBRE (Soul:R/Revolve:R, Signature, from Belfast)
Calibre.gif北アイルランド、ベルファスト出身のCALIBREは、幼少から父のレコード・コレクションのレゲエやロックを聞き育ち、13才からバイオリン、ドラムス、キーボード、ベース等を習得して行った。16才からはジャズ〜パンクまでバンド活動を送り、やがてデトロイト・テクノ、ハウス、アンビエントの影響を受け、エレクトロニック・ミュージックの制作を開始した。またファイン・アートを専攻した大学時代は現代音楽の巨匠、JOHN CAGEに心酔し、その後の彼の音楽観に多大な影響を与えた。そんな彼がドラム&ベースに魅せられたきっかけは、初期Reinforced、OMNI TRIO、GOLDIEの"Terminator"、DEEP BLUEの"Helicopter Tune"等で、'97年頃から本格的な制作に着手する。CALIBREの才能に逸早く注目したFABIOは彼のレーベル、Creative Sourceに迎え入れ、'00年の"Mystic/Feelin'"でCALIBREの存在は広く知られる事となり、'01年にはCD2枚組全21曲を収録した1st.アルバム『MUSIQUE CONCRETE』を発表し、絶賛を浴びる。その後、彼はMARCUS INTALEX & ST FILESと活動を共にし、彼らのレーベル、Soul:R/Revolve:Rを中心に精力的なリリースを展開、また'03年には自己のレーベル、Signatureを立ち上げ、"Mr.Maverick/Highlander"、"Drop It Down/Bleep"等のビッグ・チューンを連発している。そして'05年11月、待望の2nd.アルバム『SECOND SUN』がリリースされ、CALIBRE旋風が巻き起こったのは記憶に新しい。衝撃的だった昨年11月のDBS 9th.Anniversary以来、1年ぶりの再来日!

投稿者 unit_guest : 10:09 PM | コメント (0)

October 20, 2006

HORIZON MT4 release party in the city

morning.gifLINE UP
DJ :
YODA

Guest DJ:
Dr.Shingo


Horizon-logo.gif【DATE】 2006/10/20 (FRI)
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】
Door : 3,000 yen
W/flyer : 2,500 yen

【DJ】
YODA
【Guest DJ】
Dr.Shingo


yoda.gif



















morning.gif

投稿者 : 04:53 PM | コメント (0)

the bluetones

LINE UP :

the bluetones
ブルートーンズ日本公演中止のお知らせ


ブルートーンズ日本公演中止のお知らせ

10月20日(金)東京 代官山UNITにて予定しておりました、『ブルートーンズ日本公演』は、アメリカ、オーストラリア・ツアーのキャンセルに伴い、やむを得ず中止することとなりました。お手持ちの公演チケットは、10月7日(土)より10月20日(金)までの間、お買い求めの各プレイガイドにて払い戻しをさせていただきます。
払戻し方法等、他詳細につきましては、クリエイティブマンHPをご覧ください。

皆様には多大なご迷惑をおかけ致しますことを、深くお詫び申し上げます。



【INFO】クリエイティブマン 03-5466-0777


the bluetones
blue.jpgロンドンの玄関、ヒースロー空港近くの街、ハンズローで共同生活を送りながら、ガレージでリハーサルに明け暮れる日々を続けた、ブルートーンズ。 ロンドンを中心にライブ活動を重ねるうちに、ストレンジラヴ、シェッド・セヴン、ザ・シャーラタンズ、スーパーグラスらのサポート・アクトに大抜擢されるようになり、また、自身のレーベル“SUPERIOR QUALITY RECORDINGS”を立ち上げることになる。94年、バンド主宰のレーベルから、2,000枚限定の7インチ・シングル「SLIGHT RETURN/THE FOUNTAINHEAD」をリリース。 この限定シングル曲が大きな話題を呼び、翌年、A&Mと契約。 同年、デビュー・シングル「ARE YOU BLUE OR ARE YOU BLIND」をリリース。 11月には、アルバム・リリースを前に、ザ・シャーラタンズのサポート・アクトを務める形で、初来日を果たす。96年、デビュー・アルバム『EXPECTING TO FLY』をリリース。このアルバムは、オアシスの『(WHAT’S THE STORY)MORNING GLORY?』を蹴落とし、見事UKチャート1位を獲得。 その後リリースされたシングル曲のほとんどがトップ10入りを果たすなど、ブリット・ポップのニュー・カマーとして頭角を現す。 翌年、ブリット・アワード“ベスト・ニュー・バンド”賞を受賞。 デビュー・アルバムも母国イギリスではプラチナ・セールスを記録した。98年、2ndアルバム『RETURN TO THE LAST CHANCESALOON』をリリースし、結果イギリスではゴールド・アルバムとなる。翌年から3rdアルバムのレコーディングを開始、約10ヶ月にも渡る制作期間を経て、同年末に完成。 00年4月、プロデューサーに、スーパーグラスなどを手がけるジョン・コーンフィールドを迎え、3rdアルバム『SCIENCE & NATURE』をリリース。 その年の8月には、国内最大級のロック・フェス、サマーソニック00(サマーソニック元年)に出演。 また、同年11月には、MOVERとのカップリング・ツアーのため、再来日を果たす。02年、彼らの集大成的ベスト・アルバム『THE BLUETONES THE SINGLES』をリリースし、翌年には、待望の4thアルバム『LUXEMBOURG』をリリース。 センチメンタルなメロディと、骨太なグルーヴ感はそのままに、彼ら特有のポップ・サウンドは瑞々しさを増した傑作となった。 また、このアルバム・リリースを記念して、同年10月、東京で1日限りの公演を行った。そして2006年10月。ついにファン待望の最新アルバム『THE BLUETONES』をリリース。

投稿者 : 12:19 PM | コメント (0)

October 15, 2006

KDDI DESIGNING STUDIO LIVE RECOMMEND
KOMPLEX vol.4

LIVE:

SPECIAL OTHERS

Panorama Steel Orchestra

キセル

神出鬼没でユニーク&オールミックスな複合的ライブイベントの4回目の開催が決定!

今回のテーマは「minimum to maximum」。

最小限の編成でライブを展開しミニマリズムを追求しつつメロディアスに唄う「キセル」。
4人が中心を囲む様に配置し、その中心から全ての音が一つになりポリリズミックなリズムと共に放たれる「SPECIAL OTHERS」。
そして総勢30名以上からなるメンバーの全ての音が一つとなって初めて完成され一斉に解き放たれるグルーヴは眩いばかりの「Panorama Steel Orchestra」。

最小限〜最大限まで、インプロヴィゼーション色の強いライブが行われるに違いない。

それぞれこれまでにUNITでワンマンライブを行ってきた3組が一同に会した秋の宴が開催。





【DATE】 2006 / 10 / 15 (SUN)
【TIME】 OPEN 17:00 / START 18:00
【CHARGE】 Adv. 3500yen (ドリンク代別)

【LINE-UP】
SPECIAL OTHERS
Panorama Steel Orchestra
キセル

【TICKET】
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン 0570-00-0403 [L]
e+
チケットナビ
CN
Exciteチケット
GANBAN
Cafe UNICE(UNIT B1)


主催:HOT STUFF PROMOTION / UNIT
企画・制作:DOOBIE / UNIT
INFO:HOT STUFF PROMOTION 03-5722-3022


SPECIAL OTHERS
SPECIALOTHERS.gif











Panorama Steel Orchestra
Panorama.gif











キセル
キセル.jpg

投稿者 : 07:23 AM | コメント (0)

October 14, 2006

REMIXER REMIX 2nd Anniversary !!
STANTON WARRIORS
-Stanton Sessions vol.2 Release party-

RR_2006_10_omote.gifUNIT
DJ:
Stanton Warriors (Punks / UK)
Robosapiens (Dead Famous / UK)
Toshiyoshi NKJ (Remixer Remix)
Yugo Takino (Remixer Remix)
VJ:
DaDaKingZ/SO IN THE HOUSE
HEART BOMB (他社比社)/DUB犬
Live Painting:
bakibaki (DOPPEL)/KAZ/G∞O (FLOWER OF LIFE)

SALOON : “Back To Chill”
DJ:
GOTH-TRAD/Kaji Peace/SKE
DJ百窓/DJ SHOWMIN/SKYFISH
VJ: DIAGRAM


【DATE】 2006/ 10 / 14 (SAT)
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】 Adv.3,000yen / Door3,500yen

【LINE-UP】
B2F/UNIT
DJ:
Stanton Warriors (Punks/UK)
Robosapiens (Dead Famous/UK)
Toshiyoshi NKJ (Remixer Remix)
Yugo Takino (Remixer Remix)

VJ:
DaDaKingZ
SO IN THE HOUSE
HEART BOMB (他社比社)
DUB犬

Live Painting:
bakibaki (DOPPEL)
KAZ
G∞O (FLOWER OF LIFE)

B3F/SALOON 「Back To Chill」
DJ:
GOTH-TRAD
Kaji Peace
SKE
DJ百窓
DJ SHOWMIN
SKYFISH
VJ:
DIAGRAM




【TICKET】 9/2 on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P240-480]>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン 0570-084-003 [L]32381

>>store
HMV渋谷店
CISCO TECHNO
CISCO HOUSE
TECHNIQUE
Manhattan Records House
UNICE
SALOON


【INFORMATION】
rr_logo.gif





ID1.gif




日本を代表するBreak Beatsのポータルサイト"REMIXER REMIX"。これまで様々なアーティストを招聘し、日本のBreak Beatsシーンを牽引してきたRRが2006年秋、2周年を迎える。これを記念し、来る10月14日(土)、代官山UNITにて「REMIXER REMIX 2nd Anniversary Party」の開催が決定した。
「REMIXER REMIX 2nd Anniversary Party」にははなんと!!この春5年ぶりに待望のNEWアルバムをリリースした、UK Breaks界のスーパースター"STANTON WARRIORS"が初来日!!!さらには、新進気鋭のBreaksレーベルとして、UK Breaksシーンに一陣の風を吹かせている"Dead Famous Records"より、看板アーティスト" Robosapiens "も参戦が決定。2周年記念パーティーに華をそえる。対する日本からは、"REMIXER REMIX"より、Japanese Breaksシーンの立役者"Toshiyoshi NKJ"と、現在メキメキと頭角を現している"Yugo Takino"が迎え撃つ。
またB3のラウンジフロアには、"REBEL FAMILIA"より個人名義でもメタモルフォーゼへの出演などで活躍中の"GOTH- TRAD"率いる"BACK TO CHILL"チームが、DUBステップサウンドでパーティを盛り上げる。Breaks Beatsファン、そしてクラブミュージックファンを取り込んだビッグパーティになること間違いなし!!


STANTON WARRIORS
SW.gifドミニクBとマーク・ヤードリーによるユニット“Stanton Warriors”。過去3年間、世界を飛び回りながら様々なアーティストと共に『Stanton Sessions VOL1』に続くアルバムの制作活動をしていた。そして今年、彼らは新しいアルバムを引っさげて遂に登場する!!『Stanton Sessions VOL1』は世界に向けて新しいムーブメントを紹介するものとなり、世界中でトップセールスを記録するBreaksアルバムとなった。そして今作『Stanton Sessions VOL2』には様々なアーティストやジャンルを超えた様々な曲のエディット/リミックスが収録されている。彼らがリミックスを手がけた楽曲達は、話題が話題を呼び、他レーベルや他ジャンルから違うリミックスとなってリリースされていたほどである。『Stanton Sessions VOL2』には数多くのホットなサウンドが入っている。例えば M.I.A や The Gorillaz, LCD Soundsystem, Mylo 等々のリミックスを聴けばすぐわかるだろう。「もしそれがブレイクしていなければ、俺たちがブレイクさせてやる!」という彼らの信念が本当によく表現されている。Stanton Warriorsの奏でる音楽はパーティを盛り上げてくれるサウンドであり、彼らの音楽の根本は、「良い音楽は世界中どこで聴いても良い。良い音楽は人々が思わず踊ってしまう音だ!!僕たちはパーティミックスというアートを突き詰めていきたいんだ!!」である。今秋に発売される『Fabriclive 30』の監修も決まっており、多忙を極める中の初来日!!!これは絶対に見逃してはならない!!!SWLogo.gifpunkslogo_straight.gif






TOSHIYOSHI NKJ
「REMIXER REMIX」「FLOWRMX」「FEARLESS」「SPICE!」「EDEN」など、数多くのレギュラーパーティを持つBREAK BEAT DJ。Nu-Skool Break Beatsを中心としたグルービーなサウンドは国内外のDJやアーティスト達から高く評価され、クラブシーンだけにとどまらず、Limp Bizkit の来日公演時にはフロントアクトとして彼のミックスが満員の場内を盛り上げた。現在はDJ活動と平行して楽曲制作も進行中。また国内初のBREAK BEATSのPORTAL SITE“REMIXER REMIX”を立ち上げるなど様々な形で活動している。

投稿者 unit_guest : 10:49 PM | コメント (0)

October 13, 2006

KARAFUTO presents
Shift to the other time

karafuto.jpgUNIT
DJ:
KARAFUTO <5 HOURS SET>
NAO TOKUI

SALOON
LIVE:
SUZUKISKI
iLLEVEN from CAPPABLACK feat. EMIRP
DJ:
MOODMAN
INNER SCIENCE
DAI KURIHARA


2006年8月にリリースされた、KARAFUTO名義としては実に6年振りとなるDJミックス・アルバム『Shift to the other time - KARAFUTO Live mix at UNIT 28.1.2006』のリリースパーティ開催!
今回はKARAFUTOとして久々のロングプレイが決定!競演者にも要注目!





【DATE】 2006 / 10 / 13 (FRI)
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】 Door3,000yen

【LINE-UP】
UNIT
DJ:
KARAFUTO <5 HOURS SET>
NAO TOKUI

SALOON
LIVE:
SUZUKISKI
iLLEVEN from CAPPABLACK feat. EMIRP
DJ:
MOODMAN
INNER SCIENCE
DAI KURIHARA




【INFORMATION】
CORDE INC. 03-3462-7161 info@corde.co.jp
ONSA RECORDS 03-3462-7179


ID1.gif




KARAFUTO a.k.a. FUMIYA TANAKA
Fumiya Tanaka.jpg DJとして10年以上のキャリアを誇り、自らのパーティ[CHaOS]や国内外でのDJプレイで常に高い評価と支持を集めてきた。「レコードをかける」というDJとしてきわめて当たり前の行為における根本的な概念から考え直しながら、自らの表現の中から既成の意味を排し、あたり前だと思われていた枠組みを軽々と書き換えて行くようなDJプレイは、プロダクション・ワークとも関連を持ちながら、独自のクリエイティヴなフィールドを切り開き続けている。もともとはFUMIYA TANAKA名義でのDJセットやプロダクション・ワークの文脈からこぼれ落ちたものをすくいとって行くために生まれたのがKARAFUTOという名義。だが、KARAFUTOとしてのDJや作品のリリースを通して現在では単に田中フミヤのアザー・サイドという表現のみには収まりきれない存在感を確立している。特に最近のKARAFUTO名義ではハウス・グルーヴにフォーカスしたDJを展開、単にハウスのレコードをプレイすることでそれを表現するのではなく、所謂テクノのレコードを用いながらMIX手法や展開でハウス・グルーヴを創り出して行く独自のスタイルにトライ。特定のカテゴリーやスタイルをことさら声高に掲げること無く、自由で軽やかな感性をもって自己の創造性と音楽表現の自然な拡張を実践するというKARAFUTO名義での姿勢には、やはり田中フミヤという類稀な個性のエッセンスが確かに滲み出ている。karafuto.jpgそんな活動を集約するように、2006年8月、KARAFUTO名義としては実に6年振りとなるDJミックス・アルバム『Shift to the other time - KARAFUTO Live mix at UNIT 28.1.2006』をリリース。そして、今回、KARAFUTOとして久々のロングプレイを聴かせることになる。

『Shift to the other time - KARAFUTO Live mix at UNIT 28.1.2006』(disques corde dc002CD) out now!




NAO TOKUI
Nao Tokui.jpgタイトかつグルーヴィーな4つ打トラックを中心としたディープな楽曲を得意とするクリエーター。複数のヨーロッパのテクノレーベルからのリリース後、 2003年6月にファーストアルバム『Mind The Gap』をPROGRESSIVE FOrMからリリースした。楽曲制作のためのソフトウェアを自ら開発するなど、独自の方法論を追究する新世代のアーティストとして注目されている。




SUZUKISKI
suzukiski.gif初期のハウス・ミュージックに影響を受け、日本のテクノ黎明期から活動を始めたSUZUKISKIは、日本人にしか作ることができないオリジナルなエレクトロニック・ミュージックを創出し続けてきた真の職人。盟友REI HARAKAMIとの共作「きえたこい」(『わすれもの』収録)の発表を経て、最新アルバム『Ozma』をリリースしたばかり。今回は久々のクラブでのライヴとなる。







iLLEVEN (CAPPABLACK)
cappablack.gif2006年11月にscapeからアルバム『facades & skeletons』がワールドワイドにリリースされるiLLEVEN&HASHIM B.のユニットCAPPABLACK。ロウなヒップホップをベースにエレクトロニクスを駆使したビート&スクラッチング・ミュージックは世界的にも注目を集めている。今回はアルバムにも参加したラッパーEMIRPとiLLEVENとのスペシャル・ライヴを披露! 



MOODMAN
"SLOWMOTION"、"GODFATHER"、"HOUSE OF LIQUID"など様々なパーティーでレジテントをつとめ、東京の夜を活性化し続けるDJ。一方で、DUB RESTAURANT、M.O.O.D.、donutといったレーベルを運営し、アンダーグランド・ミュージックを紹介し続けてきた奥の深い音楽性を有する。今回は、Strictly RockersのDJミックスでも人気のDUBに焦点を当てたDUB SETで登場!


INNER SCIENCE
inner.gifアルバム『Material』でビート・ヘッズの心を捉える一方、PORTRAL名義のアルバム『Refined』ではビートレスのアンビエント空間も作り出した新世代のトラックメイカーINNER SCIENCE。THINK TANKのエンジニア担当、自身のレーベルONEOWNER RECORDSの主宰などで、周辺を活性化する活動でも信頼を集めてきた。ミックス作品も定評のDJとして今回は参加! 





DAI KURIHARA
伝説のショップMr. Bongoを経て、レーベルTri-Eight Recordingsで数々の重要作品をリリースしてきた栗原大。先頃、惜しまれつつTri-Eightから離れたが、ヒップホップ、ブレイクビーツへの確かな目利きと、幅広いジャンルへと開かれた耳が、今回はそのDJプレイとして披露される!

投稿者 unit_guest : 10:11 PM | コメント (0)

October 12, 2006

“THE BEAT JAPAN TOUR”

LINE UP

Live :
TheBeatlive300dpi.gifThe Beat (from UK)
Rub-A-Dub Market,
Long Shot Party
RIDDIMATES

DJ :
藤井悟 a.k.a. Satol Fujii (Head Case)
TETZ MATSUOKA (Club Ska),
VJ :
Hama's (Caribbean Dandy/未来世紀メキシコ)


イギリスはバーミンガム出身の伝説的バンド、THE BEAT。彼らのスカ、レゲエ、ソウル、ポップなどを融合させたサウンドは、新しく革命的で Madness、The Specials、The Clash、The Policeなどと共に1979年からチャートのトップを走り続けた。Smokey Robinson の Tears of a Clown のカヴァーをはじめ、Mirror in the bathroom、Save it for Later、I Confess、などは全て大ヒットに!20年以上経った現在聴いても、THE BEATの楽曲は魅力的で、古いと感じる事がない。現在のラインナップは、歴史あるオリジナルメンバー Ranking Roger Everett Moreton、Blockhead 等参加。味と貫禄の演奏が期待される!またSpecial Beatののメンバーや、The Ordinary Boys のRanking Junior Murphyのゲストヴォーカルも必見だ。10月12日、代官山UNIT 大御所達の滅多に見られないパフォーマンスで盛り上がる事間違いない!


【DATE】 2006 / 10 / 12 (THU)
【TIME】 OPEN 18:00 / START 19:00
【CHARGE】 Adv.3,800yen / Door4,500yen

【LINE-UP】
Live :
The Beat (from UK)
Rub-A-Dub Market,
Long Shot Party
RIDDIMATES

DJ :
藤井悟 a.k.a. Satol Fujii (Head Case)
TETZ MATSUOKA (Club Ska),

VJ :
Hama's (Caribbean Dandy/未来世紀メキシコ)

【TICKET】
チケットぴあ 0570-02-9999[P]241-781 9/20 on sale
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン0570-084-003[L]35431 9/16 on sale

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630


TheBeatlive300dpi.gif

投稿者 : 03:19 PM | コメント (0)

October 09, 2006

RHYTHM & FOUNDATION '06

LINE-UP:

WARRIOR CHARGE
DRY&HEAVY

GUEST DJ: Brinsley Forde
GUEST LIVE: icchie


WARRIOR CHARGE 来日公演
"RHYTHM & FOUNDATION '06"に
なんと!DRY & HEAVYの出演が決定!



【DATE】 2006 / 10 / 9 (MON)
【TIME】 OPEN/START 18:00
【CHARGE】 Adv.5,000yen / Door5,500yen

【LINE-UP】

WARRIOR CHARGE
DRY&HEAVY

GUEST DJ: Brinsley Forde
GUEST LIVE: icchie



【TICKET】 9/2 on sale
BEATINKチケット通信販売
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]239-301
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソンチケット 0570-084-003 [L]38435
e+

>store
CISCO HOUSE
CISCO TECHNO
DISC SHOP ZERO
STEPPERS RECORDS
ZOOT SUNRISE SOUNDS
岩盤
diskunion 渋谷 CLUB MUSIC SHOP
diskunion 新宿 CLUB MUSIC SHOP
diskunion 下北沢
diskunion 池袋
diskunion 吉祥寺


【INFORMATION】
BEATINK 03-5766-6571


昨年2度の来日を果たしたアフリカン・ヘッド・チャージ(4月のエイジアン・ダブ・ファウンデイションのスペシャル・ゲスト、そして10月に開催された朝霧JAM)のリズム・セクションとして、圧倒的なパフォーマンスを披露し、観る者すべてを感動させたドラマー[ペリー]とベーシスト[ウェイン]によるリーダー・バンド“ウォリアー・チャージ”が始動する!

AHCだけでなく、数々のON-Uサウンド作品やASWADの作品において、またトリッキーのバンドなどなど、輝かしい活動をしてきた強力リズム・セクションが、遂に1stアルバム『No Foundation, No House』をリリースし、さらにそのアルバムを引っ提げ、来日公演を決行! アルバムにもゲスト参加しているトリッキーは、2人を評して「UKで一番才能有るプロデューサー。彼等はUKのスライ&ロビーだよ!」と絶賛。この来日公演にはアルバムでもタフな声を轟かせている元ASWADのリード・ヴォーカリスト、ブリンズレー・フォードがヴォーカリストとして参加することが決定! しかもライブ・ミックスは日本が誇るダブ・エンジニア=内田直之(DRY&HEAVY /FLYING RHYTHMS等)が担当する。UKレゲエのニューカマーにして大本命“ウォリアー・チャージ”を迎え撃つは、我らがヒーロー“ドライ&ヘビー”。全世界のレゲエ・ファンが待ち望んだライブが2年振りに実現!!ニューアルバム(!?)に向けた最初の第一歩はここから始まり、新たな伝説がまたスタートする。またゲストとして、デタミネーシ?ョンズのトランペッター、DUBバンド「BUSH OFGHOSTS」のリーダーとしての活動を経て、9月にソロ・アルバムを放つicchieがLiveセットで出演。またブリンズレー・フォードはウォリアー・チャージのライブとは別にDJセットも披露!!進化した新しいレゲエの形がここにある。お見逃しなく!!


brc153.jpg



1st album
No Foundation, No House (BRC-153)
2006/9/16 out (BEAT RECORDS)
feat. TRICKY, BEA BROWN, BLU, BRINSLEY FORDE, BONJO-I(AFRICAN HEAD CHARGE), GHETTO PRIEST,HAWKMAN, ADRIAN SHERWOOD



Brinsley Forde
brinsley.jpg














icchie
icchie.gif

投稿者 unit_guest : 02:21 PM | コメント (0)

October 08, 2006

1976

[B2 UNIT -1976]
DJ :
Shin Nishimura (PLUS)
Dr.Shingo (CMN/Highland)
DJ MAAR (Dex Pistols)
Hitoshi Ohishi (newdeal)


「ロッキード事件」発覚で政界は混迷を極め、「限りなく透明に近いブルー」で村上龍がデビューを飾り、遠くロンドンでは若者達が「アナーキー・イン・ザ・UK」と叫びを上げた1976年 !!!

そして30年後
時を同じくして誕生した世代が、
現在→未来の東京におけるテクノシーンを支える"黄金の世代"へと成長した.....
2006年 東京 代官山
彼らが解き放つ電子音がこの街の空気感をよく現している.....


【DATE】 2006/10/08 (SUN/祝日)
【TIME】 OPEN/START 23:30
【CHARGE】
Door : 3,000 yen
W/flyer : 1,976 yen

【LINE-UP】
[B2 UNIT -1976]
DJ :
Shin Nishimura (PLUS)
Dr.Shingo (CMN/Highland)
DJ MAAR (Dex Pistols)
Hitoshi Ohishi (newdeal)

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630


SHIN NISHIMURA
shin.gif「何もない状況なのは当たり前、だからポジティブに考えればいい」留学先のロンドンでクラブカルチャーに触れたシンはその後留学した上海でDJ活動をスタートさせる。当時の上海の政治的な動き、法律・・・様々な数えきれない程の困難な状況と直面しながらも着実にステップアップし続けていった。2000年、中国の2大都市、上海と北京にてテクノパーティー「PLUS」をスタート。第一回目に石野卓球を招いたのを皮切りにFRANK MULLER,CLAUDE YOUNG,FUMIYA TANAKA,KEN ISHII,DJ TASAKA,ANGELA FLAME等を招致し、上海と北京でテクノを根付かせることに成功する。数々のアーティストとの競演とシンクロするように徐々に活動を世界に広げ始め2001年には ドイツ最大のテクノレイヴ「MAYDAY」に出演を果たす。同年、日本では初となる「PLUS」を新宿LIQUID ROOMにて開催。翌年より「PLUS TOKYO」として日本においても正式にスタートすることになる。中国、日本そしてヨーロッパと活動の範囲はさらに広がり2002年には 日本最大の屋内レイヴ「WIRE02」に出演し名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。同年に発表したmix cd、シングル12インチはどちらも好セールスを記録しDJとしてだけでなくクリエイターとしても注目を集める。2004年には自身のレーベル「PLUS RECORDS」をスタート。自身が手がけたパーティーアンセム‘PLUS TOKYO’は反響の高さに一瞬にして完売。現在はシンの活動に共感を得た世界のテクノ・アーティスト達が集いリリースを重ねている。世界を股にかけ各地でDJし続けるシンニシムラ。彼のポートレイトとも言える初のフルアルバム「Star☆Light」が完成。各媒体に取り上げられ、注目のアーティストとしての存在を確立させる。WIRE05にも初のライブ出演を果たし、WIREへのライブ、DJの両方の出演は石野卓球、ケンイシイに続き3人目となった。

Dr. SHINGO
Dr-shingo-pics.gif1976年誕生。長野県松本市出身。幼少の頃より、様々な楽器演奏を経験する事により自然と様々な音楽スタイルを吸収してきた。高校卒業後に上京、ヤマハ音楽院に入学。もともとギタリスト志望であったため、そのギター演奏のテク ニック向上を目指すと共に本格的に音楽理論の勉強などに取り組み、真剣にプロミュージシャンを目指すようになる。1997年アメリカ、ボストンに在るバークリー音楽院に入学。 JazzCompositionを専 攻するが、クラフトワーク等のジャーマンテクノサウンドに出会うことにより、ギターを置きコンピューターミュージックの可能性を追求することに没頭するようになる。1999年帰国後は都内クラブでのDJ活動、ライブパフォーマンスを行うと同時にデモトラック製作を精力的に行うようになる。2001年よりデモテープの配布を開始、最終的に故christian morgensternのレーベルForte Recordsよりアルバムリリースのオファーを受ける。2002年デビューシングル「Have you ever seen the blue comet?」が発売。デビューアルバム「Dr Shingo's Space Odd-yssey」は大ヒット、一躍 その名を世界 に轟かす。Sven Vath、石野卓球、Monika Kruze、Claude Young等 のトップアーティストからも絶大な評価を得、世界各国からリミックスの依頼が舞い込むようになる。今年5月には2ndアルバム「ECLIPSE」をドイツのTELEVISION RECORDSよりリリース(日本盤は先行で3月にMUSIC MINEよりリリース)。TELEVISION クルーやThomas Brinkmannなどを引き連れたツアーも成功を収め、6月にはTorsten FeldとのユニットSUNRISE名義での初シングル「Taxi Alien EP」がMonika Kruzeの新しいレーベル Electric Avenue Recordingsよりリリースされ、そのまさに夏向けなチューンが話題 を呼んでいる。国内でのDJ/LIVE PA等のパフォーマンスにも注目が集まり、名実ともに、今最も注目されている新世代テクノミュージシャンの一人である。

投稿者 : 03:06 PM | コメント (0)

October 07, 2006

CLUB EMPIRE

DJ :
片平実(Getting Better)、神啓文(Getting Better)、西村道男(Rolling Stone)、GALLIANO(VANITY)、and more

+Secret Guest Live!!!

empire.gif帝国の祝祭が始まる!!

ロック・ミュージックの持つ革新性、暴力性、そしてダイナミズム、それら全てを別の次元にまで押し上げ、巷にあふれるロック・ミュージックを一瞬にして過去のもととしてしまった時代の寵児、KASABIAN。遂に2006年を代表する傑作アルバム『EMPIRE』をリリースし、そして2007年1月からは待望の来日公演も決定しており彼らの勢いはここにきて最大級に達している。その最中、代官山UNITにてKASABIANのオフィシャルパーティーが遂に始まる。その名も「CLUB EMPIRE」!

「ROCK IN JAPAN FES」のオフィシャルDJとしての顔を持つ片平実を中心にROCK PARTYの新時代を築くDJ陣がスタイルに縛られない革新的なロック・ミュージックをプレイ!そしてこのCLUB EMPIREを更に盛り上げるのは国内アーティストによるスペシャルDJセットに加えさらなるサプライズも予定されている!クラブ入場の際につき物のIDも必要なし!10代のみんなも入場OKだ!今までのロックDJイベントに無かった全てが規格外のパーティー!とにかく場内がKASABIANで埋め尽くされたスペシャル・ナイト! 皆で帝国の帰還を祝おう!WE ARE EMPIRE!!


【DATE】 2006/10/07(SAT)
【TIME】 open16:00/start16:00
【CHARGE】 adv.2,500yen/Door.3,000yen

【DJ】
片平実(Getting Better)、神啓文(Getting Better)、西村道男(Rolling Stone)、GALLIANO(VANITY)、and more
【LIVE】Secret Guest Band!!!
※当イベントにKASABIANは出演しません
【VJ】Xenon

【TICKET】9/16 on sale
チケットぴあ 0570-02-9999[P]241-865
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン0570-084-003[L]35421 

【特典】当日会場受付にて、来年1月より始まるKASABIAN来日公演のチケット、あるいはアルバム/シングル「EMPIRE」をご提示いただくとKASABIANノベルティグッズを先着順でプレゼント!!

投稿者 murakami : 08:00 PM | コメント (0)

October 06, 2006

ZION TRAIN Japan tour '06
- Zettai-Mu 11th Anniversary -

UNIT
LIVE:
ZION TRAIN [Universal Egg, DEEP ROOT / UK]
feat. Dubdadda a.k.a. Johno [Nucleus Roots / UK]
Flying Rhythms [久下恵生&ラティール・シー&内田直之]
DJ:
KURANAKA a.k.a.1945 [1945, Zettai-Mu, Super dub!!! ]
HIKARU [BLASTHEAD]
SALOON
JAH-LIGHT SOUND SYSTEM


今年11周年を迎える関西発,日本の超アンダーグラウンド・パーティー〈Zettai-Mu〉
4月の「IRATION STEPPAS」に引き続きUKよりDUB/DANCE MUSIC のパイオニア、World Peace!!『ZION TRAIN』が来日!!そして、Special Live Actに、爆発ジャム・バンド『FLYING RYHTHMS』を迎える Anniversary Special!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

【DATE】 2006 / 10 / 06 (FRI)
【TIME】 OPEN/START 22:00
【CHARGE】 Adv : 3,300yen / Door : 3,800yen

【LINE-UP】
UNIT
LIVE:
ZION TRAIN [Universal Egg, DEEP ROOT / UK]
feat. Dubdadda a.k.a. Johno [Nucleus Roots / UK]
Flying Rhythms [久下恵生&ラティール・シー&内田直之]

DJ:
KURANAKA a.k.a.1945 [1945, Zettai-Mu, Super dub!!! ]
HIKARU [BLASTHEAD]

SALOON
JAH-LIGHT SOUND SYSTEM


【TICKET】
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]241-336 9/14 on sale
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン 0570-084-003 [L]34446 9/11 on sale

>store
[渋谷] CISCO REGGAE/CISCO TECHNO/TECHNIQUE/diskunion 渋谷 CLUB MUSIC SHOP/
ROCKERS ISLAND/coco-isle
[表参道] OASIS
[下北沢] DISC SHOP ZERO/GREEN PLANET
[新宿] ORANGE STREET/Dub Store Record/diskunion 新宿 CLUB MUSIC SHOP
[お茶の水] diskunion お茶の水 CLUB MUSIC SHOP
[高円寺] SMALL AXE RECORDS
[吉祥寺] diskunion 吉祥寺店
[横浜] 北中45レコード
[町田] HI FASHION RECORDS


【INFORMATION】
Zettai-Mu


ID1.gif




去年、姫路でのGigに行った時に、Zion Train の音の塊の中に何か強力なエネルギーを感じた。 それは太陽のようにでかい、本当に強い平和への願いのようなものだった。Zion Train が落としたピース・ボムが、スピーカーを揺らし、空間を揺らし、俺の心は何かとてつもない暖かいものを感じ、動かされた。このライブ盤を聴いても、その時と全く同じものを感じた。
◇◇ 内田直之 ( DRY&HEAVY, LITTLE TEMPO, FLYNG RHYTHMS) ◇◇

彼等の音楽に対する姿勢に共鳴しました。彼等は自分達の事を自分達で管理し、自分達の音楽をストイックに表現する。彼等のそれは、極東日本で活動する私たちのそれと全くもって同じでした。このライブからは、楽曲とはまた違った彼等の感情的な部分を感じる事ができました。
◇◇ DJ DYE (THA BLUE HERB) ◇◇

祈りながら踊る者達よ、zettai-mu label の一番列車に乗り遅れるな!!!
◇◇ 井上青 (DRY&HEAVY) ◇◇


ZION TRAIN [Universal Egg, DEEP ROOT / UK]
ZION_TRAIN.gif DUB,DANCEミュージックのパイオニアであり15年以上もの間シーンのトップで活躍してきた彼等のライブ・ダブ・パフォーマンスは、ダイナミックなダブのミキシング、アコースティック楽器の演奏、そして素晴らしいヴォーカル、オルタナティブとDIY、平和と正義の心によって成される世界でも有数のサウンドである。 
 彼らの主催するレーベル 〈Universal Egg〉 は、Vibronics、Conscious Sounds、Love Grocer、Bush Chemist、Jah Free といった最重要ルーツ・レゲエクリエイター達がリリースし、そしてそのチューンは世界中のサウンドでプレイされている。また、7/10inchを中心としたレーベル〈DEEP ROOT〉では、 今年の春にリリースされヒットした Beenie Man & Calib をフューチャリングの 'World Peace EP"をはじめ、Luciano の' What We Gonna Do?' Devon Russell、Rasheda、Kenny Knots、Junior Kigwa、Earl16、Daddy Roots、Rudy Lee、Tippa Irie、Dubdadda、Fitta Warri などのヴォーカル&シンガーをフューチャリングし Neil Perch(ZION TRAIN)率いる Abassi All Stars のシンプルで強靭なリディムと共にREGGAE/DUB/DANCEミュージックを忠実に継承し進化させ続けている。
 彼らは2度の来日ツアーをはじめ世界最大級の「Glastonbury Festival」に8回!! オランダの「Dance Valley Festival」 イタリアの「Rototom Sunsplash」 ドイツの 「Chiemsee Reggae festival」「Summer Jam Festival」 フランス、アメリカ、セルビア、クロアチア、ポーランド、ザンビア、ベルギー、フィンランド、ノルウェー、チェコ共和国、スロバキア、オーストリア、ポルトガル等々、世界中のフェスティバルに出演しそのフロアーを平和の歓喜でマッシュアップさせ続けている。待望の来日ツアー決定!!

Flying Rhythms [久下恵生&ラティール・シー&内田直之]
FRYING_RHYTHMS.gif















KURANAKA a.k.a.1945 [1945, Zettai-Mu, Super dub!!! ]
kuranaka.gif開放的なストリングスと相まって叩き打つリズム、体中を行き来する超重量級ベース、フロアを狂喜乱舞させる獣の様なダブ・エフェクト、11の顔と1000の腕を駆使し日本中のアンダーグラウンドから革命の狼煙を上げ続ける究極のHeavy Weight Break  Beats Sound。様々な歴史・文化の中、異なった場所・状況が生んだ音楽・文化。人類が車も紙幣も使っていない大昔から/ 採る・食べる・寝る /といった 絶対的に必要な行動の次に行った信頼のおける文化。人類史上ひとつめの楽しみとして人が存在する全ての処で続いてきた。/ 集まる、出会う、騒ぐ、感じる、考える /大きな歴史の流れの中で、地球人として、又、日本人として 大切な「同じ」や「役割」を「今」を「これから」を ここで、、、強力なビートに乗るメッセージは、そのしっかり踏みしめた 両足にのみ伝わる 繊細だが力強く感じ取れる 「今まで」から、今そしてこれからに向かい、、、no more hiroshima and nagasaki, no more aggression and retaliation, no more contorol by same people,no war, remember 1945, peace to the future, coexistence on the earth, one nation.



ZION TRAIN JAPAN TOUR’06 SCHEDULE
2006.10.6 (FRI) 東京 @ UNIT
2006.10.7 (SAT) 大阪 @ NOON
2006.10.13 (FRI) 広島 @ 4.14
2006.10.14 (SAT) 名古屋 @ RADIX
2006.10.15 (SUN) 沖縄 @ MILESTONE

投稿者 hiyama : 09:35 PM | コメント (0)

October 02, 2006

カジヒデキ
The Blues always dance blue tour - ツンドラ編

LINE-UP:
LIVE: カジヒデキ
GUEST LIVE: CUBISMO GRAFICO FIVE
DJ: クリストファー・ベルグ (HIRD)、森野義貴 (HANDSOMEBOY TECHNIQUE)


【DATE】 2006 / 10 / 2 (MON)
【TIME】 OPEN 18:00 / START 19:00
【CHARGE】 Adv.3,500yen / Door4,000yen (共にドリンク代別)

【LINE-UP】
LIVE:カジヒデキ
GUEST LIVE:CUBISMO GRAFICO FIVE
DJ:クリストファー・ベルグ (HIRD)、森野義貴 (HANDSOMEBOY TECHNIQUE)

【TICKET】
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]235-793>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン 0570-084-003 [L]31816

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630


kaji.gifメンバー
カジヒデキ (Vo, G)
クリストファー・ベルグ (Key)
ASH (G, Cho)
村田シゲ (B,Cho)
秋山隆彦 (Dr)
ゲストDJ : HANDSOMEBOY TECHNIQUE








今年6月に2年ぶりのニュー・アルバム"NEW PRETTY"をリリースしたカジヒデキ、ライブ・ツアーが決定しました。スウェーデンから今作のプロデューサーHIRD(クリストファー・ベルグ)を迎え、新曲を中心にライブを行います。参加メンバーは最近クラムボンの伊藤大助とLOTUS GUITARを始動させたお馴染みのASH (ギター)、キュビズモグラフィコ・ファイブのベーシスト村田シゲ、現在活動休止中のdownyより秋山隆彦(ドラム)になります。さらにキュビズモグラフィコ・ファイブの出演も決定!!!

投稿者 unit_guest : 11:48 AM | コメント (0)

October 01, 2006

フェスティバル コンダ・ロータ 2006
ラマダンの夜

LINE-UP:
LIVE: デュオウード
DJ: メルジャン・デデ
GUEST: miho/mihsaal (ベリーダンサー)


ra.gif【DATE】 2006 / 10 / 1 (SUN)
【TIME】 OPEN16:00 / START17:00
【CHARGE】 Adv.4,000yen / Door4,500yen

【LINE-UP】
LIVE: デュオウード
DJ: メルジャン・デデ
GUEST: miho/mihsaal (ベリーダンサー)

【TICKET】
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]239-625
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
e+
カンバセーション 03-5280-9996


【INFORMATION】
カンバセーション 03-5280-9996



今、世界が注目するイスラーム・ミュージックの祭典「フェスティバル コンダ・ロータ 2006 ラマダンの夜」断食を終え、宴に酔う絢爛でエキゾチックな音世界へようこそ


デュオウード
duoud.gifデュオウード(チュニジア・アルジェリア) + アブドゥラティフ・ヤグブ(イエメン)


「デュオウード」は、アラブ諸国では楽器の女王と呼ばれる「ウード」を使ったデュオ。ウードの響きは実に多彩で、美しいその音色にエレクトロニックな音を使用する二人のセンスも生かされている。




(c)Fred Thomas


メルジャン・デデ
mel.gifメルジャン・デデ & シークレット・トライブ(トルコ)


トルコ伝統音楽の葦笛「ネイ」の奏者でありながら、ターンテーブルや電子楽器を加え、様々な世界の音楽を取り入れた独自のサウンドを展開する。「スーフィー」の信奉者で、写真家でもある。










(c)Yagmur Kizilok

投稿者 unit_guest : 11:45 AM | コメント (0)