« April 2005 | メイン | June 2005 »

May 29, 2005

noble presents
Nobody comes Ghost goes concert
~world's end girlfriend
『The Lie Lay Land』release party~

LIVE (B2F UNIT):world's end girlfriend + 7 players / 降神/ Joseph Nothing & DaDaKingZ[VJ] / 湯川潮音
LIVE (B3F SALOON):miroque / snoweffect / four color


world*web.jpg

















【DATE】 2005/5/29(SUN)
【TIME】 OPEN18:00 /START 19:00
【CHARGE】 Adv:3,000yen (ドリンク代別途) / door:3,500yen(ドリンク代別途)
【LINE-UP】
LIVE (B2F UNIT):
world's end girlfriend + 7 players
降神
Joseph Nothing & DaDaKingZ[VJ]
湯川潮音

LIVE (B3F SALOON):
miroque
snoweffect
four color

【TICKET】
3/29 (SUN) on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]197-229
ローソン0570-06-3003 [L]37912
CN 03-5802-9999
E+

【INFORMATION】
UNIT
03-5459-8630


nobleは2月25日に発表したworld's end girlfriendのニュー・アルバム「The Lie Lay Land」を記念してイベントを企画しました。2年余のブランクを経て、特徴であったエディットやコラージュ、ノイズに加え、生楽器の大幅な導入で創り上げた壮大なオーケストレーションの叙情詩
「The Lie Lay Land」。今回のライブでは、ギター、ベース、ドラム、ヴァイオリン、チェロ、サックスのサポート・メンバーを率いて、world's end girlfriend総指揮による特別編成で演奏します。

ゲストライブには、その演劇的とも言える独自のスタイルのオルタナティブなヒップホップが話題の降神(おりがみ)、天才的なメロディー・センスと奇妙 なポップ・センスで世界中から注目を集めるJoseph NothingがVJのDaDaKingZと共に、東京少年少女合唱隊出身で天使の歌声と称される美しい声とねじれた世界観が魅力の湯川潮音、以上三 組が出演。更にラウンジ・スペースSALOONでは、エレクトロニカ・デュオfonicaの1/2、エレクトロ・アコースティック・カルテットminamoの 1/4でもある杉本圭一のソロ・プロジェクトfour color、レーベルcachamaiを主催し、ガーリーでファンタジックなフォレストロニカ、電子音楽を生み出す女性音楽家miroque、 nobleから作品を発表するcinqの竹村理明もメンバーの電子空間音楽ユニットsnoweffectの三組が、淡く穏やかにフロアを彩ります。沢山の方のご来場を心よりお待ちしております。

※出演者変更のお知らせ
B3F SALOONにて予定していたfonicaの出演がキャンセルとなりました。代わりにfonicaの1/2、杉本圭一によるfour color名義でのパフォーマンスに変更になりました。ご了承下さい。



■world's end girlfriend
WEG.jpg・2000年に1stアルバム「ending story」をcurrentレーベルよりリリース。
・2001年11月、nobleレーベル第一弾アーティストとして2ndアルバム「farewellkingdom」リリース。
・2002年6月にはロンドンでのライブ・パフォーマンス後、バルセロナで行われるエレクトロニック・ミュージック&マルチメディア・アート・フェスティ バル、sonar2002に出演。同年12月、nobleより3rdアルバム「dream's end come true」発表。
・2004年6月、台北、香港、マカオを廻る東アジア・ツアーを行う。
・2005年2月25日 nobleより4thアルバム「The Lie Lay Land」をリリース。
www.noble-label.net


■降神
MCのナノルナモナイ(オリガミ・ツル)と志人(オリガミ・ヒコウキ)、トラックメーカーのonimasを中心としたユニット。2001年に志人とONIMASが出会い全てが始まる。志人の旧来の知り合いであったナノルナモナイが加入し現在の形になる。以後、同じ意志を持つト ラックメーカー、MC、画家が集まりTempleATSへとつながる。高田馬場505スタジオから唯一無二の降神サウンドを世界に向け発信し、CD、レ コード等の音源や、HIPHOPという枠ににとらわれないライブ活動で国境を越え、確実にオーディエンスの心をつかむ。2005年3rdアルバム発売予定。www.templeats.com

■Joseph Nothing(Romz)
Joseph_web.jpg98年、Rom=Pari名義で[Beat Rec./Sub Rosa]より、アルバム"View"を発表。その後、ADF、Audio Activeとの海外ツアー、数々のリミックス、コラボレーションを経て、01年、μ-ziqが主催する[Planet-μ]より、Joseph Nothing名義での1stアルバム"Dummy Variation"を発表。天才的なメロディー・センスと奇妙なポップ・センス&悶絶のデス・メタル/etc...が同居した彼の作品は、アンダー~オーバーの垣根無しで世界中で広く支持を得る事になる。その後、S×S×W(アメリカ)、Surphest01(イタリア)、Metamorphose、朝霧ジャム等の野外フェスに出演。昨年5月には[squarepusher japan tour 2004]にてLuke Vibert,Jamie Lidellらと東京、大阪公演を共にする。現在までにRom=Pari名義を含め、4枚のアルバムを発表。最近では、イルリメの最新アルバム"illreme.com"のアレンジ、ミックスに全面参加。4thアルバム他進行中。

■湯川潮音
yukawa.jpg83年東京出身。東京少年少女合唱隊でソプラノを担当。坂本龍一の「オペラ」「Laned mine zero」や多くの海外公演に参加。01年アカペラ・アルバム「Tide & Echo」を発表、一瞬で文字通り場を魅了してしまう、限りなく美しく、柔らかい歌声が話題となる。03年初の自作曲を含むセカンド・ミニアルバム 「うたのかたち」を発表。04年秋には初のフルアルバム「逆上がりの国」を発表した。多くのミュージシャン、アーティストからも賛辞を受けている至宝 の歌は必聴、そしてチャーミングなキャラクターも垣間見せるライブは必見。アルバム「逆上がりの国」収録曲の「うしろ姿の人」は、映画「犬猫」のエンディングテーマともなっている。 
www.yukawashione.com




■miroque
miroque.jpg女性音楽家、キーボーディスト。細野晴臣主宰のレーベル”daisy world"のコンピレーション「audio sponge 1」への参加、森アートミュージアムのオープンプレイベントやSND主宰「living digitally」、Active Suspension系と共演したフランスでの音楽イベントに出演。自身のレーベル“cachamai"からフアナ・モリーナが参加したコンピレー ションやcassiopia、unico、ミラ・ノルカなど別名義での作品を多数発表!期間限定でオープンしたwaon cafeではファンタジーなBGMと料理とライブが楽しめる「cachamai」空間も。360°recordsからリリースした、1st Album"botanical Sunset"に続き、昨年、宇宙耳琴小旅行なファンタジー曲集な2ndAlbum"mimi koto"をリリース。また今年2月には、未発表初期音源を収録した"sirococon"を発売。
www.onyx.dti.ne.jp/%7Ecachamai/

■snoweffect
SNOWEF.jpg竹村理明(cinq)、石川貴史、星憲一朗によって結成。涼音堂茶舗のプロデュースチームとしての側面も持つ電子空間音楽ユニット。2001年1st『Desktop Caffeine』(ryoondo-tea)発表、任天堂『ギフトピア』、TBSラジオ『スネークマンショーs21』、Inter FM『コメディクラブキング』『sound-tote』(clubking)等の音楽を手掛けるなどお仕事多数。今春『rustic physiocrat』(ryoondo-tea)を発表、リリースパーティは京都旧嵯峨御所大覚寺にて実現させ、斬新な切り口と音楽性が高く評価され今後の活躍がますます期待されている。
www.ryoondo-tea.jp







■four color
for.jpgレーベルcubic musicを運営するエレクトロ・アコースティック・カルテットminamoの1/4、ドイツTOMLABからもライセンス・リリースするエレクトロ ニカ・デュオfonicaの1/2としても活動する杉本圭一によるソロ・プロジェクト。12k、apestaartje等海外のレーベルからもリリー スを重ねグローバルに活動中。

投稿者 unit_guest : 07:25 PM | コメント (0)

May 28, 2005

UNITE

UNIT (B2F)
IAN O'BRIEN (PEACEFROG/FEROX/7th City/UK)
CHARLES WEBSTER (PEACEFROG/MISO/UK)
SALOON (B3F)
CHARLES WEBSTER (PEACEFROG/MISO/UK)
IAN O'BRIEN (PEACEFROG/FEROX/7th City/UK)








Flyer Discount ↑↑

上の画像をクリックすると拡大画像が現れます。プリントアウトして、イベント当日にお持ち頂いた方は割引価格にてご入場可能です。


【DATE】 2005/05/28(SAT)
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】 Adv:3,000yen/ with flyer 3,500yen / Door:4,000yen
【LINE-UP】
UNIT (B2F)
IAN O'BRIEN (PEACEFROG/FEROX/7th City/UK)
CHARLES WEBSTER (PEACEFROG/MISO/UK)

SALOON (B3F)
CHARLES WEBSTER (PEACEFROG/MISO/UK)
IAN O'BRIEN (PEACEFROG/FEROX/7th City/UK)

【TICKET】
チケット4/8 on SALE!!

チケットぴあ 0570-02-9999 [P]198-765
ローソン0570-06-3003[L]33014

clubberia E-Tickets↓
クラベリアEチケット説明ページリンク

>> store
CISCO TECHNO
CISCO HOUSE
TECHNIQUE
CLUB MUSIC SHOP(渋谷&新宿)
coqdo RECORDS
cafe UNICE

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630


peacefrog.jpgMISO.jpg








「ラヴ・フロム・サンフランシスコ」と呼ばれるアーティストはアメリカ西海岸、ではなくて実際にはイギリス郊外の制作場兼自宅に住んでいて、そこにはヴィンテージ・カーが停まっている、らしい。数々のダンス・ミュージック・レーベルから傑作をリリースしてきたボヘミアン、彼こそがチャールズ・ウェブスターで「味噌」というレーベルを主宰するほどの日本好きだ。
『UNITが全音楽ファンとその仲間達に贈るスペシャル・ダンス・ミュージック・パーティーUNITE。今年もすでに多くの忘れられない夜をプロデュースしてきたこのパーティ、5月はチャールズ・ウェブスターとイアン・オブライエンという世界中のMUSIC LOVER、SPACE AGE、愛好家を魅了し続けてきた2人が揃って来日。』
世界で最も美しい作品を作り、リスナーの時間を止めてしまう音楽制作者、イアン・オブライエンはこの10年間世界中の人々をその作品でSAVED MY LIFEしてきた筆頭、夢幻アーティスト。完璧な世界観、高い音楽性と対照的に、本人はお客さんとテキーラを酌み交わし、アハハと笑うとてもチャーミングなお人。
この2人がこの日聴かせてくれるのは音楽の根幹。この日のUNITEがあなたにとっての通過儀礼となります。WE WANT YOU(トオカイチーバ)


CHARLES WEBSTER (PEACEFROG/MISO/UK)
0528unite*web*01.jpg



















チャールズ・ウェブスターは10年以上に渡りPresence、Furry Phreaks、Love FromSan Franciscoなど多くの名義で<Pagan>、<DiY>、<End Recordings>、<Nuphonic>などのレーベルから数多くの作品をリリース。2001年には待望の1stアルバム“Born On The 24th Of July”をUKの名門レーベル<Peacefrog>からリリース。ハウス、テクノというジャンルの枠をこえたアプローチとその美麗なまでの作品は各方面から大絶賛を受ける。2004年には自身のレーベル<Miso>を立上げ、これまでにFurry PhreaksやHigh Skiesなど良質なシングルをリリース。また、2003年に1stアルバムのリミックス・アルバム“Remixed On The 24th July”をマシュー・ハーバート、イアン・オブライアン、ぺぺ・ブラドック、セオ・パリッシュ、ブレナン・グリーン&ダニエル・ウォンといった現在最も注目されているクリエイーターをリミキサー陣に迎えリリース。ハウスだけに留まらない斬新な手法によりフレッシュに蘇った、オリジナル作品に勝るとも劣らないこのアルバムは、ダンスフロアとラウンジミュージックの聡明なリンクを最も崇高な定義で確立し、多くのファンの心をつかんでやまない。


