Club Event

2018.02.16 FRI
MOVEMENTS ONENESS MEETING
縄文と弥生 JOMON & YAYOI

LINE UP:
UNICE

LIVE:COMA-CHI / くふき / KENJI IKEGAMI

DJ: YAMA a.k.a. SAHIB / ZEN RYDAZ(MACKA-CHIN + MaL + JUZU a.k.a. MOOCHY) / YO.AN(Hole and Holland)/ SEI(bar bonobo) / 石井(誤解)…and more

トークセッション
永山愛樹(TURTLE ISLAND,ALKODO)× ヤミラ(お菓子作り考古学者)× JUZU a.k.a. MOOCHY …and more


UNIT

LIVE: ALKDO (TURTLE ISLAND ACOUSTIC) / SOFT meets 東京月桃三味線

DJ:EYE / HIGHTIME INC.( DJ TASAKA + JUZU a.k.a. MOOCHY) / MAMABRAZIL (HoboBrazil + Mamazu)

LIVE PAINT: 南出直之(NANDE)
INFORMATION:
OPEN : 20:00
START : 20:00

CHARGE :
ADV 3,000yen / DOOR 4,000yen (ドリンク代別)
※ 再入場禁止
※ 未成年者の入場不可・要顔写真付きID
※ 仮装・民族衣装のお客様、前売り料金で入場可!

TICKET : 1/20(SAT) on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P] 106-312
ローソン 0570-084-003 [L] : 70377
e+
RA

INFO : 代官山UNIT : 03-5459-8630

WEB : ONENESS MEETING OFFICIAL WEBSITE

MOVEMENTS ONENESS MEETING 縄文と弥生 JOMON & YAYOI
縄文から弥生へ。
新しい価値観を受け入れながらも 失われなかったこの土地の精神。
アイディアを呼び覚ます、 一夜限りの音楽フェスティバル


カムイノミに餅つき、黒曜石で鮭解体…
ルーツと世界につながる様々な音が交差する
旧暦新年・新月のまつりの夜


まもなく終わる平成。
この転換期に考えたいのは、 ほかでもない「縄文と弥生」のこと。
この日本列島で最初に暮らした縄文人が残したのは、 自然と共生する知恵や、マツリを愛する心。
たとえ、米のおいしさに目覚めても、 よいものは姿や形を変えて、現代に受け継がれている。
そんな失われない文化に今一度目を向けてみたい。
ひとつではない目的、生き方、多様性。
時代が移り変わる今、この瞬間を 音楽やイメージ、言葉の力で楽しもう!
旧暦新年の日に。

OTHER INFORMATION

くふき(Kufuki)
やおよろずの音楽に影響をうけて"いま"の音楽を創作する肉体派音響バンド。日本の伝統を推し進めた電子舞踊の世界はまさに大迫力の一語。ドイツ、イギリス、ポルトガルからアルゼンチン、コロンビア・チリまで海外での評価も高く、2013年には韓国、2014年にはヨーロッパと、海外ツアーも積極的に行っている。旬の音楽家を集めた一大イベント"くふきの大豊年祭"(六本木SuperDeluxe)、実験ダンスパーティ"animal"(神宮前bonobo)等、イベントも精力的に開催。6年ぶりの新譜となる"どどめe.p."は2018年初頭英国Les Editions Japonaisより、そして映画『バンコクナイツ』トリビュート盤となるEPがEM RECORDSより2018年1月発売。

http://kufuki.jp/
https://www.facebook.com/kufuki

ライブ動画
https://www.youtube.com/watch?v=t84NjQ3nhaQ
20800156_914001668725171_2217367667112182103_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

MAMAZU
HOLE AND HOLLAND所属。90年代中期頃からDJとして活動を始める。今は無きclub青山MIXの洗礼を浴び音と人、空間に触発され多種多様な音を吸収。 小箱から大箱、野外まで独自の視点で形成される有機的なプレイを続け、今を踊らせる。 トラック制作では幾つかのSkateDVDに楽曲を提供。2011年HOLE AND HOLLANDから発売したV.A『RIDE MUSIC』の収録曲「ANTENA」では、日本が宇宙に誇るALTZにもPLAYされ、 BOREDOMSのEYヨもMETAMORPHOSE 2012 でPLAYし、REDBULL主宰の RBMA RADIO にて公開され大きな話題となる。 2012/5月には『RIDE MUSIC』から待望のアナログ・カット、 MAMAZU - ANTENA - YO.AN EP EDITをリリース。 2013年は自身初となるMIXCD『BREATH』をリリースした。またアパレルブランドSON OF THE CHEESEやJournal StandardにもMIXを提供。 BLACKSHEEPのCOGEE . SUNGAとのライブユニット『DELTA THREE』ではSYNTHやSEを担当し、2枚のコンピレーションに楽曲を提供した。

