Club Event

2017.10.14 SAT
CHANNEL ONE
MIKEY DREAD at the controls and RAS KAYLEB
LINE UP:
CHANNEL ONE
INFORMATION:
OPEN : 24:00
START : 24:30

CHARGE :
Adv 3,300yen / Door 3,800yen
※ 未成年者の入場不可・要顔写真付きID
※ 再入場不可

TICKET : 9/9(SAT) on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P] 344-746
ローソン 0570-084-003 [L] 74603
e+
clubberia TICKET



INFO : 代官山UNIT 03-5459-8630

WEB :
Channel One Sound System OFFICIAL PAGE
CHANNEL ONE in JAPAN Events PAGE
世界中の音楽ファンに愛され続け、UKレゲエ・ダブミュージックのシーンを40年近く牽引してきたChannel One Sound (Mikey Dread & Ras Kayleb) が待望の初来日!
世界中の音楽ファンに愛され続け、UKレゲエ・ダブミュージックのシーンを40年近く牽引してきたChannel One Sound (Mikey Dread & Ras Kayleb) が待望の初来日!
東京公演は10月14日(土) に代官山Unit、10月15日には福岡 The Dark Roomにて2ヶ所限定のプレミアムなジャパンツアーが行われる。
Channel Oneはその場にいる観客の全てを独自のヴァイブスで包み込み、ポジティブなメッセージと共にレゲエミュージックの醍醐味を堪能させてくれる。
2ヶ所の特別な公演、見逃し厳禁!!!!




OTHER INFORMATION
Channel One Sound System
1979年、Mikey Dreadと兄弟のJah Tは、ブルースパーティーやローカルダンスでプレイ始め、有名なAdmiral Bailey Soundのオーナーである父親の下で長年過ごした。
Channel Oneという名前は、彼らの初期の選曲に大きな影響を与えた伝説のジャマイカのレコードレーベルへの敬意を込め同名を選んだ。レゲエを通して人々を結束させるというBob Marleyの信念に触発され、Mikeyは多くの人にダブ・レゲエミュージックを広めたいと考え世界ツアーを始め、そこで沢山のファンの支持を得るようになった。
Channel Oneの使命はレゲエミュージックを通して障壁を打ち破ることで、彼らはオーストラリア、ニュージーランド、イスラエル、トルコ、そしてヨーロッパ各地にユニークなサウンドを取り入れて、新しい会場、新しいフェスティバルや国でプレイすることでこれを実現した。 ヨーロッパ最大のストリートフェスティバルの出演者としてNotting Hill Carnivalは30年連続出演のChannel Oneを必見のサウンドシステムであると評した。


2009年のChannel Oneは、Blackroutes、Punch and Vagabondzを通じ芸術協議会からの資金援助を受けて、 Dub to Dubstep Tourで大きな成功を収めた。
Channel Oneは6つの都市にサウンドシステムを持ち込み、Kromestar、RSD、Jazzsteppaと共にツアーを行い、ダブステップの背景にあるその音楽の形成に影響を与えたダブ・レゲエ・サウンドシステムの存在を誇示した。 2011年、Channel OneはDub to JungleというツアーをCongo Natty, Tenor Fly, Congo Dubz, Nanci and Phoebe and Klose Oneと共に行った。
そして2012年には、ジャマイカ独立50周年を祝うJamaica Party tourをCoki、Mala、Shy FX、The Bug and Flowdan、Top Cat、The Heatwave、General Roots、RoxXxan、Rtkal、Screamaらと共に行った。そしてついにChannel OneはMikey Dreadの企画したコンセプトの下、伝説のTwinkle Brothersとのツアーを実現させた。これらのツアーは、Channel Oneが新しい観客に出会う最良の方法だったといえる。


Channel One Sound Systemは、Skull&Benga、Metalheadz、Soul Jazzに勝利し、2010年11月のRed Bull Culture Clashにおいて優勝した。 また2012年のWembley ArenaのCulture Clashでは、Major Lazer(UsherとRita Oraらと共演)、Boy Better KnowとAnnie Mac Presentsらと競演した。 Channel Oneは、Wembley Arenaでプレイした歴代最初のレゲエサウンドシステムであった。

Channel One はセレクターのMikey DreadとMCのRas Kaylebで構成され、彼らのプレイはコンシャスなレゲエ、そして他では聞くことのできないダブプレートやステッパーなどの独自なセレクションから成り立つ。
Channel One Sound Systemsの手作りのカスタムスピーカースタックは重厚なヘビー級ベースサウンドで新旧のダブ・レゲエのクラシックを繰り出す。それらは一台のターンテーブルからエコーとサイレンとともにプレイされ、MC Ras KaylebはMikeyのヘヴィなプレイをRastafarianのChantと歌で昇華させる。
2016年には国内ツアー後、UKダブのレジェンド、Mad Professor とのアルバムをリリースし高い評価を得ている。
21552204_1328656603898883_1029766095_n%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg