live Event

2017.11.28 TUE
Gabriel
Garzón
Montano

LINE UP:
Gabriel Garzón-Montano
INFORMATION:
OPEN : 18:15
START : 19:00
CHARGE :
ADV. 6,000yen (税込/別途1D)
*未就学児入場不可


TICKET:
LIVE NATION JAPAN先行:
2017.8.23(wed)〜8.25(fri)
https://www.livenation.co.jp/
ぴあプリセール:
2017.8.26(sat)〜9.1(fri)
その他先行:
2017.9.2(sat)〜
一般発売:
2017.9.16(SAT) ON SALE:

INFO :
Live Nation Japan
(e-mail: info@livenation.co.jp)

企画・制作・招聘: Live Nation Japan
NY出身のR&B、ネオソウル・アーティスト、ガブリエル・ガルゾン・モンターノ初単独来日公演!
ドレイクの楽曲「If You're Reading This, It's Too Late」でガブリエルの楽曲「6 8」がサンプリングされ、レニー・クラヴィッツのヨーロッパ公演サポート・アクトを務めるなど、新たな才能が魅せる注目のパフォーマンス!







OTHER INFORMATION
Gabriel Garzón-Montano
フランス、コロンビア移民の両親の元に生まれ、NYのブルックリンで育ったガブリエル・ガルゾン・モンターノ。母親は90年代にフィリップ・グラス・アンサンブルのメンバーであり、「母の存在があったから音楽を好きになった。」と語るほど、音楽的な側面からガブリエルに与えた影響は大きい。
2014年に『Bishouné: Alma del Huila』をリリースすると、レニー・クラヴィッツのヨーロッパ・ツアーのサポートとして抜擢。また、英ウェンブリー・アリーナでの公演翌日には、彼の楽曲「6 8」がドレークの「If You're Reading This, It's Too Late」でサンプリングされるという報せを受ける。その数か月後にガブリエルは、Bonnaroo、Lollapalooza、そしてAustin City Limitsへの出演を果たし、UKインディー・ロック・バンド、グラス・アニマルズ、自身が所属するレーベルStone Throwのレーベル・メイト、メイヤー・ホーソーンと共に次々とツアーに繰り出した。
2016年、ガブリエルは新作『Jardín』をレコーディングするためヘンリー・ヒルシュと共にスタジオに入った。マルチ・インストゥルメンタリストである彼は、ドラム、ベース、ギター、シンセサイザー全てを自ら演奏しアナログ・テープに録音。更には、パーカッション、プログラミングや、幾重にも重なるボーカルもひとりでこなした。新作についてガブリエルは、「人生がいかに美しく、そして人の心がどんなに繊細なものか、というのを皆に感じ取ってもらえるような楽曲作りを目指した。」と語っている。