IAN O'BRIEN (PEACEFROG/FEROX/7th City/UK)
0528unite*web*02.jpg



















キーボード、ギターを弾くマルチ・プレイヤー、プロデューサー/DJ。
青年期にはビートルズやスティービー・ワンダーを聴いていた大の音楽ファンの彼は、大学の頃に耳にしたデリック・メイやマッド・マイク等のデトロイト・テクノに触発され、95年にMemory Tree名義による“Memory Tree ep”でデビュー。90年代前期に英国で巻き起こったデトロイト・テクノ・リヴァイヴァルの影響を受けて登場した数多くアーティスト中でも、最も突出した才能を発揮。96年に<Ferox>から出世作 “MonkeyJazz ep”とアルバ“Desert Scores”をリリース。この頃は自他共に認めるマッド・マイクのフォロアー的作品、正にURの「〜2〜」シリーズ直系のサウンドであった。そのアルバムの冒頭を飾った“Mad Mike Disease”は、完全にその信仰心あっての作品。また97年にリリースされた“My favorite key”は打ち込みで全く新しいファンク・グルーブを打ち出し、音源はテクノなのだが、やっていることが紛れも無くジャズであった。そして、名門レーベル<Peacefrog>へ移籍し、比類ない才能を発揮。フュージョン、ファンク、エレクトロ、アンビエント等の要素を取り入れることで、もはやフォロアーの域に留まらない活躍をみせた。
特に最重要作品とされる“Eden ep”は、ローズを絡ませたトライバルなビートにギター、フルートなどの生楽器も多用したコズミック・ジャズ“Yemura”や、ハーモニックなシンセのアンビエント“Eden”等を含む、正に70'sジャズと現代テクノの融合「ハイ・テック・ジャズ」が表現された傑作。近年では、盟友チャールズ・ウェブスターのリミックス・アルバム“Remixed on the 24tth of July”にも参加し注目を集める。現在のクラブ・シーンで、“本物志向”のクリエーターは、悲しくも多いとは言い難い。そんな中、彼のように個性を尊重し、心に残る作品を世に送り出せる人物は貴重な存在だ。テクノの領域を超え、孤高の宇宙観を湛えた唯一無二の「IAN O'BRIEN ワールド」を彼は確立したのだ。(Yasuo Fukuda)




投稿者 unit_guest : 03:48 PM | コメント (0)

Crack 6 -FWF tour 2005-

LINE UP : Crack 6


【DATE】 2005/5/28(SAT)
【TIME】 OPEN 17:00 /START 18:00
【CHARGE】 Adv:4,500yen(ドリンク代別途)
【LINE-UP】Crack 6

【TICKET】
チケット発売開始 2/26 (土)
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]195-702
ローソン0570-06-3003 [L]34998


【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630

主催 euclid agency inc.
企画/製作euclid agency inc.


投稿者 unit_guest : 03:24 PM | コメント (0)

May 27, 2005

HORIZON@UNIT

LINE UP : HORIZON vs Lost Language/DJs: YODA & Sugiurumn /Guest DJ: Ben Lost from Lost Language UK


【DATE】 2005/5/27(FRI)
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】 Adv:2,800yen/ with flyer 3,000yen / Door:3,500yen
【LINE-UP】
HORIZON vs Lost Language
DJs: YODA & Sugiurumn
Guest DJ: Ben Lost from Lost Language UK

【TICKET】
チケット発売開始 4/22 (金)
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]199-841    
ローソン0570-06-3003 [L]35228

>> store
渋谷
TECHNIQUE(5458-4143)
CISCO HOUSE part.2
Quintrix
代官山
UNICE(5459-8631)


【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630


HORIZON初のゲストDJにHooj~Lost LanguageのA&R DJであるBen Lostを迎えて行います。90年代初頭からUKのダンスシーンの最も重要なレーベルだったHooj Choons、1999年にトランス~プログレッシブ中心のサブレーベルとしてLost Languageをスタート。本体Hoojの消滅にもかかわらず常にクオリティーの高いリリースで世界でもっとも信頼されているレーベルとして今なお大きな影響力を持っている。そのLost Languageの若きA&RであるBen Lostが2003年のnight&dawn、2004年のBalearic Sunriseの2回の野外パーティーを経てついにHORIZONの本拠地であるUNITにやってくる。ここ2年の彼のプレイを体験している人にとっては待望の来日となる、もしまだ彼のプレイを知らないのならぜひ一度体験してほしい。PVD、TIESTO、ARMIN、Oakenfold等の持つパワフルなサウンドとSASHA、Digweed等のディープな部分を兼ね備えた次世代クリエイター/DJの期待の新星。迎え撃つは日本代表HORIZONのYODA&Sugiurumn!



horizon.gif










Ben Lost
BENLOS.jpg
















lost.jpg

投稿者 unit_guest : 04:03 PM | コメント (0)

May 21, 2005

WISDOM

LINE UP : [B2UNIT]LIVE:SunPaulo, DJ:川辺ヒロシ (TOKYO NO.1 SOUL SET / GALARUDE), MOODMAN (hol / GODFATHER / SLOW MOTION) [B3 SALOON]TRIPSTER LOUNGE


wisdom*web.jpgWISDOM

SUN PAULO主催の音楽の夜。

テーマは"本気の音楽人による本気の夜"
ロングプレイに耐え得るMUSICIAN/DJ/AUDIENCEで創る音楽の夜
凝視に耐えるいいオンナといいオトコの夜
そして、絶対後悔しない夜


NY発のブッチギレフリーペーパー「VICEマガジン」による
「TV CARNAGE」や「TERRY RICHARDSON」の写真、映像展示アリ!

”TV CARNAGE”
カナダ発の、一言でいえばバッドTVコンピレーション。何時間分も集められた意味不明な深夜のコマーシャルや、ニュースキャスターや有名人のあやしいコメント等。TV Carnageは、アメリカやヨーロッパ、そして日本のフィルム・フェスティバルやポルノ劇場(?)でも上映されいてる。英語がわからない人でも、そのアホっぽさに爆笑することまちがいなし!


【DATE】 2005/5/21(SAT)
【TIME】 OPEN/START 22:00
【CHARGE】 Adv:3,000yen / Door:3,500yen
【LINE-UP】
[B2UNIT]
LIVE:
SunPaulo
DJ:
川辺ヒロシ (TOKYO NO.1 SOUL SET / GALARUDE)
MOODMAN (hol / GODFATHER / SLOW MOTION)

[B3 SALOON]
TRIPSTER LOUNGE

DJ KUN
DJ FRANKEY
DJ CHIDA (CRUE-L)

【TICKET】
チケット発売開始 4/18 (MON)
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]199-449
ローソン0570-06-3003 [L]34652

>> store
CISCO TECHNO渋谷
CISCO HOUSE
UNICE

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630
SunPaulo


SUN PAULO
sunpaulo-B.jpgギター佐藤タイジ ドラム沼澤尚 キーボード森俊之

この3人の即興演奏によるダンスバンドである。
単純明快にダンスなのだが、かなり…というより相当ロックである。そして、相当ファンキーな場面と相当アーシーな場面が彼らのライブを幅の広いものにしているだろう。昨年のFUJIロックフェスティバルやライジングサンロックフェスティバルでは衝撃と狂乱のライブでオーディエンスに強烈なインパクトをあたえたのは記憶に新しい。
昨年、KOROMOとコラボレーションした12inch single で業界が騒然となり、ゲームソフト"GranTurismo"のプロモーションDVDのサウンドトラックに収録された。ちなみに佐藤タイジと沼澤尚はロックバンド"THEATRE BROOK"のメンバーでもある。更に言うと、森俊之はサウンドプロデューサーとして不動の人気を博している。更に更に言うと、彼らが来ているすざましい衣装は、スタイリスト長瀬ジャイアン哲朗の手によるモノである !!

投稿者 unit_guest : 08:15 PM | コメント (0)

May 20, 2005

FIX vol.1
Breaks Special featuring DJ FRIENDLY

LINE UP :
-Breaks DJs: FRIENDLY[Fat! Records UK] / JAMIE.K[guidelines/flak] / MIKE MCKENNA[disco science] / MATT.B[guidelines] / SARU[guidelines]
-VJ's: COMMERCIAL BREAK / MATEEN
-Chill DJs:ATRON [guidelines REYKJAVIK] / MOMENTS OF TRUTH [addiction/hypnotronika] / OZAKI [nest] / SAKAI [asia] / KAI [solid]


【DATE】 2005/5/20(FRI)
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】 Door:3,000yen w/1 drink
【LINE-UP】
Breaks Special featuring DJ FRIENDLY (Fat! Records)

Breaks DJs:
FRIENDLY [Fat! Records UK]
JAMIE.K [guidelines/flak]
MIKE MCKENNA [disco science]
MATT.B [guidelines]
SARU [guidelines]

-VJ's:
COMMERCIAL BREAK
MATEEN

Chill DJs:
ATRON [guidelines REYKJAVIK]
MOMENTS OF TRUTH [addiction/hypnotronika]
OZAKI [nest]
SAKAI [asia]
KAI [solid]


【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630
www.guidelines.cc


fix.jpg













Guidelinesと Disco Scienceが東京で最もフレッシュなブレイクスパーティを開催します!UKブレイクスの先駆レーベルFat!より、これが日本デビューとなるDJ Friendlyをゲストに迎えます。FIXにはさらに東京のブレイクスシーンで活躍するDJも集結。LegatoのBEや主催するADDICTIONが好評なMike McKenna (disco science)は、トップチューンからフレッシュなセットに私たちを誘います。Jamie.K (Flak/guidelines)と Saru (guidelines)、Matt.B(guidelines)たちが、近々公開されるguidelinesのコンピレーションから、オリジナル素材を回しにBREAKDOWNシリーズよりやって来ます。

チルアウトルームにはまた、国内と海外より特別なラインナップが勢ぞろい。日本デビューとなるアイスランドのデュオATRONは、驚きのエレクトロニックライブセットをお届けします。その他にもMoments of Truth、Ozaki、Kai、そしてSakai が朝まで回し続けます。

先着100名様 にはRED BULLとプロモCDの特典付き!

DJ FRIENDLY
friendly.jpg今UKシーンで最も注目されている彼は、最近Beastie Boysのリミックスが大ブレークを記録した。そんな彼が今回、FIXのためにアジアツアーの一貫として特別なセットを聴かせてくれる。Friendly、 本名Andrew Kornweibelは、オーストラリア出身、ブレイクス音楽プロデュース・DJを経て現在イーストロンドンでブレイクスシーンの中心にいる。世界レベルのプロダクションと優れたセンスは人々を魅了し彼を一躍有名にした。


投稿者 unit_guest : 11:58 AM | コメント (0)

May 17, 2005

"BIG HORNS BEE TOUR ♯2"

LINE UP : BIG HORNS BEE


【DATE】 2005/5/17(TUE)
【TIME】 OPEN18:30 /START 19:30
【CHARGE】 Adv:4,500yen (ドリンク代別途)
【LINE-UP】
BIG HORNS BEE

【TICKET】
4/3 (SUN) 一般発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999 
ローソン0570-06-3003 [L]36958
CNプレイガイド 03-5802-9999
E+

【INFORMATION】
DISK GARAGE 03-5436-9600
ディスクガレージofficial site


BIG HORNS BEE
bb*web.jpgBIG HORNS BEE始動!! 数々のアーティストとのセッションや、レコーディング、ツアーサポートに参加、同時に自分自身のライブ活動を続けてきた、スーパーセッションバンド「BIG HORNS BEE」がついに活動再開!! 2004年11月、待望のニューアルバムをリリース!! 「Why can't be We Friends?」と題されたこのアルバム、そのアンサンブルはさらにパワフルに、バンドのグルーブ感も超、カッコイイ。さすが日本の音楽シーンを代表する、ホーンセクションだと、実感できる作品だ。そして、ひさびさにそのメンバーが全員集合するライブが東名阪で行われることが決定!! 個々に精力的に活動してきたメンバーが久しぶりにステージ上みせるライブ・セッション。ライブ会場で、カラダ全体でそのグルーブを感じてほしい

投稿者 unit_guest : 01:59 AM | コメント (0)

May 15, 2005

the band apart
2nd full album "quake and brook" release live
SMOOTH LIKE BUTTER TOUR

LINE UP : the band apart and more!!
soldout.gif


【DATE】 2005/5/15(SUN)
【TIME】 OPEN18:00 /START 19:00
【CHARGE】 Adv:2,500yen(Drink Charge Exclude)
soldout.gif

【LINE-UP】
the band apart
and more!!

【TICKET】
3/11 (FRI) 21:00 on SALE!!
ディスクガレージGET TICKET!!

3/27 (SUN) on SALE!!
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]
ローソン0570-06-3003 [L]32565
CNプレイガイド 03-5802-9999
E+

【INFORMATION】
DISK GARAGE 03-5436-9600
ディスクガレージofficial site
the band apart official site


the band apart
tba.jpg

投稿者 unit_guest : 12:13 PM | コメント (0)

May 14, 2005

DBS presents BIG BASS SOUND CRASH!!
"SOUND OF GRIME"
feat. DJ SLIMZEE + MC WILEY (from UK)

DJ's :DJ SLIMZEE (RINSE FM, Slimzos Recordings, Dumpvalve Records, Bingo Beats) + + MC WILEY (RINSE FM/ROLL DEEP CREW, XL Recordings) / DJ JIN (RHYMESTER) / RYO-141 (DBS) /BABU (MONSTER VIBES)  MC:BIG ZAI (DBS) B3/SALOON " Oid Skool Jungle/UK Garage"DJ's: THE DARK STRANGER (GRAVITY)
FORTUNE (from Nagoya)


SBG*web.jpg




















【DATE】 2005/5/14(SAT)
【TIME】 OPEN/START 23:30
【CHARGE】 Adv:3,300yen / Door:3,800yen
【LINE-UP】
DJ's: DJ SLIMZEE (RINSE FM, Slimzos Recordings, Dumpvalve Records,
Bingo Beats)
+ MC WILEY (RINSE FM/ROLL DEEP CREW, XL Recordings)

DJ JIN (RHYMESTER)
RYO-141 (DBS)
BABU (MONSTER VIBES)
MC: BIG ZAI (DBS)

B3/SALOON " Oid Skool Jungle/UK Garage"
DJ's: THE DARK STRANGER (GRAVITY)
FORTUNE (from Nagoya)

【TICKET】
チケット発売開始 4/18(MON)
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]199-448
ローソン0570-06-3003 [L]34654

clubberia E-Tickets↓
PC販売直リンク
モバイル販売直リンク
クラベリアEチケット説明ページリンク

>>>STORE
渋谷
CISCO TECHNO SHOP(3496-7028)
TECHNIQUE(5458-4143)、disk union CLUB
MUSIC SHOP(3476-2627)
Manhattan Records House(3477-7737)
代官山
Bonjour Records(5458-6020)
UNICE(5459-8631)
原宿
BBS(5766-3816)
下北沢
DISC SHOP ZERO(5432-6129)
新宿
disk union CLUB MUSIC SHOP(5919-2422)
Bonjour Recods(5363-5080)
お茶の水
disk union CLUB MUSIC SHOP(3294-6205)
吉祥寺
disk union(0422-20-8062)


【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630
DBS project: METAL MACHINE MUZIK/EARTH PLANNING
www.rinsefm.com
www.rolldeepcrew.co.uk
www.eskiboy.com


UKアンダーグラウンドから沸騰するニュー・サウンズ、グライムのリアル・ヴァイブ
を体感せよ!DBSが提供する新イベント「BIG BASS SOUND CRASH!!」第1回の5/14(SAT)@代官山UNITは、グライムをリードする海賊放送局RINSE FMの最高幹部、DJスリムジーがグライムのゴッドファーザー、MCワイリーと共に奇跡の初来日!迎え撃つジャパン・マッシヴは横浜出身の猛者たちが集結。 "the finest in Hip Hop"、DJ JIN (RHYMESTER)、DBSからRYO-141とBIG ZAI、超重量レゲエ・サウンドシステム「MONSTER VIBES」のドン/セレクター、BABUが激突!


DJ SLIMZEE (RINSE FM, Slimzos Recordings, Dumpvalve Records, Bingo Beats)
slimzee.jpgロンドン出身のSLIMZEEは'92年からハードコアのDJとしてキャリアをスタート。'94年、イ-スト・ロンドンから発信する海賊放送局RINSE FMの設立に参加し、当時はドラム&ベースをプレイ。'97年からガラージをプレイし始め、RINSE FMの仲間達とプロデューサー/DJ/MCのクルー、PAY AS YOU GOを旗揚げし数々のガラージ・アンセムを放つ。WILEY、DIZEE RASCALらとのセッションを経て、彼らの音楽は2ステップ、ヒップホップ、ドラム&ベースの要素をミックスした新感覚のサウンドを打ち出し、グライムのオリジネイターとなる。現在もRINSE FMをベースに、Slimzos Recordings及びDumpvalve Recordsを主宰し、グライム・シーンの最前線に立ち続けている。代表作にDJ ZINCのレーベル、BINGO BEATSから発表されたMIX CD『BINGO BEATS VOL.3』('04年)がある。








WILEY (RINSE FM, ROLL DEEP CREW, XL Recordings)
wiley.jpg"グライムのNWA"と称されるROLL DEEP CREWを率いるWILEYは、ホワイト盤市場と海賊放送局に支えられるグライムのオリジネイターである。'95年仲間のMAXWELL、TARGETと共にLADIES HIT SQUADとしてRINSE FM等でドラム&ベースをプレイ。やがてSLIMZEEらのPAY AS YOU GOと合体、ガラージの制作を開始し、'90年代後半から多くのヒットを放つ。その後、DEZEE RASCALら10名近いMCとDANNY WEEDらDJ陣とROLL DEEP CREWを組織し、WILEYの"Eskimo"、DEZEEの"I Luv U"等の革新的トラックの数々でストリート/アンダーグラウンド・シーンを席巻する。自ら"eski beat"と名付けるWILEYのサウンドはオeエンタル・フレイヴァー等をミックスした極めてユニークなもので、'04年にXLから発表されたアルバム『TREDDIN' ON THIN ICE』は大反響を巻き起こした。

投稿者 unit_guest : 03:33 PM | コメント (0)

May 13, 2005

KAIKOO PRESENTS,
DOCUMENTARY FILM "KAIKOO/邂逅" DVD Pre-Release Party

ACTS:DJ BAKU / MSC / TAIKA / GOTH-TRAD + K-BOMB(THINK TANK) / BLACK GANION / RUMI&SKE / DJ HIKARU / KAJI PEACE & MC ZAI / 韻踏合組合 &SECRET GUEST
LIVE PAINTING:ESPY / Z¥$ / CASPER


Fly*web.jpg



















1999年から2004年、DJ BAKUが邂逅した世界でも飛び抜けた才能を持つ異端児との5年間のドキュメンタリー映像をBAKU本人が監修しパッケージされた作品。2005年6月、ついに発売決定!現在、特別仕様盤をレコード店に限定発売中!

【DATE】 2005/5/13(FRI)
【TIME】 OPEN 22:00 / START 23:00
【CHARGE】 Adv:3,000yen/ Door:3,500yen
【LINE-UP】
ACTS:
DJ BAKU
MSC
TAIKA
GOTH-TRAD + K-BOMB(THINK TANK)
BLACK GANION
RUMI&SKE
DJ HIKARU 
KAJI PEACE & MC ZAI
韻踏合組合
&SECRET GUEST

LIVE PAINTING:
ESPY
Z¥$
CASPER

TRAFFIC at saloon (UNIT B3F)INFO
ACTS:
DJ MARTIN
KEN-ONE
KEMUI
DJ SHOES
HIROKAZU
JUSI
ASANUMA(SIDEWALK)
MAKI(www.discshopzero.com)
{osho禅タロット、夢占い}HANAMU

【TICKET】
3/20発売開始!!

チケットぴあ 0570-02-9999 [P]196-775
ローソン0570-06-3003 [L]36483

>>>STORE
CISCO HIP HOP・R&B
diskunion SHIBUYA CLUB MUSIC SHOP
diskunion SHINJUKU CLUB MUSIC SHOP
GUINNESS RECORDS
WE NOD
JET SET 下北沢店
ADDICT
UNICE

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630
KAIKOO Official Web
DJ BAKU Official Web



DJ BAKU
baku*web.jpg












MSC
MSC.jpg








GOTH-TRAD
DBS2*web.jpg











HIKARU(BLAST HEAD)
hikaru-web.jpg

投稿者 unit_guest : 12:50 PM | コメント (0)

May 12, 2005

The Real Group Live Tour 2005
〜In The Middle of Life〜

LINE UP :
The Real Group


【DATE】 2005/05/12(THU)
【TIME】OPEN 18:00 / START 19:00 / Close 21:00
【CHARGE】 税込7,980円(税抜7,600円)
【LINE-UP】
The Real Group

【TICKET】
4/05 (TUE) チケット発売 !!

チケットぴあ 0570-02-9999 [P]198-848

【INFORMATION】
スパイス・オブ・ライフ 0422-41-5581 / UNIT 03-5459-8630
企画・制作:こーろころころ / スパイス・オブ・ライフ


The Real Group

0511_web01.jpg
















1984年ストックホルムの王立音楽アカデミー在学中に出会い「ザ・リアル・グループ」を結成。コンサートはもちろん、有名なアーティストや交響楽団、ビッグバンドや聖歌隊との競演など様々なステージを行い、世界各地で高い評価を受けている。バーバラ・ヘンドリックス、ボビー・マクファーリン、ヴァン・モリソン、ジョージ・マーティン卿、トゥーツ・シールマンズといったアーティストとも共演。これまでに1,500回以上のコンサートを行い300,000枚以上のアルバムセールを記録している。 2000年に発売された「コモンリー・ユニーク」はスウェーデン・グラミー賞を受賞。2001年に発売されたベスト・アルバム「The Real Group」はスウェーデン本国にてプラティナム・アルバム(10万枚のセールス)を記録している。



In The Middle Of Life / The Real Group

0511_web02.jpg


北欧の透きとおった美しい歌声
驚きと感動のハーモニー
ザ・リアル・グループが遂に日本デビュー!

価格:2.520円(税込み)
品番:PBCM-61012
5/11(WED)発売 !!

私達にはどんな楽器でも決して真似することのできない、ものすごいものが備わっている。それがノドであり、そこから生まれる声であり、そして歌だ。何人かが集まり、声を重ね合わせることで、ハーモニーを生むことができる。音域も、声質も異なる人の声が集い、見事なまでの調和が生まれた時、他にはたとえようのない、鳥肌が立つようなゾクゾク感を味わうことができる。人間ってすごいなぁ。こういう感動を経験された方も多いのでは。そんな素晴しい瞬間の連続を本作『イン・ザ・ミドル・オブ・ライフ』で、日本デビューとなるザ・リアル・グループでもたっぷり堪能できる。男女5人の声が織りなす、まさに肉声の妙技で、心ワクワクさせてくれる。過去にはスウェーデン語で歌ったこともあるが、ここでは全編英語だ。それにより、より小粋なスウィング感が生み出されているが、決して自分達の成熟したテクニックに溺れることがない。あくまでも大らかで、壮快で、心踊る楽しさに満ちている。5人の声が一体化していった時の高揚感は、クセになる気持ちよさに溢れているが、ハーモニーと同じように、リード・ヴォーカルを中心とした歌がとても大切にされている。そこにも親近感が持てる。こういったところが20年も多くの人達に愛され続けてきた理由でもあるだろう。

投稿者 unit_guest : 04:57 PM | コメント (0)

May 11, 2005

Variations on a Silence [Concert]

LINE UP : Christian Marclay+Sachiko M, 刀根康尚+Hecker, 近藤一弥, 710.beppo


【DATE】 2005/5/11(WED)
【TIME】 OPEN 18:00 / START 18:20
【CHARGE】Adv:¥3,500 / door:¥4,000
【LINE-UP】
Christian Marclay+Sachiko M
刀根康尚+Hecker
近藤一弥
710.beppo

【TICKET】
4/2 発売開始!!
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]198-049
ローソン0570-06-3003 [L]39723

>>>STORE
CISCO TECHNO
Onsa
WARSZAWA

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630
Variations on a Silence オフィシャル・サイト


va.jpg東京湾岸に建設されたリサイクル工場を舞台に開催されるプロジェクト「Variations on a Silence――リサイクル工場の現代芸術」への参加にあわせて来日するクリスチャン・マークレーと刀根康尚を筆頭に、国内から近藤一弥、710.beppo、さらにスペシャル・ゲストとしてSachiko M、ヘッカーが参加。同プロジェクトのライヴ・ヴァージョンとして、国際的にも注目されるアーティスト達が結集する貴重な機会が実現します。 昨年コラボレーションCD「Palimpsest」(MEGO)をリリースしたばかりの刀根康尚とヘッカーによる日本国内では初となるデュオに加え、クリスチャン・マークレーとSachiko Mは、両者自身これまで待望していたというコラボレーションのなんと世界初演!!





【ARTISTS】
Christian Marclay クリスチャン・マークレー
marclay*web.jpg現在は現代美術のフィールドでも世界各地で作品を発表し、最も注目を集めているアーティストの一人であるマークレーは、1979年にレコードとターンテーブルを用いたパフォーマンスを開始。最初にして最強のターンテーブル奏者であり、1988年には音楽史に残る問題作「More Encores」をリリース。並ぶ者のないテクニックと絶妙のセンスであらゆるジャンルの音楽を解体しコラージュするスタイルにより圧倒的な支持を受け、ジョン・ゾーン、リー・ラナルド/サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、大友良英らとコラボレーションを重ねる。アートとサウンドの領域を横断する活動を続けるマークレーにとって、今回は日本では久々のターンテーブル奏者としての本格的ライヴとなる。



Sachiko M
sachiko*web.jpg1994年からサンプラー奏者として活動。1998年、それまでのスタイルを一変させ、サンプラー自体がもともと持っているテストトーン(=サインウェーヴ)を再利用する独自の奏法を開始。サインウェーヴのみを使ったエクストリームなソロ「Sine Wave Solo」(2000)を発表し、イギリスの『Wire』誌、ヨーロッパのフェスティヴァル等、各方面からの注目を一気に集める。以降、大友良英との〈Filament〉を中心に、エレクトロニクストリオ〈I.S.O.〉、中村としまるとのデュオ等、様々なアーティストとともに、日本の電子音楽、インプロヴィゼーションのシーンの最先端に位置する。吉田アミとのデュオ〈cosmos〉は〈Astoro Twin〉とともに2003年アルス・エレクトロニカのデジタル・ミュージック部門金賞を受賞。



Yasunao Tone 刀根康尚
tone*web.jpg1958年頃から即興演奏を始め、1960年に小杉武久らとともに〈グループ・音楽〉を結成。また、美術・デザイン雑誌を中心に多くの文章を発表し、音楽・美術・批評の境界を超えるその先鋭的な活動は今や伝説化している。1972年に渡米して以後はニューヨークを拠点に活動。ジョン・ケージやデーヴィッド・テュードアらとともに、フルクサスやマース・カニングハム舞踊団などのイヴェントにしばしば参加する。1985年からはプリペアされたCDを用いたパフォーマンスを開始。90年代に入り作品がCDでリリースされるようになると、サウンド・アートやテクノ以降の電子音楽の文脈からも多大な注目を集め、驚嘆をもって迎えられた。2002年アルス・エレクトロニカのデジタル・ミュージック部門金賞を受賞。




Hecker ヘッカー
hecker*web.jpg電子音楽更新の拠点となったウィーン発のレーベルMEGOの中心アーティストの一人。1996年以降、ソロ活動の他、ペーター・レーベルク (pita)、ラッセル・ハズウェル、カールステン・へラー、フロリアン・プムフースル、マーカス・シュミックラー、Shunichiro Okada(id)、刀根康尚らとコラボレーションを展開。〈Farmers Manual〉のオスヴァルト・ベルトルトとのユニット〈cd_slopper〉としても知られる。コンピューター・ミュージックの極限を追求し続けるその強力な音は、リスナーを打ちのめすと同時に力づける。




Kazuya Kondo 近藤一弥
kondo*web.jpgエディトリアル、ブックデザイン、ポスターデザインを中心にグラフィック・デザイナーとして活動。『安部公房全集』(新潮社)のブックデザインでは文学 全集の新たな可能性を提示し、1998年東京ADC原弘賞を受賞している。2002年からは、安部公房がフロッピーディスクに残した未完の小説を主題 に、インスタレーション作品を発表。今回は、安部公房が使用していたアナログシンセサイザーなどの音を取り込んだ電子音楽+映像を展開する。





710.beppo
beppo*web.jpgvokoiと古舘健による映像/音響/空間演出ユニット。国内外の電子音楽、実験音楽のライヴ・イヴェントに積極的に参加。VJとして、Sonar Sound TokyoやMetamorphoseにも出演する。ヨーロッパ5カ国をまわった2003年のライヴ・ツアーは話題を呼び、同年10月には後藤英と共にポンピドゥ・センターにてパフォーマンス「CsO」を発表、フランスの各メディアによって報道された。物理現象としての音を、単に空気振動だけでなくあ らゆる物体の振動へと拡張して捉え、それを時間軸上で操作することで音楽として提示するという新たな地平を切り開きつつある。今回はエクストラメンバー を交え、〈Speed Core〉を初披露。





!!前売特典!!
ja.jpg前売り券を御購入の方に、もれなくCDプレゼントの特典がございます!

ENVIRONMENTAL REPORT
Artists:Nao Tokui(徳井直生) tamrax(田村亘) anagma(古舘健 from 710.beppo)
7 tracks, total time 48'04.  限定非売品
*当日御入場の際、前売り券を御提示の方に進呈。


★関連イベント★
Variations on a Silence ――リサイクル工場の現代芸術
会期:2005年5月13日[金]→ 29日[日]
会場:リーテム東京工場(東京都大田区城南島3-1-9)

入場無料
詳細:http://www.variations.jp/

投稿者 unit_guest : 01:53 AM | コメント (0)

May 08, 2005

HOLIDAY
〜Sunday Afternoon Party〜

LINE UP : LIVE:IZANAMI/金原千恵子(金原千恵子(vl)、井出靖(DJ)、小倉博和(g)、井上富雄(b)、ゲンタ(per)、西岡ヒデロー(per)、渡辺貴浩(key)、山本拓夫(sax))
DJ:伊藤陽一郎(AKAKAGE)/小林径/DJ NORI/freeTEMPO/松浦俊夫 /森田昌典(STUDIO APARTMENT)/箭内健一(SOUL SOURCE PRODUCTION) /井出靖(LONESOME ECHO PRODUCTION)


holiday*web.jpg










【DATE】 2005/5/8(SUN)
【TIME】 OPEN/START 15:00~FINISH 23:00
【CHARGE】 ADV ¥3,000 / DOOR ¥3,500 (ドリンク代別途)
【LINE-UP】
LIVE:IZANAMI/金原千恵子
(金原千恵子(vl)、井出靖(DJ)、小倉博和(g)、井上富雄(b)、ゲンタ(per)、西岡ヒデロー(per)、渡辺貴浩(key)、山本拓夫(sax))

DJ:
伊藤陽一郎(AKAKAGE)
小林径
DJ NORI
freeTEMPO
松浦俊夫
森田昌典(STUDIO APARTMENT)
箭内健一(SOUL SOURCE PRODUCTION)
井出靖(LONESOME ECHO PRODUCTION)

【TICKET】
4/10 on sale!!

チケットぴあ 0570-02-9999 [P]198-938
ローソン0570-06-3003
e+

>>>STORE
Bonjour Records代官山店
Bonjour Records新宿店
UNICE

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630
HOT STUFF 03-5720-9999
HOT STUFF


IZANAMI
IZANAM.jpgギターレスのAcoustic Soulバンド。渋谷のクラブThe RoomにてVocalのKimと、KeyboardのShingoが出会い、意気投合。2002年春DrumsとWood Bass、Percussionを加えてizanamiとしてライブ活動を始める。誘う女Kim、CoolでHotなバンドのJazzyなLive Performance、そして何よりメンバー個々の存在感はAudienceを圧倒するだろう。世界の音楽から限りない影響を受けてきた、感謝の意を込めて、日本人として発する音楽に耳を傾けて欲しい。これまでに二枚のMini Albumを発売、コンピレーションにも多数セレクトされており、最近では2004年12月発売の"Tokyo Lounge Vol.4"にもフィーチャーされ、話題になっている。


金原千恵子
kane.jpg日本のトップヴァイオリニストとしてサザンオールスターズをはじめとした数々のレコーディング・ツアーに参加。2001年1月「Silence」(CTCR-14169)でソロデビュー。EVERTON NELSONのストリングス・グループ(4HERO、ビョーク)やINSTRUMENTAL, DJ SPINA, LONNIE LISTON SMITH等が参加し話題に。 2002年2月にはダ・ラータのリード・ヴォーカリストだったリリアナ・チャチィアンをフィーチャーし、ラテン〜ブラジリアン・フィレイヴァ−でサウダージ・フュージョンの源流とも言える2ndアルバム「A Espera」(PCCA-1646)をリリース。同年8月21日にはOsunlade, Fantastic Plastic Machine, bayaka, DJ NORIが参加した「A Espera Remixes ep」(PCCA-1721)をリリース。





伊藤陽一郎(AKAKAGE)
ito.jpgDJ, Producerとして自らの3つのProject "akakage, Natural Essence,aaron.“として活動する傍ら、他の様々なアーティストへのProduce, Arrange, Remix etc...と幅広く活動する。その制作範囲は幅広く彼のもつDJ的なスキルとスタイリッシュな感覚を様々な音楽のジャンル(Club Music ~ 歌謡曲)に投下、対応できる数少ないProducerといえる。
DJとしてはJazzやLatin, Brazil的ニュアンスをもったHouseを中心とした選曲でフロアーをわかす。その温度をそのまま持ったMix -CD(ex : style#10 etc...)もリリースしている。
一方、ラウンジ的なDJプレイも古くから定評があり、そういったタイプのコンピレーションの選曲にも数多く携わる。昨年は、約3年振りとなるakakageのNew Album "akakage in the earth“を7月(Pony Canyon)に、クラウン時代の音源(1999~2000)によるBest Album “the first season”を9月に続けてリリースした。そして今年1月には、Natural Essenceとしては初のFull Album“ten:se[s]”(File records)をリリースし話題となっている。現在はakakageの新作を制作中である。



小林径
koba.jpg南青山のバブリンダブを皮切りに、トゥールズバー、ミラーズ、ピカソ、アスホール、ラトゥン、GOLD、第三倉庫、ROOM、CLUB円山、OTO、WIRE、ACID、Organ bar、ROCKWEST、インクスティック、トゥーリア、YELLOW、ENDMAX、キッス、etc,,,。都内各CLUBでプレイ(もちろんMIX、カタリストでもプレイしている)その他、アルズバー(札幌)、BLUEblue(仙台)、空海(福島)、ダイアモンドホール(名古屋)、コラージュ、メトロ(京都)、グランカフェ、ダウン(大阪)、JAM(岡山)、ブルームーン(高松)、O・D(福岡)、火の玉ホール(沖縄)etc,,,。全国各地でプレイ。去年は、LONDONのマダムジョジョのケブダージのPARTY、"DEEPFUNK"。ヤングディサイプルスのフェミのクラブ、カモフラージュでプレイしている。ミュージシャンのサポートDJとして、ア・サートゥンレインオ、ラウンジリザース、ジェームス・テーラーカルテット、JBS、BRAND NEW HEAVYS、ロイエアーズ、プレスティッジ・オールスターズ、チャック・ブラウン&ソウルサーチャーズ、etc...。海外DJとして、NORMAN JAY、フェミ、ラリーレバン、etc,,,。と共演している。NORMAN JAY、ワイルドバンチのミロ、チャック・ブラウンに日本一のDJと言わしめている。
現在は、毎週水曜青山fai@"Center of the world″において、吉沢 昭広(シアターブルック)などをゲストにむかえプレイしている。Organ bar人気イベントの"Free soul underground″においても活躍中。


