live Event

2017.09.20 WED
DAIKANYAMA UNIT
13th Anniversary
Telefon Tel Aviv
-Japan Tour 2017-
LINE UP:
Telefon Tel Aviv

guest:
toe
INFORMATION:
OPEN : 19:00
START : 20:00
CHARGE :
ADV 4,200yen
DOOR 4,700yen
(税込/オールスタンディング/別途1D代 500円)

ADVANCE TICKET:
Thank you sold out

DOOR TICKET:
We will selling the few door tickets from 18:00.
当日券は18時より若干枚数のみ販売致します。
予定枚数に達し次第終了となります。ご了承下さい。

また当日券の購入は基本、お一人様一枚とさせていただきます。

INFO :
UNIT 03-5459-8630

Artist coordinated by PRIMITIVE INC.
Supported by PLANCHA

related show :

NEW!
UNIT presents Telefon Tel Aviv @ DOMMUNE
2017/09/19 (TUE)
DOMMUNE STUDIO, TOKYO

Telefon Tel Aviv (DJ set)
Eli Walks
DJ 蟻

21:00〜24:00
DOOR 1,500yen

-------------------------------------------------------
大阪公演:
2017/09/21 (THU)
CONPASS, OSAKA

Telefon Tel Aviv
OA: WOMAN *NEW!


開場: 19:00 開演: 19:30
前売 4,000yen (税込/入場時別途1D)
ぴあ(P:342-401)、LAWSON(L:57292)、e+にて8/16より販売

問い合わせ: CONPASS 06-6243-1666 info@conpass.jp

-------------------------------------------------------
2017/09/23 (SAT)〜24(SUN)
CAMP Off-Tone 2017
マウントピア黒平(山梨県甲府市)

出演:Telefon Tel Aviv, Koss aka Kuniyuki, KAITO aka HIROSHI WATANABE, Inner Science, Yoshida Daikiti & KyuRi, Illuha, Enitokwa feat. Shigeki Ieguti, Celer & Hakobune, Nogawa, Matsusaka Daisuke, DJ蟻, Sound Furniture, 村井啓哲, すずえり, 大城真, Yoshinori Saito, Yukaremix, Le Perrie, Fuguli, ONO, Yoshitaka Shirakura

開場/開演: 9/23 14:00
前売り券:一般 10,000円
*限定200枚 ※公式サイトOff-Tone SHOP は特典付き

チケット販売サイト:
Off-Tone SHOP( http://offtone.thebase.in/ )
クラベリア( https://ticketpay.jp/booking/?event_id=9511 )

問い合わせ: Email: attakai@offtone.in
イベント公式サイト:http://www.offtone.in/camp/

Telefon Tel Avivの初の国内ヘッドライン公演が決定!
エレクトロニカ〜IDMからポストロックまで、ゼロ年代の音楽シーンに確かな軌跡を残し後続のアーティストに多大な影響を与えてきたTelefon Tel AvivがJoshua Eustisのソロ・プロジェクトとして活動を再開し、11年ぶり2度目の来日にして、初の国内ヘッドライン公演が決定!
当日は活動休止前の集大成というべき珠玉のセットに最新の楽曲も加えたライブを行う予定。
昨年リリースから15周年を記念した待望のリイシューが大きな話題となったファーストアルバム『Fahrenheit Fair Enough』に続き、ボーカルやストリングスの導入などより多彩なアプローチを試みたセカンド『Map Of What Is Effortless』も再発(国内発売は7/5)され、今年は8年ぶりの新曲を披露するなどTTAとしての動きが活性化している今、そのパフォーマンスは見逃し厳禁!
さらに当日のゲストとして日本を代表するポストロックバンド、toeの出演が決定!インストゥルメンタルミュージックの可能性を追求/拡張し、Telefon Tel Aviv同様ゼロ年代の音楽シーンに於いて確固たる軌跡を残してきたtoeとTelefon Tel Avivの共演は必見!!







OTHER INFORMATION
Telefon Tel Aviv
1999年にニューオリンズで高校時代の友人を通じて知り合った、Charles CooperとJoshua Eustisにより結成。当時は2人はそれぞれ別々のバンドに在籍しており、Charlesがパンク、Joshuaがインダストリアル系の音楽を演奏していた。アルバムをリリースする前に、Nine Inch Nailsの名作『The Fragile』のリミックス盤である『Things Falling Apart』に参加したことで話題となった。その後シカゴのHefty Recordsと契約。彼らもシカゴに拠点を移し、2001年に1stアルバム『Fahrenheit Fair Enough』を発表。リリース後から高い評価を得て、現在に至るまで00年代エレクトロニカ〜IDMの金字塔として名高い。2004年にはL’altraのLindsay Anderson、Build An ArkのDamon Aaronをフィーチャーし、ヴォーカル主体に構成した2ndアルバム『Map Of What Is Effortless』を発表。そして2009年にEllen Allien率いるベルリンの人気レーベルBPitch Controlから3rdアルバム『Immolate Yourself』をリリースしたが、1週間後にCharlesが亡くなったことを公表。その後1人となったJoshuaはTelefon Tel Avivとして活動をせず、ソロ・プロジェクト、Sons of Magdaleneを中心に活動していたが、2016年にTelefon Tel Avivを再始動。同年ファースト・アルバムがリリース15周年を記念してアーカイヴ音源を追加収録しリイシュー。そして2017年5月に実に8年ぶりとなる新曲を披露し、セカンド・アルバムも蔵出しの坂本龍一リミックス音源を追加し再発された。
センチメンタルなメロディのキーボードのフレーズとグリッチなエレクトロニクスや多彩なビートが絶妙に絡み、時にシネマティックに、時にダンサブルにと、複雑に入り組みながら美しく壮大な情景を描き出すサウンドはジャンルの垣根を越えて多くの支持を得ている。


toe
2000年、山嵜廣和(ギター)美濃隆章(ギター)山根敏史(ベース)柏倉隆史(ドラム)の4人編成で結成。
主にインストゥルメンタルの楽曲でありながら、聴くもの観るものを高揚、魅了させる音源、ライブパフォーマンスは絶大な支持を受ける。
海外での評価も高く、07年から年一回ペースでのアジアツアー、‘12年の欧州ツアー、’13年、‘15年の北米ツアーをほぼ全ての会場でSOLDOUTするなど、成功をおさめる。
海外レーベルとはWhitenoise Records(香港)、Topshelf Records(米)、Big Scary Monsters recording(英)とサイン。
'15年7月には5年半ぶりのフルレングス・アルバム「HEAR YOU」をリリース、同月、通算4度目のFUJIROCK FESTIVAL出演など精力的に活動を続ける。