Mamazu started to DJ since middle of the 90’. He is a part of label called “Hole and Holland” which is established by people from Tokyo. His dj style has inspired a lot by diversity of sounds, people, and atmosphere at Club Aoyama MIX (closed) at the beginning of his dj life. He plays music with his own senses with an established reputation from people a bars, big clubs and outdoor festival in Japan. In making music, he provided some songs to Skateboard DVDs. In 2011, Hole and Holland released compilation album “RIDE MUSIC”, and Mamazu made the song “ANTENA” for this and it was played a lot by japanese famous djs. In 2012, This song was released as 12inch Vinyl.In 2013, He released his own MIX CD “BREATH” for the first time. After that, He also provided his own MIX CD for clothing brand “SON OF THE CHEESE” and “JOURNAL STANDARD”.Moreover, He has another group “DELTA THREE” (with COGEE and SUNGA from BLACKSHEEP)for the LIVE show. He took charge of SYNTH and Sound Effect. They provided songs to 2 compilation albums. In 2017, He made remix with HOBO BRAZIL for “COUNTER POINT REMIX” released by J.A.K.A.M aka Moochy. This song “NILE” was introduced on the radio show called “RINSE FRANCE”. Recently, He is getting known by people all over the world.Also, He is working as a graphic designer too.

http://hole-and-holland.com
http://mamazu.tumblr.com
https://soundcloud.com/mamazu

★HOBOBRAZIL
十代から海外放浪を続けた経験から、posivision、Spectator、Balance等の雑誌に寄稿すると同時に、野外フェスやパーティーの裏方としても精力的に活動。 裏原宿の奇天烈bar bonoboの盛り上げ役もオープンから担当すると同時に、小学生から集めてきたレコードを駆使してDJ活動も開始。 これはと思ったものをジャンルレスに奏でていく雑食DJを地味に追求中。2016年、Hole and Holland recordingsよりmix cd " Yellow " をリリース。

DJ/Writer. Drawing from experiences wandering the world since his teens, HOBOBRAZIL writes articles for magazines such as Posivision, Spectator and Balance, whilst actively contributing to festivals and the outdoor party scene. He has been working as the resident life of the party for Bar Bonobo in Ura-Harajuku since its inception, DJing with vinyl he’s amassed since elementary school. HOBOBRAZIL spins any sound from a free genre collection- committed to the path of a melodious omnivore.The first mix cd " Yellow " was released last summer from Hole And Holland Recordings.
%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

SOFT
93年京都にて結成。
当初はプログレ、ハードコア、ノイズ等の影響をうけライブハウスを中心に活動。
この頃1st.アルバム、12inchをリリース
97年頃から、 テクノをはじめとしたダンスミュージックの洗礼をうけ、当時DJ中心であった野外レイブや、アンダーグラウンドパーティーで生演奏を行い、新たなシーンを牽引。 活動の場をシフトしていった。またこの頃より、野外パーティーを中心に国内各地をツアーで回り始め現在にも繋がるアンダーグラウンドネットワークを形成していった。
ダブ、ハウス、ヒップホップ、ファンク、ジャズ、アフロ、 ラテンetc.と雑食性を増しながら、現在も新たな刺激を獲得すべく、日々邁進中。
これまでに7枚のアルバムと1枚のリミックスアルバム、 2枚のライブアルバムをリリース。2度のアメリカツアーを経験。日本中のアンダーグラウンドシーンとリンクし、その交遊関係、活動の場は、ジャンル、世代を超え多岐にわたる。
http://www.softribe.jp/

SOFT westcott house garden(LIVE動画)
https://youtu.be/7de9Nq3Srs8
26815464_914541425337862_1723733682329340554_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