DJ NORI
nori.jpg79年札幌シャカマンダラにてDJ活動をスタートさせる。当時のDISCOムーブメントの中、六本木を中心にキャリアを積む。そのころNEWYORKから発信される音楽、情報に感化されNEWYORKと東京を行き来しはじめる。そこで、いまや伝説になったDISCO"THE SAINT"、"PARADISE GARAGE"と出会う。80年代というNEWYORKのクレイジーな時代にあった前衛的なPARADISE GARAGEそしてそのメインDJ"LARRY LEVAN"
のDJスタイルに感化され、86年からNEWYORKに拠点を移す。同時にFUJIYAMA-MAMAというレストランでDJ活動を始める。LARRY LEVANというDJと数千人のオーディアンスと共にDOWNTOWN,SO-HOのはずれで作られた新しい音楽と&カルチャー(PARADISE
GARAGE&HOUSE MUSIC)が始まる瞬間に共存し、そして、LARRY LEVAN本人とも出会う。その後、意気投合した2人、LARRYとNORIはCHOICE,GASSTATION,TRUCKSなどのNYの人気クラブで共にDJプレイをする。そして、同時にLOFTの創始者DAVID MANCUSO,WALTER GIBBONS,WESTENDのMEL CHEREN,DEF MIX PRODUCTIONのJUDYなどのDANCEMUSIC CULTUREのBOSSたちとの親交も深めていく。
もちろんその中に今でも一線で活躍するDJ,DANNY KRIVIT,TIMMY REGISFORD,LITTLE LOUIS,VEGA,NICK JONES,FRANCOUIS KEVORKIEN,TONY HUMPHRIESなど数知れない。89年東京 芝浦 GOLDオープンのため帰国。レジデンツDJとして活躍しつつも海外での活動が続く。イタリア/リミニにてi-DマガジンオーガナイズによるPARTY、NY.SOUND FACTORYBAR ”UNDERGROUND NETWORK””CAFE CON LETCHE"などいままでに国内外で出演したPARTYの数は数えきれない。90年代そして2000年代になっても一線で活躍し続けているという日本で唯一の活動経験とその引き出しの広さ、新旧おりまぜた時間の隔たりを感じさせない独特の選曲とそこから生まれるグルーブ感は世界中のオーディエンスに支持されている。

freeTEMPO
Free.jpgFreeTEMPOこと半沢武志は、仙台を拠点に作曲、DJ等、アーティスト活動をしている。2001年6月にイタリアのIRMA RECORDSからリリースされたコンピレーションCD 『 LA DOUCE PARTY 5th anniversary 』に参加し話題を集めた。そのコンピレーションCDに収録された楽曲『Montage』は、日本のクラブシーンに多大な影響をもたらしているロンドンのクラブジャズ雑誌『 Straight No Chaser 』のDJチャートにて堂々の2位を記録した。
そして同年11月には須永辰雄氏(sunaga 't experience)選曲によるコンピレーションCD『 ON A CLEAR DAY 』にも選出、2002年1月にforestnauts recordsからリリースされたデビューミニアルバム『 Love Affair 』は、HMV渋谷店から爆発的に火が付き、新人アーティスト、しかもノンプロモーションながら、4000枚を突破した。
2003年7月にforestnauts recordsからリリースされた1stフルアルバム『The world is echoed』もまた、HMV全国総合インディーズチャートにて7週連続1位を記録し、実に2万枚を超える大ヒットとなり、今もなおその勢いは衰えを見せない。

松浦俊夫
matsuura.jpg1990年にUFO (United Future Organization)を結成。02年に独立。
そのワールドワイドでバイカルチャーな活動の中で培われた感性と、世界中に繋がるネットワークを駆使して、現在はDJ、アーティストとしては勿論のこと、イベントのプロデュースやラジオのパーソナリティなど多岐にわたって活動し各方面から注目を集めている。 近作に『Soul Source Remixed Fevers』(Victor)、『Re KJM』(Quality)などがある。
松浦俊夫official site







森田昌典(STUDIO APARTMENT)DJ/PRODUCER/REMIXER/COMPOSER/PROGRAMER)
morita.jpgDJとして東京を拠点に日本全国〜海外のクラブを中心に活動し、ファッションショーや展示会等の商業フィールドでも活動中。制作面では、映画「踊る大捜査線」のサントラ〜PUFFY等のREMIX、コンピレーションの監修やラジオ&有線等、様々なサウンドプロダクションを行う。又、阿部登とのトラックユニット・STUDIO APARTMENTとして、様々なオリジナル&リミックス音源をリリース。ファーストアルバム『PARAISOTERRESTRE』は国内外で高い評価を得、セカンドアルバム『WORLD LINE』は、海外の様々なチャートにランクインし、King Street Sounds(NY)からもリリースする。"FLIGHT"(「WORLD LINE」収録)は、TIMMY REGISFORDやDANNY KRIVITをはじめ、あらゆるDJ達がプレイ。そして、海外の様々なコンピレーションCD(Defected,Slip'N'Slide, Ricanstraction等)に収録され、STUDIO APARTMENTの名を世界に広める。そして2005年7月に待望のサードアルバム『PEOPLE TO PEOPLE』をリリース予定。これからも話題の絶えないアーティストである。
NEW WORLD PRODUCTIONS INC.




箭内健一(SOUL SOURCE PRODUCTION)
kenichi.jpg2000年に世界初の 「Soul Source Jackson 5 Remixes Vol.1」 を、続いて 2001年に 「Soul Source Jackson 5 Remixes Vol.2」 を企画・プロデュースし、大ヒットに導いた。その後、小林径氏との共同プロデュース 「Soul Source Presents routine」 を企画・プロデュース。2002年には伝説のシンガーソングライター ELLEN McILWAINE を39年振りに来日させ、LIVE盤 「Soul Source ELLEN McILWAINE LIVE at YELLOW」 をプロデュース。同年、 「Soul Source EARTH.WIND & FIRE REMIXES」 をプロデュースし、国内のみならずヨーロッパ、ラテン・アメリカ、オーストラリア、香港、韓国でリリース。そして 2003年、 Soul Source プロデュースによる初の日本人アーティスト、RACLA の 12インチをリリースし、続いて Dimitri from Paris のオリジナル・アルバム 「Crusing Attitude」 と Soul Source がコラボレーション、同年におこなわれた Dimitri Japan Tour のパートナーDJ として抜擢される。数々のリミックス・ワークを手がけるだけでなく、光永亮太のプロデュースなども手がけている。
また、Slow Supreme、Ninja Tune 所属の mr.scruff などの海外アーチストとの交流も深く、フランスのアーチスト OSCAR のリミックスを手がけ、近々パリにて DJを予定するなど、今や国内のみならず、ヨーロッパを中心にワールドワイドで活躍し、注目を集める存在となっている。
2004年には 3月24日 に Victor より 「Soul Source REMIXED BOOGIES」 とそれまでのプロデュース、remix ワークの集大成 「Soul Source WORKS」 をリリース。
平井堅の 「キミはともだち」 の remix の制作も手がけるなど、メジャーフィールドからも信頼を得ている。

井出靖(LONESOME ECHO PRODUCTION)
ide.jpg80年代、ヤン富田、高木完、MUTE BEAT、いとうせいこう等と共に、現在のシーンを形成する音楽的動勢に常に深く関わってきたプロデューサー/アーティスト。90年代には、ORIGINAL LOVE、小沢健二らのデビューを助力。BONNIE PINK、クレモンティーヌの他、最近では、金原千恵子などのプロデュースを手掛けている。現在のクラブシーンにおいても、FANTASTIC PLASTIC MACHINE、KYOTO JAZZ MASSIVE、MONDO GROSSO等と並んで、シーンを支え盛り上げてきた1人といえる。アーティストとしても、95年に東芝EMIから井出靖「Lonesome Echo」を、97年にはワーナーミュージック・ジャパンからYASUSHI IDE presents LONESOME ECHO STRINGS「PurpleNoon」をリリースした。いずれも豪華ゲストをフィーチャーして作られた、イマジネーションを刺激するディープ・リスニング・ミュージックで、前者はアコースティックとダブの要素を持ったサウンドで、後者は金原千恵子をトップにするストリングスを全編にフィーチャーした作品に仕上がっています。
また、98年にはクラブ・ミュージックの各シーンの先鋭的なリミキサーを起用して、“Black&Blue Remixes”と名付けられた「PurpleNoon」の2枚のリミックス・アルバム「Black Velvet」と「Afro Blue」をリリースした。これらのアルバムと「Purple Noon」はeast west FRANCEからもリリースされた他、多数のトラックが欧米各国のコンピレーション・アルバムにも収録されている。
その他、6月からオープンした渋谷・宇田川町にセレクト・CDショップ「Lonesome Echo」を運営している。
そして8月21日にMOOMIN,PUSHIM,UAなどのレコーディング・エンジニアを務める太田桜子とLONESOME ECHO PRODUCTION名義でアルバム「SILVER OCEAN」をリリース。

投稿者 unit_guest : 01:53 PM | コメント (0)

May 07, 2005

KI Ⅱ KI featuring
MIX annex 〜Chapter 1〜

KI Ⅱ KI @UNIT(B2F)
DJ's(EXCLUSIVE LONG SET) :
Kaoru Inoue(SEEDS AND GROUND) / Kentaro Iwaki(DUB ARCHANOID TRIM)
MIX annex 〜Chapter 1〜 SATURDAY NIGHT SESSIONS @SALOON(B3F)
DJ :
Caribbean Dandy DJ SET / SATOL.F a.k.a.藤井悟 / TETZ a.k.a.松岡徹 / KAZ SUDO a.k.a.すどうかずひろ / ICHI-LOW / BABY LION a.k.a. KSK / SAUDI / FULJA / Dee-Jay NAMA-ROY


【DATE】 2005/5/7(SAT)
【CHARGE】 3,000yen(Door),2,500yen(w/flyer)
※B2FとB3Fは別イベントとなりますが、同一料金で入場が可能です。


KI Ⅱ KI @UNIT(B2F)

【TIME】 OPEN/START 23:00
【LINE-UP】
DJs(EXCLUSIVE LONG SET):
Kaoru Inoue(SEEDS AND GROUND)
Kentaro Iwaki(DUB ARCHANOID TRIM)


Kaoru Inoue(SEEDS AND GROUND)
kaoru_inoue.jpgDJ活動と平行して'94年よりchari chari名義で音楽制作を本格的にスタート。UKのPUSSYFOOTレーベルのコンピレーションへの楽曲提供などを経てリリースされたchari chariとしての2枚のアルバム「spring to summer」(1999/File)、「in time」(2002/Toy's Factory)は日本のみならず世界でも高い評価を得た。「in time」から カットされた「Aurora」は世界中の様々なミックスCDやコンピレーションに収録され、もはやクラシックスに。'03年、日本が誇るインディペンデントレーベル"CRUE-L"内に、自身のレーベル"SEEDS AND GROUND"を立ち上げ、「Aurora」制作時のパートナーであるDSKとギターインストユニット"AURORA"を結成、Joao Gilbertoのトリビュートアルバム「Felicidade」(EMI)や、コンピレーション「Hotel Sunset」(SONY)等に楽曲を提供。そして待望のデビューアルバム「FLARE」が9/3にリリースされた。今後も続々新作をリリース予定。DJとしては現在レギュラー・パーティ「groundrhythm」@AIR、「FLOATRIBE」@UNITを中心に広範囲で活動中。


Kentaro Iwaki(DUB ARCHANOID TRIM)
KENTARO IWAKI-web.jpgDJ/サウンドクリエーターDub Archanoid Trim(ダブ・アーカノイド・トリム)名義で 「DubArchanoid」(File Record) 「Grott」(Life Line) の2枚のアルバムをリリース。特に国内外問わずのDJからプレイリスト、チャート、コンピに収録された「Atoms inDrum」(File Record)と、N.Y.老舗ルーツレゲエレーベルWackiesよりRas Takashi, ShalomをFeat.した 「Children」 (Life Line)のアンダーグラウンドヒット2曲は言わずもがなであろう。2003年には別名義Blowman(ブロウマン) をセレクトショップNo.44よりリリース。2004年には、伊IRMA音源のみで初のオフィシャルMIX CD「Dubmosphere Mix」をリリース。また、Larry Heardや Stockholm cyclo, JamesNylon, Sly mongoose, United PeaceVoices等国内外ジャンル問わず様々なアーティストのRemixもこなしワールドワイドに実績を積んでいる。DJとしても井上薫(Chari Chari)と共同主催の「Floatribe」、DJ Kent (ForceofNature)との「Deepereal」川辺ヒロシ(T.N.S.S.)との「Dubmosphere」、横浜Bodegaでの「Marginal Dub」を軸に各所でプレイしている。また、レコードショップSTYLUS(www.stylus-net.com)のバイヤーや、グラフィックデザイナーとしての顔もある次世代クリエーターの一人。


MIX annex 〜Chapter 1〜 SATURDAY NIGHT SESSIONS @SALOON(B3F)
【TIME】 OPEN/START 22:00
【LINE-UP】
DJ :
Caribbean Dandy DJ SET
SATOL.F a.k.a.藤井悟
TETZ a.k.a.松岡徹
KAZ SUDO a.k.a.すどうかずひろ
ICHI-LOW
BABY LION a.k.a. KSK
SAUDI
FULJA
Dee-Jay NAMA-ROY











Flyer Discount ↑↑

上の画像をクリックすると拡大画像が現れます。プリントアウトして、イベント当日にお持ち頂いた方は割引価格にてご入場可能です。

投稿者 unit_guest : 07:21 PM | コメント (0)

May 06, 2005

π〜The Far East Jazz
Featuring Nubian Mindz

LINE UP :
Special Guest Live: NUBIAN MINDZ
Special Guest DJ: Farr A.K.A. Calm
Live: M-SWIFT
DJ: TOMOYUKI TAJIRI(note native) / SUGO TAKAMASA
VJ:KARATE SYSTEM
SALOON(B3Floor)  performed by "em"


【DATE】 2005/5/6(FRI)
【TIME】 OPEN/START22:00
【CHARGE】 Adv:2,500yen (with 1drink) / door:3,000(with 1drink)
【LINE-UP】
Special Guest Live: NUBIAN MINDZ
Special Guest DJ: Farr A.K.A. Calm

Live: M-SWIFT

DJ: TOMOYUKI TAJIRI(note native) / SUGO TAKAMASA
VJ:KARATE SYSTEM

SALOON(B3Floor)  performed by "em"

【TICKET】
3.19 発売開始!!
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]197-230
ローソン0570-06-3003 [L]38161
CNプレイガイド 03-5802-9999
E+

【INFORMATION】
UNIT
03-5459-8630
www.unit-tokyo.com


π〜The Far East Jazz
現在、渋谷THE ROOMの土曜日枠で定期的に開催中。今回は代官山UNITにて拡大開催する。ヨーロッパのダンスミュージックシーンのトレンドを意識しつつ、JAZZを通過したデトロイティッシュでテックなサウンドが聞ける先鋭的なパーティーとして都内で人気を博す。今後が期待される次世代DJ、クリエーターを中心としつつ、ゲストDJとしてこれまでに、福富幸宏、RAPHAEL SEBAG(UFO) 、松浦俊夫らが参加。また北欧スウェーデンからSTOCKHOLM CYCLOを招いた実績もある。GW開催となる5月6日はイギリスのウェストロンドン/クロスオーヴァーシーンの雄NUBIAN MINDSを、また、国内からはスペシャルゲストとして、Farr A.K.A. Calmを招き、代官山UNITにて開催する。

NUBIAN MINDZ
nubian_web.jpgブラックネス溢れる極上のディープ・チューン、デトロイトティッシュなテック・トラック、そしてセクシー&バウンシーなサウンド・プロダクション。数々のクラブ・クラシックスをリリースしてきたCOLIN LINDOによるプロジェクトNUBIAN MINDZ。近年では、男女のベット・ストーリーを3部作構成にてリリースした極上のセクシャル・ディープハウス『CASABRANCA / DREAMING / NEED TO KNOW』が、FRANCOIS KからGILES PETERSON等のDJチャートを賑わし、更に日本でもA HUNDRED BIRDSのYOKU氏、須永辰緒氏のミックスCDに収録され話題となる。そして2005年2月19日には極上のブラックネスサウンドがパッケージされた待望の2ndアルバ 『OUTSIDE IN』をIRMA RECORDS(日本盤:ULTRA VYBE)よりリリース。初来日となる今回はライブセットを披露!今まさにNUBIAN MINDZによるブラック・ディープ・カオスがフロアーに深くダイブする!


Farr A.K.A. Calm
farr*web.jpg97年、シングル『Calm EP』にてデビュー。翌年にミニアルバム『Shadow of the Earth』を、99年には『Moonage Electric Ensemble』をリリース。COMPOST,UBQULITY,YELLOW PRODUCTIONなどへの楽曲提供やFRANCOIS KのレーベルWAVEからのアナログリリースなどでその活動範囲を更に広げる。02年にはOrgan Language名義でのアルバムをリリースし、Calm作品にはない肉感的なリズムを、多くのミュージシャンたちと共に構築し好評を得る。同年、自身のレーベル『MUSIC CONCEPTION』を立ち上げ、03年には彼の今までの集大成とも言うべきサードアルバム『Ancient future』をリリース。04年に新名義であるK.F.でのアルバムをリリースし、同名義での先行アナログ 『Shining Of Life』では既に話題が世界規模に達している状況。今後DJ、バンドとしての活動も各地で精力的に行う予定。www.music-conception.co


M-SWIFT
logo_m-swift*web.jpgM-SWIFTこと松下昇平が率いるプロジェクト。ジャズ、アフリカ、ブラジリアン、キューバを通過したそのサウンドは、ディープハウス、ブレイクビーツなどクラブ・フィールドの様々な音像を飲み込みながら、新たな領域へ発展。これまでにJazztronik、須永辰緒氏と共にFLOWER RECORDSの『F.E.E.L.3』へ参加や、IRMA RECORDSのジャパニーズ・ワークスを集めた『swing out』、『dive deeper』へ福富幸宏氏、A HUNDRED BIRDS、D.A.T.等と共に参加。そしてIRMA RECORDSよりスピリチュアル・ブラジリアンバンドARCOIRSをフィーチャーした待望のファースト・シングルをリリース予定。www.m-swift.net





TOMOYUKI TAJIRI(notenative)
tajiri*web.jpgI-dep a.k.a.中村寛との制作プロジェクトnote nativeやDJとして幅広く活躍中。DJとしては、"new crossover"とも言われ、ハウス、ジャズ、テクノなど幅広いセレクションを、直感、狙いが絶妙に共存された独自のスタイルで展開。Fredelic Galliano、Dj Cam、Asian Dub Foundation、Stockholm Cycloらとの共演からも察するように、ジャンルという枠には括り切れない真のクロスオーヴァーを示唆できる唯一無二な存在であり、今後の動向が注目される気鋭のDJ/クリエーターだ。



KARATE SYSTEM
2000年初頭HIP-HOP系イベントを皮切りに活動を開始。映像を照明的に使う革新的なアプローチで注目をあびる。DJの生み出すグルーブに映像を同期させ、多角的に展開させていくスタイルは、まさに映像によるインプロバイズといえる。

Em
東京、そして日本を代表するクラブ渋谷The ROOMにて毎月第4火曜日に行われている新世代パーティー『em』。海外からも積極的にDJを招き、04年はシカゴハウスの雄Greens Keepesを召喚し、DJも各々が沖野修也、Jazzanova等と共演するなどジャンルを問わない積極的な活動を行っている。ベトナム語で「兄弟・仲間」を意味するパーティー名の通り、気取らない雰囲気と"nu classics"をテーマに個性的でどこか暖かさを感じるDJで注目を集めるイベントである。

投稿者 unit_guest : 10:46 PM | コメント (0)

May 05, 2005

Root & United vol.2
Children's Day Special”Young Soul Rebels"

LINE UP : Live:
■Scoobie Do With Special Guest
http://www.jvcmusic.co.jp/scoobie/

■犬式(a.k.a.Dogggystyle) With Special Guest
http://www.dogggystyle.com
Special Guest Musician ; SOIL&"PIMP" SESSIONS Horns

■東京キャ☆バニー

DJs:
■山名昇(Blue Beat Bop!)
■森雅樹(EGO-WRAPPIN')
■池田正典(Mansfield)
■社長(SOIL&"PIMP" SESSIONS)
■元晴(SOIL&"PIMP" SESSIONS)
■三宅洋平(犬式a.k.a.Dogggystyle)
■敷島
■オカモト”Moby”タクヤ(Scoobie Do)
★Rebel Film Work菊地昇

★当日先着200名様にここでしか聴けない、山名昇meetsコヤマシュウ presents、rebel radio program CDをプレゼント!


r_u_logo.gif【DATE】 2005/5/5(THU)
【TIME】OPEN / START 15:00~
【LINE-UP】
Live:
■Scoobie Do With Special Guest
http://www.jvcmusic.co.jp/scoobie/

■犬式(a.k.a.Dogggystyle) With Special Guest
http://www.dogggystyle.com
Special Guest Musician ; SOIL&"PIMP" SESSIONS Horns

■東京キャ☆バニー

DJs:
■山名昇(Blue Beat Bop!)
■森雅樹(EGO-WRAPPIN')
■池田正典(Mansfield)
■社長(SOIL&"PIMP" SESSIONS)
■元晴(SOIL&"PIMP" SESSIONS)
■三宅洋平(犬式a.k.a.Dogggystyle)
■敷島
■オカモト”Moby”タクヤ(Scoobie Do)

★Rebel Film Work菊地昇

★当日先着200名様にここでしか聴けない、山名昇meetsコヤマシュウ presents、rebel radio program CDをプレゼント!

【TICKET】
Adv: 3,000 yen / Door: 3,500 yen
※ドリンク代別途 500 yen
4月3日より大好評発売中!

ぴあ P-code197-198
ローソン L-code 38487
e+

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630


Scoobie Do
VICL-61588.jpgロックという様式、若者の現在、、、あらゆるものにREBELしてゆく存在としての革新的精神を受け継ぐFUNK on PUNK=Scoobie Do。SWINGIN' LONDONのオールナイターがそうであったようにリアリティを追い求め吐き出し、シーンをスゥイングしてゆく。
"SWINGIN' REBEL GROOVE"を掲げ、NEW ALBUM『PLUS ONE MORE』をリリースしたばかり。




犬式(a.k.a.Dogggystyle)
inu*web.jpgヴォーカル&ギターの三宅洋平、ギターの三根星太郎、ベースの石黒祥司、ドラムの柿沼和成の4人によるバンド「犬式(a.k.a.Dogggystyle)」。97年に開催された第1回フジロック・フェスティバル台風明けの2日目、元「THE CLASH」のジョー・ストラマーと三宅洋平の運命的な出会いを経て、初期衝動としてのロック/パンクの精神を今に残し、レゲエ・ダブのリズムを根幹に貪欲に食い尽くす雑食性のレベル・ミュージックを志し4匹の犬たちが集結。00年夏、フロントマン三宅洋平を中心にした現在の4ピースが整い、「Dogggystyle」として本格始動する。吉祥寺をホームタウンとする旺盛なライブ活動を展開し、02年2月、数々のヒップホップのエンジニア・ワークやDJ KENSEIとのユニット「INDOPEPSYCHICS」でも知られるエンジニアD.O.Iを迎えてのデビュー・マキシシングル『犬式』をインディーリリース。続く同年6月、2ndマキシシングル『飛魚』リリース。その後03年6月、初のミニアルバム『レゲミドリ』をビクターからメジャー・リリース。しかし彼らはメジャーレーベルの利益優先な商業性に閉塞感を抱き、旧来の音楽業界の常識に縛られない自主レーベルを模索した上、04年、ヴィンセント・ギャロの『バッファロー'66』『ブラウン・バニー』の配給・製作で知られるKINETIQUEのバックアップの元[provincia RECORDS(プロヴィンチア・レコ—ズ)]を設立。04年10月、[provincia RECORDS]設立第1弾となるシングル『月桃ディスコ』をリリース。約1年半ぶりの久々の復活作にして、ほぼノンプロモーションにも関わらず、この復活シングルは口コミレベルで広がってゆき、某外資系大型CDショップ等でもチャートを賑しスマッシュヒットを記録したそしてバンド名を「犬式」と正式に改名し、デビューから早3年、5月11日に満を辞して初のフルアルバム『LIFE IS BEATFULL』をリリースする。6月24日には新宿LOFTにて初のワンマンライブも控える。

SOIL&”PIMP”SESSIONS
soil.jpg2001年結成。ライブでのパフォーマンスを中心とした活動を身上とし、確かな演奏力とクールな雰囲気を漂わせながらもラフでエンターテイメントでパンクなバースト寸前の爆裂ジャズを展開。ニューアルバム「PIMP MASTER」絶賛発売中。FUJI ROCK FES.’05出演決定!



東京キャ☆バニー
cabany.jpgageHa・都内クラブに突然現れ踊りはvじめた7人の衝撃の女達
SEXY・STYLISH・FASHIONABLEな存在はジャンルを飛び越え
多くの人が<一目惚れ>している。
今年7月ビクターより1st DVDリリース決定!!

投稿者 unit_guest : 10:30 PM | コメント (0)

May 04, 2005

MIDIMILIZ JAPAN TOUR 2005
NON STANDARDS

LINE UP :
[B2F]Live : MIDIMILIZ (G+ Records/Wakyo Records/The Delta/GE), SINE6 (UNI/JP) 
DJ : ARNE (MIidimiliz/GE), FUNKY GONG with Guitar (Volcano/Joujouka/JP)、TAKAYA (Wakyo/77 Electro/Crosslink/JP) 
DECO & VJ : 石榴石 (Zakuro-stone/JP)
[B3F] DJ : KOTARO (Equinox/Ele-Jam), JIJI (Toyota), KAORI SATOH (Qube rec), P'N'O (LOCOISM)


midmiliz*web.jpg















【DATE】 2005/5/4 (WED/祝)
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】 Adv:4,000yen / Door:5,000yen
【LINE-UP】
[B2F]
Live :
MIDIMILIZ (G+ Records/Wakyo Records/The Delta/GE)
SINE6 (UNI/JP)
DJ :
ARNE (MIidimiliz/GE)
FUNKY GONG with Guitar (Volcano/Joujouka/JP)
TAKAYA (Wakyo/77 Electro/Crosslink/JP) 
DECO & VJ :
石榴石 (Zakuro-stone/JP)

[B3F]
DJ :
KOTARO (Equinox/Ele-Jam)
JIJI (Toyota)
KAORI SATOH (Qube rec)
P'N'O (LOCOISM)

【TICKET】
チケット発売開始 4/2

チケットぴあ 0570-02-9999 [P]198-412
ローソン0570-06-3003 [L]
>> store
[渋谷]
QUINTRIX DISC LOUNGE/03-6415-6678
CISCO HOUSE part.2/03-5459-0848
TECHNIQUE/03-5458-4143
[代官山]
UNICE/03-5459-8631
[新宿]
PSYCHEDELIC GARDEN/03-5925-2588

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630


MIDIMILIZ (G+ Records/Wakyo Records/The Delta/GE)
MIDIMILIZ.jpgMIDIMILIZはArne SchaffhausenとWayan Raabeの2人のドイツ人ユニットであり、別名義でSpirallianzでの活動やX-dreamのMarcus Michael との大人気プロジェクトThe Deltaのメンバーとしての活躍も広く知られている。これまで彼らはMidimiliz / Spirallianzとして4枚のアルバムと24枚のシングルをリリース、Midimilizとしては『ANTISTAT』(D.Drum/Novatekk)、『PASSAGE』(Boshkebeats Records/BBCD002)と2枚のアルバムを発表、テクノとトランスを見事に融合させた唯一無二のオリジナリティーとその斬新性が世界中で絶賛を浴び、いずれもサイケデリックテクノファンのマストアイテムとなっている。強烈なオリジナリティーで放つライブセットも絶大な人気を誇り、ここ日本でも数多くの来日ツアーをこなし、北米・アジア・ヨーロッパなど世界各国のオーディエンスを圧倒、伝説的なライブを世界中で披露してきた。また、同レーベルのA&Rを務めるARNEは、世界的にみても革新的なプロデューサーの一人であり、Downhill, Der Intepretといったダウンビートミュージックのプロデュースも手掛けている。またDJとしても世界各地で非常に高い評価を受けている。


MIDIMIL*2.jpg

投稿者 unit_guest : 11:49 PM | コメント (0)

May 03, 2005

SUBMERGE

LINE UP : OSAMU M / SPECIAL GUEST :LUKE FAIR


omote.jpg


【DATE】 2005/5/3(TUE)
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】 Door:3,000yen(With 1 Drink ) / with flyer 2,500yen (No Drink)

【LINE-UP】
OSAMU M
SPECIAL GUEST :LUKE FAIR

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630















「SUBMERGE」 (サヴマージ)
世界中で「プログレッシブ・ハウス」ブームが起こる中、OSAMU Mが独自のスタイルで最先端のハウスミュージックを表現する為に2001年4月にスタートしたパーティ「SUBMERGE」。オープニングパーティではSTEVE LAWLERを招聘し、すばらしい幕開けになり話題を呼んだ。5年間ロングランするこのパーティは国内外からの旬なゲスト、実験的なサウンドを取り入れ 日々新しいサウンドを探求するクラブフリーク・を刺激し、クラブシーンの一歩先を垣間見ることができる。

LUKE FAIR (from UK)
luke.jpg近年拡大するカナダのクラブミュージックシーンにおいて最前線にいるアーティストがLUKE FAIRだ。雑誌「DJMag Top 100」の中で、DANNY HOWELLS DEEP DISHといった大物DJ・プロデューサーに「未来のスター」と賞賛されたほどの実力を持つ。彼はほぼ毎週、世界の有数クラブやパーティなどに招聘され、ファンキーでテッキー、そしてエレクトロなハウスサ
ウンドを多くのクラバーへ与え続けてい る。彼の「サウンド」はグルーヴィーなテクノトラック~プログレッシヴやエレクトロをクロスオーヴァーするものだ。さまざまなトラックを自己流にエ ディットし自身の色に変える。その音への欲求は彼の音楽世界観へのこだわりが感じられる。Pacha(Buenos Aires),、Bedrock (London),、Red Light (Paris),、Spaceiami) 、Womb (Tokyo)のような世界有数クラブでメインアクトとしてプレイし、彼は彼自身のサウンドの魅力を世界中に広めた。ここ2,3年の間のオリジナルトラックはきわめて多様で,色々なジャンルを混ぜ合わせたサウンドになっている。ハウスからメロディックなプログレッシブサウンドまで幅広いトラックを生み出し、Sasha、David Morales , The Plump DJsといったあらゆるDJたちによってプレイされている。英国のラジオBBCRadio 1においてラジオDJであるPete Tongは 'Essential
Selection' shownonakade'にてLUKE FAIRの作品を幾度となくフューチャーしている。まさにこれから "NEXT"を象徴する旬なアーティストだ。


OSAMU M (SUBMERGE PRODUCTIONS)
osamum.jpgこれまで日本国内においてSASHA、JOHN DIGWEED、PAUL OAKENFOLD、DAVE SEAMAN、STEVE LAWLER、LEE BURRIDGE、SATOSHI TOMIIE、TIMO MAAS、CHRIS FORTIER等と共演。その実力を誰よりも評価するJOHN DIGWEEDに「オサムの実力は世界中から高い評価を得ている、正に注目すべき存在だ。」と賞賛され、彼のKISS100ラジオショー(UK)に3度 出演。さらに最近JOHN DIGWEEDと再び共演した同日に、何と全て自身の楽曲というセットで4度目のKISS100出演をし世界中で話題となった。また海外ツアーも頻繁に 行っており、これまでにロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、ルーマニア、スイス、中国などでプレイ。トラック制作も盛んで、WOMB RECORDINGSからリリースされた「MOON OVER / SHELTER」(BALANCE RECORD POOL CHART 4位)、「SMOKY FOREST」(BALANCE RECORD POOL CHART 5位)をはじめとする数々の楽曲は、SASHA、JOHN DIGWEED、DEEP DISH、HERNAN CATTANEO、STEVE LAWLER、SATOSHI TOMIIE、 CHRIS FORTIER、DESYN MASIELLOといった世界のトップDJ達に常にサポート/プレイされている。今後もALTERNATIVE ROUTE RECORDINGS(UK)やSWIFT RECORDS(GREECE)などのレーベルから数々のリリースを控えている。
http://www.osamum.com/

投稿者 unit_guest : 05:06 PM | コメント (0)

KLICK -HOLIDAY AFTERNOON-
@UNIT (DAIKANYAMA)

LINE UP (B2F UNIT) : LIVE : TIMEK / 曽我部恵一 / GROUP
DJ : HIROSHI WATANABE(KAITO / QUADRA / NITE SYSTEM / TREAD) / tkf(TIMEK)
LINE UP (B3F SALOON) : LIVE: ALL GIRL'S FOUNDATION
DJ: PEOPLE NOIZE CREW
PERFORMANCE ACT: ラストソングス


KLICKでは、ココロの奥に語りかけてくるようなやさしい音を奏でる、様々なシーンで活躍中のDJ、LIVE ARTISTを毎回ゲストに、従来のクラブ、ライブハウスシーンではありえなかった ジャンルレスなFREE SOUND CLUB EVENTを提案します。HOLIDAY AFTERNOONと言う時間的キーワードと、LIVEとDJとの音楽的共存、代官山UNITの特徴でもある「飲食と音楽を多目的に楽しむことが出来る」と言う空間的利点を、パフォーマーもオーディエンスも個々のスタイルで共有し、そして発信していきます。休日の午後に、ゆっくりいい音楽を...。


【DATE】 2005/5/3(THU/HOLIDAY)
【TIME】 OPEN/START 16:00
【CHARGE】 ADV ¥2,500 / DOOR ¥3,000 (ドリンク代別途)
※フライヤー/雑誌ぴあをお持ちの方は当日券料金から500円割引となります。
【LINE-UP】
LINE UP (B2F UNIT)
LIVE :
TIMEK
曽我部恵一
GROUP
DJ :
HIROSHI WATANABE (KAITO / QUADRA / NITE SYSTEM / TREAD)
tkf(TIMEK)

LINE UP (B3F SALOON)
LIVE: ALL GIRL'S FOUNDATION
DJ: PEOPLE NOIZE CREW
PERFORMANCE ACT: ラストソングス

【TICKET】
3/30 on sale!!

チケットぴあ 0570-02-9999 [P]197-217
ローソン0570-06-3003 [L]37918

>>>STORE
cafe UNICE

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630
TIMEK
曽我部恵一オフィシャルサイト
ROSE RECORDS オフィシャルサイト


















← Flyer Discount

左の画像をクリックすると拡大画像が現れます。プリントアウトして、イベント当日にお持ち頂いた方は割引価格にてご入場可能です。


TIMEK
TIMEK.jpgDJ/PRODUCER、tkfによるソロプロジェクト。ROCK、ELECTRONICA、DUB、AMBIENTなどの様々な音楽に宇宙に散りばめられたノイズをMIXし、バンドセットでのライブでは美しく、穏やかな叙情的エレクトロ音を、ループされる優しさのメッセージと共にココロの奥深く に解き放つ。またtkf(TIMEK)名義でのDJ PLAYでは、ゆるやかでDEEPな空間を創造し、DANIEL BELL、JEFF SAMUELなど世界観が共通するDJとの共演も果たす。最近ではVodafone、HITACHI PRIUS、花王AUBEなど数々のCMの楽曲制作を担当し、それと同時に様々なアーティストのリミックスワーク、自身がオーガナイズする代官山 UNITでのイベント「KLICK」、2005年春にリリースを予定しているオリジナル楽曲の制作などを行っている。

曽我部恵一
SpgabeKeiichi.jpg1971年8月26日生まれ。乙女座。AB型。'90年代よりサニーデイ·サービスとしてバンド活動後、2001年のクリスマスに同時多発テロを歌っ た「ギター」でソロ·デビュー。好きな食べ物はカレーライス。好きな音楽はエリック·サティからパンクまでと幅広い。2005年3月25日、DVD「無政府主義的恋愛」発売。










GROUP
GROUP.jpg2001年に、内田直之(ドライ&ヘビー)の録音&ミックスによる1stアルバム、『RECORD』(Weather/P-Vine)でデビューしたインストゥルメンタル·バンド、GROUP。2枚のソロ·アルバムも高い評価を得ているTAICHI(ds)、ユニークきわまりないジャンク·ポップ ·デュオ、KIRIHITOとしても活動するTAKEHISA(g)、そしてイゲ(g)、ハンチョー(tp)、イシカワ(b)の5人は、飲み屋で知り合い、ごく自然に一緒に演るようになったという。昨年7月には、前作に続いて内田直之の録音&ミックスによる、じつに3年ぶりの2ndアルバム、『Before Turning Off the Light』をリリース。叙情と緊張感が同居したエモーショナルなその音楽は、ライヴを重ねるごとに着実に中毒者を増やしている。


HIROSHI WATANABE (KAITO / QUADRA / NITE SYSTEM / TREAD)
HIROSHI WATANABE.jpg1971年東京、作曲家の父、ジャズピアニストの母の間に生まれる。1990年高校を卒業後渡米し、ボストンのバークリー音楽学院にてシンセサイザー を専攻。卒業後、94年秋から本格的にNYに拠点を移し、CLUB<SAVE THE ROBOTS> のレジデンスを経て、<TUNNEL><TWILO><SPEEED><MOTHER>などでもゲストDJとして活躍。 日本に帰国後はGACKT、松田聖子、パフィー、浜崎あゆみ,、PENICILLIN、工藤静香など数々のアーティストのリミックスを手掛け、いしだ壱成主演のTVドラマ「ピーチな関係」への楽曲を提供。最近ではグラフィックデザイナーの北原剛彦氏とプロダクション「norm」を立ち上げ、現在に至るまでに4枚のアルバムをリリース。同2001年にはドイツのレーベル”KOMPAKT”よりKAITO名義での作品を立続けに発表。更には音楽のフィールドを舞台音楽への世界へと広げ、ポエトリーリーディング『POEMIX』や『ハルシオン·デイズ』の楽曲制作などなど、様々な表現で精力的に挑み、さらなる展開を見せている。

投稿者 unit_guest : 03:06 PM | コメント (0)

May 02, 2005

PUBLIC IMAGE

LINE UP :
[B2F]DJ: MOODMAN / Crystal(traks boys) / Monolith (Miston/ZEFR/NWBA) LIVE:Shiro The Goodman & Illreme / Kiiiiiii / サイプレス上野とロベルト吉野 and more!!
VJ: Yuichi Kodama (Quickpop) / fancy pink net
LIVE PAINT: バージントライハード
[B3F]DJ: 梅川良満 / MAGDRON(M.A.G.M.A) / Why Sheep? / 阿部周平(JAYPEG) and more!!


public*web.jpg














【DATE】 2005/5/2(MON)
【TIME】 OPEN/START 22:00
【CHARGE】 Adv:2,500yen / Door:3,000yen
【LINE-UP】
■main floor
DJ:
MOODMAN 
Crystal(Traks Boys) 
Monolith (Miston/ZEFR/NWBA)
LIVE:
Kiiiiiii
Shiro The Goodman & Illreme
サイプレス上野とロベルト吉野 and more!!
VJ:
Yuichi Kodama(QUICKPOP)
fancy pink net

■saloon floor
DJ:
梅川良満
MAGDRON(M.A.G.M.A)
Why Sheep?
阿部周平(JAYPEG) and more
LIVE PAINT:
バージントライハード

【TICKET】
チケット発売開始 3/25

チケットぴあ 0570-02-9999 [P]198-048
ローソン0570-06-3003 [L]
E+

>> store
Los Apson?
CISCO TECHNO
CISCO ALTA
TECHNIQUE
JET SET 下北沢店
UNICE

【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630


  MOODMAN mood*web.jpgDJ。80年代末より活動開始。ダブ、ハウスを中心にさまざまなダンスミュージックをプレイ。現在は、高橋透氏、宇川直宏氏と組んだ を筆頭に、@恵比寿LIQUIDROOM、@青山MANIAC LOVEなど、都内の数々の刺激的なパーティーにてレジデントをつとめる。シーナ&ロケッツ、グレート3、フライング・リズムスなど、リミックスも多 数。ミュージックマガジンをはじめ、執筆も多数。










Crystal(Traks Boys)  crystal*web02.jpgレーベルallnightthingから自身の作品『Kiss In The Bathtub EP』を発表後、MILK、WOMB、GRASSROOTSなど都内各所での活発なDJ活動を開始。2004年からスタートした日本産ソウル/ファンク/ディスコ/テクノだけで構成されたDJ Mixシリーズ『Made In Japan Classics』も好評。トラックメイカーとしては、k404との「Traks Boys」として東高円寺Grass Roots『Dub Session Vol.2』に『Aquarius』を提供。allnightthingのレーベルメイト、レッキンクルー2ndアルバム『NEW』にも『Hardy』を提供している。2004年には日本産ディスコダブ新世代のアルバムとして注目を集めたLatin Quarter『Light House』収録の『Gregory Harris』をLatin Quarter feat. Traks Boysとして共作している。


Monolith (Miston/ZEFR/NWBA)
Miston主宰。2001年にコンピレーション発表後、フリーフォームなダンスミュージックを探究するイベント『TAO』のオーガナイズを始め、主に恵比寿MilkやGRASS ROOTSに山塚アイやマイティ・マサ、Riow Arai、DJ Kentaro、宇川直宏等多彩なゲストをDJ的に構成しを招き自らもレジデントDJを務める。Daisy World、360°records等より作品をリリースするmiroqueが主宰するレーベル、cachamaiより音響的なアルバム"highpenguin from outerspace"を発表した。またライターとしてMassage、REMIX等に執筆。先日ターンテーブリストTAPSとのユニットZEFRのMIX CDをSkratch.jpと共同でリリース。

Kiiiiiii ki.jpg
『アメリカのTVドラマ「フルハウス」に影響を受けた、ふたりぼっちのアメリカン高校生風味カインドオブプログレプロムパーティー系ガールズパンクバンド。(もしくはスクラッチしない放課後のおしゃべりヒップホップユニット、もしくはエアギターと妄想でできたハードロックバンド。しかも稀にど根性テ クノ。)幼なじみのu.t(Vo.)とLakin'(Dr.)により2002年結成。息継ぎのポイントが難しい3080年型ジェットコースターライブ(曲は異常に短い)には音楽と芸術の未来を真剣に憂うお客が答えを求めて超ごった返し中。水戸芸術館、HIROMI YOSHII GALLERYなどアートスペースでの演奏も多数。東京在住。Dr.のLakin'による降霊系ラブリードローイングも楽しめるweb siteはこちら→http://www.texte.co.jp/kiiii.html』

SHIRO THE GOODMAN (ROMZ/HONCHO SOUND)
shiro*web.jpgshiro*web02.jpg






レゲエが縦軸〜(中略)が横軸のオール・イン・ザ・ミックスなオリジナルDJ。また、インディペンデント・レーベル[ROMZ]のレーベル・プロデューサーであり、Remix、Quick Japan誌などで執筆活動もおこなっている。
ROMZ











Illreme
illreme*web.jpg唯一無二のキャラクター、そしてその独特のポップな感覚が炸裂したトラックやライムを武器に、地元・大阪、京都、そして東京のライブハウス、クラブをジャックし続けている鬼才MC/トラックメーカー! 大阪・高槻市出身のラッパー 現在28歳。2000年 日本音楽業界を震撼させるデビューアルバム『イるreメ短編座』(イるreメ CD001)を発表。 2001年 ビョークのプロデュース・ワークでも世界的に著名であるUKテクノの雄、 HARBERT(マシュー・ハーバート)のユニット RADIOBOY のアルバムに参加。2002年 ジャパニーズ・ヒップ・ホップを初期から支えてきたアーティスト/ラッ パー、ECDに認められアルバム『シーズンオフ』に客演で参加。また名作と誉れ高い アルバム『Quex』(SPCD003)をリリース。riow arai(soup-disk)Yabemilk (Childisc)マジアレ太カヒロ(from スマーフ男組)など豪華アーティストの参加 も大きな話題に。この頃より、イルリメの強烈な存在感はコアなヒップ・ホップ・ ファンの間のみならず、サブカルチャー周辺にも衝撃を与え雑誌『QUICK JAPAN』 誌、『STUDIOVOICE』誌、等の雑誌で特集される。同年、岡村靖幸トリビュートアルバム『Tribute to Yasuyuki Okamura』(bounce-0040)へも参加。そして大阪の有名ストリートカルチャーマガジン『カジカジ』誌から、2002年度最も活躍した新人アー ティストに選ばれた。2003年 ミニ・アルバム『流星より愛を込めて』(SPCD005)を発表。さらに2枚組の フルアルバム『鴎インザハウス』も発表。Moodman、Speedometer、二階堂和美、riow arai、レイハラカミ、朝日美穂、ニルギ リス、ツジコノリコ、ECD…など濃すぎる面々との広い交流を経て繰り広げ てきたアイディアを凝縮させ、 ついに2004年11月17日、ニューアルバム「www.illreme.com」を発表する。





MAGDRON(M.A.G.M.A)
nwba*web.jpg
1999年にエレクトロ解釈の絵を描きはじめ、2001年ロンドンのカルチャー誌"The illustrated ape"Japan issueの表紙を飾る。2003年PROSPERとSTYLESのフォトブックで映画"WILDSTYLE"の監督チャーリー・エイハンにフォシュー ティングされる。2004年DAZED & CONFUSED JAPANイラストレータ特集に掲載される。今後はDIESELが発信するロンドンのアートエージェント"Pocko"よりミニ作品集を刊行予定。また エレクトロブギーバンド"M.A.G.M.A"としてもDeeJayやLIVEで精力的にラッコーン中。
MAGDRON





Why Sheep?
'96年にファースト・アルバム"Sampling Concerto No.1"を発表後、世界各国を放浪。'03年9月に7年振りのセカンド・アルバム『The Myth And i』を"THIRD-EAR"よりリリースした。(HYPERBOREANについて)語意は「北方に住み春を待ちわびる人」だが直訳すれば「超退屈してる人」。同じくHYPERBOREANも倦怠感に苛まれながらも音楽を信じる者。彼は模倣や追従を嫌い自ら愛する音を探し続ける。耳を傾けながら心を閉ざすもの達ではなく、心の耳を傾ける者へ音楽を届けるべく。

投稿者 unit_guest : 08:49 PM | コメント (0)

May 01, 2005

PLAY

LIVE: rockboys//feat.KZ sax DANCE: Special unit(LU+YWKI+NABE+SATSU+CHAKO) / Black D.O.G.S / 無名 / SUPER FLY / 露魅悪
DJ : DJ KAZU(La melomania)/ DJ WAKA / RECOMMENDO GIRL / HALOON / CHICHI

B3 attend by JAMMIN'


【DATE】 2005/5/01(SAT)
【TIME】 OPEN/START 24:00
【CHARGE】 Adv:2,500yen (with 1D) / Door:3,500yen (with 1D)
【LINE-UP】
■LIVE:
rockboys//feat.KZ sax
■DANCE:
Black D.O.G.S
無名
SUPER FLY
露魅悪
Special unit(LU+YWKI+NABE+SATSU+CHAKO)
■DJ:
DJ KAZU(La melomania)
DJ WAKA
RECOMMENDO GIRL
HALOON
CHICHI

B3 attend by JAMMIN'

【TICKET】
チケット発売開始4/5 発売開始!!

チケットぴあ 0570-02-9999 [P]198-811
ローソン0570-06-3003 [L]
CNプレイガイド 03-5802-9999
E+

>> store


【INFORMATION】
UNIT 03-5459-8630

http://k.excite.co.jp/hp/u/play01

投稿者 unit_guest : 07:31 PM | コメント (0)