東京月桃三味線
三味線奏者、音楽家。
2008年、日本の風土に根差した土着的な音楽を志し、東京を拠点に活動を開始する。

2012年、活動拠点を京都に移し、比叡山山麓にて自然に寄り沿い四季折々の機微を感じながら、自給農を通じて土と向き合う生活を創作活動の基盤とする。

2013年、津軽三味線の第一人者である初代高橋竹山の高弟、高橋栄山に師事し竹山流津軽三味線を修得。
先達の魂の結晶ともいえる様々な伝統文化、芸術、信仰を介して、失われつつある土着の精神文化や美意識を学び糧としている。

国内外の様々な舞台、神社仏閣、路上、自然の中などで幅広く演奏活動を展開し、様々な音楽家や芸術家との共演、親交を重ね、現代に息づく独自の三味線音楽を創造している。
http://tokyo-ghetto-shamisen.com
27067023_915333695258635_4789386339500112295_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

HIGHTIME Inc.
= DJ TASAKA + JUZU a.k.a. MOOCHY

10代からの友人であり、現在までそれぞれのフィールドを築きながらも、時折その活動をクロスさせてきた二人の、長年の交流から育まれた、超オリジナルなダンスミュージックユニット。
『お互いがDJでプレイできるトラックとはどんなものか?』をテーマに紡ぎ出す楽曲は、それぞれの音楽キャリア
(HIPHOP,HOUSE,TECHNO,JUNGLE ,WORLD MUSIC etc)が高密度に凝縮されながらも、根源的なダンスフロアへの情熱として色鮮やかに爆発する。それらの楽曲を駆使しながら新たに創出するライブDJもまた、それぞれの雑多なセンスが絶妙にブレンドされた唯一無二のダンスミュージックとして放出される。

http://www.nxs.jp/label_content/koko-0050.html
27073382_915426925249312_7342687951148358258_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

ALKDO/アルコド
✳︎永山愛樹/唄、ギター、大三弦(支那三味線)(TURTLE ISLAND)
✳︎竹舞/唄、太鼓、ウクレレ、ンゴ二(アフリカの琴)(TURTLE ISLAND)
✳︎篠田智仁/BASS(T字路s、COOL WISE MAN、TURTLE ISLAND)
✳︎世界丈司/ジャンベ、あたり鉦、タマ、シェイカー(TURTLE ISLAND)

愛知県豊田市を拠点に国内外で活動する極東八百万サウンド、純東洋産ズンドコ楽隊”タートルアイランド”のフロントマン永山愛樹と竹舞のアコースティック最小編成。基本は2人だが、1+1が2人以上になるのがALKDO。その都度時々状況に応じ各地でメンバーが加わり形を変えることもあり。タートルアイランドの楽曲アコースティック版から、韓国、日本、モンゴルなど主にアジア各国の民謡なども独自の解釈で演奏する。”アル”はハングルで「剥き出しの〜」コドは「亀島(タートルアイランド)」の意。
今回は、ベースにT字路s、COOL WISE MANでタートルアイランドにも在籍参加している篠田智仁、タートルアイランドのper&ダンサーの世界丈司が参加の4人編成でのライブになります。

http://www.turtleisland.jp/
27336641_916080325183972_4616323723525448551_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

EYヨ
80年代中期にボアダムスを結成。ソニック・ユースとの共演をきっかけに米国に進出、世界的なアンダーグラウンド・シーンに影響を与える。以降現在まで、ボアダムスの中心メンバーとして実験的なパフォーマンスを展開、2007年にはニューヨークで77名のドラマーとともに「77 BOA DRUM」を開催。ヴィジュアル・アーティストとして、BECKの『Midnite Vultures』(1999年)のジャケット・イラスト制作で知られるほか、『NANOO』(1996年)、『ONGALOO』(2006年)などの画集を出版、P.S.1など世界各地の展覧会にも参加。平行して90年中期よりDJ活動をスタート。

■イベントページ
https://www.facebook.com/events/173165593452360/
27067243_916773248448013_449653356731682594_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

COMA-CHI
聴く者の魂を揺さぶり、太陽のように溢れ出すエネルギーで人々を照らす、力強いラップと歌。 HIPHOP,R&B,FUNK,JAZZ...といったブラックミュージックに影響を受けた濃厚なグルーヴ感と熱いパッションが、COMA-CHIの音楽には詰まっている。

中学時代よりボーカリストとして音楽活動を開始。15歳でHIPHOPと出会い、“ラップ”という表現方法を身につけるとその噂は瞬く間にJAPANESE HIPHOP界に広がり、RHYMESTERやZEEBRA、加藤ミリヤなど錚々たる面々からの客演オファーが殺到した。
B-BOY PARK MCバトルで女性至上唯一のファイナリストの功績を残し、日本語ラップ界のNo.1女性MCとの賞賛を受けたそのラップの技術は、誰の耳にも確かだ。

しかしそれだけには止まらず、アルバム「RED NAKED」でメジャーデビューを果たすと、その類い稀な歌唱力やファッション性にも話題が集まる。
さらに近年ではメジャーを離脱し、より自己に忠実な表現を行なうために自らのレーベル/マネジメント「Queen's room」を設立。
生バンドのサウンドを主体とした楽曲を基調にした、「太陽を呼ぶ少年」「GOLDEN SOURCE」といったアルバムや、自らの活動10周年を記念したベスト盤的コンピアルバム「C-10」など多彩な作品をリリース。
また、ジャマイカのレゲエオリジネーターsly&robbieのグラミーノミネート作品や、オーストラリアの重鎮プロデューサーplutonic labの作品にフィーチャーされるなど、その存在は世界に広がりつつある。

HP:http://www.queens-room.com
twitter/instagram: @coma_chi
27072999_919003068225031_5187591262073553750_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

ZEN RYDAZ
NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのMACKA-CHIN、PART2STYLEのMaL、JUZU a.k.a. MOOCHY ことJ.A.K.A.M.

それぞれのフィールドで長年活動し生き抜いてきた同年代の強者かつ個性派3人が、2018年満を持してZEN RYDAZを結成。
J.A.K.A.M.が主宰するワールドミュージック・パーティ"MOMENTOS"の渋谷での開催を機にメインDJとして集まった3人、そこで培われたそれぞれの世界観、感性、スキルを結集し、バウンシーでドープ、自由な発想と飽くなき音楽魂を禅flavaに乗せ、アジア発のライダーが音を発進/発信。
今年には早々アルバムをリリース予定。
このONENESS MEETINGが本邦初披露となる。
27332371_921913174600687_679647808216473706_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

櫻井響 / SAKURAI KYO
民族音楽から電子音楽まで、さまざまな声と音をループしながらミックスし、新しくジャンルレスな音楽を創造するオルタナティブなビートボクサー。
自然の中の音に最もインスピレーションを受け、自身のピュアなインナーコズミックを通してアレンジされた音は、聞く人それぞれのナチュラルな感覚を呼び起こす。
全国各地のアンダーグラウンドパーティをギグして回るライフベースに加え、大型フェスへの出演、ハイファッションブランドのレセプションパーティでのショーや、CMへのオリジナルビート提供など、様々な需要に柔軟な表現で応え、自身の音楽の可能性を広げている。
また子供と一緒に声を使ったワークショップを行うなど、子供の自由の感性を開く機会にも精力的に取り組む。
近年は、ロサンゼルス、ニューヨーク、ベルリン、オーストラリア、東南アジアでのツアーを行い、その地で巡り合うアーティストと繰り広げる血の通ったセッション体験は現地の空気や景色とともに、彼のエモーショナルなセンスの一部になっている。
ビートボックスから編集までを手がけた作品「TRAVELLER」、12inchレコード「Bali moon」、 最近では「I'm Still in Love with You」Alton Ellis のビートボクスカバー7inch をリリースし即完売。

Kyo Sakurai is an alternative beatboxer/voice musician. He creates new sounds, mixing ethnic instrument sounds, electric sounds and sounds of nature. He plays all kinds of dance music, including hiphop, brazilian, ethnic, jazz, reggae, dub and house. He plays in the underground music scene, at festivals and makes sounds for TV commercials and fashion shows. He is inspired mostly by nature sounds. His sound let's people realize their own natural sense.
He had succeeded tour in Los Angeles, New York, Berlin and Melbourne these days and he is willing to meet more underground scene and new music lovers in the world.

http://kyosakurai.tumblr.com/
27459386_922354977889840_7805864732325043052_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

GoRo
86年からタイの島を中心に楽器を製作し売りながらアジア各地を5年間放浪する。大自然の波動を音に変換する事を目指す。ディジュリドウ、カリンバ、ホーミー,口琴など,各地の民族楽器を独自のスタイルで奏でる。その音は、アコースティックながら,電子音的な面も持ち、世代,ジャンルを超えアンダーグランドからメジャーにまで幅広く支持される。10年間続くGocooヨーロッパ ツアーではブーム フェステイバルをはじめ数万人規模のイベントに150本以上出演。幼稚園、老人ホーム 障害者イベント、ルイビトンなどの企業イベント、ファッションショーなどでも演奏する。近況はサカナクションのゲストとしてアリーナツアーに動向する。ジャングルから始まり,ストリートより発信された、そのスタイルは唯一無二である。
27331926_922355021223169_2300072508255914323_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

KORA SUGI
2007年に太鼓とダンスを習う為に渡った西アフリカギニアにてコラ奏者 モハメド クヤテに出会い その伝統的な奏法の他にロックやジャズの要素を取り入れた斬新なスタイルに衝撃を受けコラを 始める。最近は伝統的な曲の奥深さも再認識し、西アフリカの様々な地域のコラのスタイルを研究中。
27336617_922355077889830_4003664936466955141_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

Yama a.k.a. sahib
85年、イギリスに渡りクラブ文化に触れ帰国後DJを始める。
91年、DJユニットJAZZBROTHERSを結成。
クラブ青山blueをクラブジャズの第一人者U.F.Oと共にプロデュース。
98年、ハンブルグ・ジャズ・フェスティバルに近藤等則と共に出演。’
99年にはユニット FREEMANをスタート、レーベルAUDIO SUTRAを始める。
楽曲MY DEAR MASTERSをフランス[GeorgeV]よりリリースされた『BuddhaBar3』にライセンスし世界的に支持を受ける。
2000年インド、バンガロールで行われたダライ・ラマ14世が提唱する”世界聖なる音楽祭”に出演。
その後もオープンマインドでヴァーサタイルな活動を続け多くのミュージシャンと共演。
共演者には近藤等則を中心にBill Laswell、Jah Wobble、John Zorn、石間秀機、山木秀夫、坂田明、清水靖晃、桑原茂一、中村照夫、森園勝敏、伊藤公朗、北京一、山中千尋、小滝みつる、ホッピー神山、中村達也、山塚EYE、仲野茂 、三宅洋平、DJ Disk等とのセッションに参加。
2006年TEAM☆LABがプローデュースするスヌーピー ライフデザイン展 Happiness is THE 55th ANNIVERSARYの作品『花紅』の音楽を担当。
イギリス[Soul Jazz record]よりJBP名義で日本人初の楽曲をリリース。
2014年レーベル Hot Buttered Recordを亀井達也とともにスタート。
同年Hot Buttered Clubを渋谷にオープン。
27337150_923760394415965_8077958409735123853_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

SEI
ジャンルを横断することだけがまだ残ってしまった唯一の拘りのスーパーフリースタイルギャンブルDJ 神宮前bar bonobo店主

http://bonobo.jp/
27654730_924369434355061_8866759977313330576_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

YO.AN (HOLE AND HOLLAND)
2009年に1stアルバムをHOLE AND HOLLANDよりリリース。2011年に発売されたV.A『RIDE MUSIC』では自身の楽曲の他にYOKOYOKO、MamazuのEDITを手掛け、いずれもBOREDOMSのEYEなど多数のDJによってプレイされる。2016年に待望のソロ名義では初となる12inch『GNAH EP』をリリース。2017年には『EVISEN DVD』のサウンドトラックのプロデュースや『J.A.K.A.M. - COUNTER POINT RMX』へREMIXを提供し、2018年2月に12inch『COUNTER POINT RMX EP.2』がリリースされる。SONY、NORTHFACE、NYLONをはじめとする様々な映像作品のサウンドトラックも制作し、DJとしては都内を拠点にフェスティバルや来日アーティストのサポート、Bar、レセプション会場など各地の現場でプレイしている。

www.hole-and-holland.com http://yoanmusic.tumblr.com/
27657296_925010137624324_632316776590240662_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

KENJI IKEGAMI
自ら山に入り製作されるオリジナル楽器(地無し尺八)とアナログシンセによる即興ドローンミュージック。原始的で有機的な音は骨の髄まで響く。2011年 PROCEPTIONより1stアルバム『SILENCE MIND』リリース。

http://www.nxs.jp/artist

http://www.nxs.jp/label_content/PCTN-0015.html

https://m.youtube.com/watch?v=m1iC4CFz_EI
27544722_925650227560315_8195722450132160449_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg