live Event

2017.06.22 THU
Erection
-10th Anniversary-

スチャダラパー
x
never young beach
x
ZOMBIE-CHANG

LINE UP:
スチャダラパー
never young beach
ZOMBIE-CHANG
INFORMATION:
OPEN : 18:30
START : 19:30
CHARGE :
ADV 3,500yen (ドリンク代別)

TICKET :
THANKS SOLD OUT
※当日券の販売はございません。
予めご了承下さい。


INFO :
UNIT 03-5459-8630

WEB :
Erection
逆襲のエレクション!
2014年7月に開催され好評を博したあのスペクタクル・ジョイントにはまだ続きがあった……。3年前の初夏、代官山UNITで起こった白熱と狂乱を覚えているだろうか。cero、SIMI LAB、PUNPEEによる異種トリプルスレット・マッチである。ジャンルの垣根を飛び越え、がっぷり四つに組み合い、ラストには3アクトがステージ上で夢の共演を果たした、Erection史上でも屈指の名カード。その伝説を更新すべく、Erectionがイベント発足10周年というメモリアル・イヤーに送り出す三つ巴に選出されたのがスチャダラパー、never young beach、ZOMBIE-CHANGだ。

言わずと知れたトリオ・ザ・キャップス。1990年のデビューから27年、現在もレジェンドの冠に甘んじることなく活動を続けるヒップホップ・グループ、スチャダラパー。 エバーグリーン、かつタイムレス。今年初頭にはメジャー・デビューの報が世間に駆け巡り、今後の活躍に一躍注目が集まる5人組バンド、never young beach。 才色兼備のニューウェイブ・スノー・ホワイト。今年3月に発表された新作『GANG!』でその才能を広く知らしめたメイリンのソロ・プロジェクト、ZOMBIE-CHANG。

出自やジャンルも違うこのアーティストたちによる3ウェイ・ショーケースははたしてどのような結末を迎えるのか。Erectionが送る2017年大型娯楽興行の火蓋がいま切られる!








OTHER INFORMATION
スチャダラパー
Bose、ANI、SHINCOの3人からなるラップグループ。 1990年にデビューし、1994年「今夜はブギー・バック」が話題となる。 以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。 2015年にアルバム「1212」をリリース。

http://www.schadaraparr.net/ (for PC)
http://mfmobile.jp/ (for MOBILE)
http://www.schadaraparr.com/ (スチャ通)
SDP_profile_photo2017_130.jpg


never young beach
ネバーヤングビーチ。2014年春に、安部と松島の宅録ユニットとして活動開始。暑さで伸びきったカセットテープから再生されたような奇特なインディ・サイケ・ポップ『HOUSE MUSICS』をダンボール仕様のジャケットで100枚限定で発売。2014年9月に阿南、巽、鈴木が加入し、現体制の5人組になる。2015年5月に1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』をリリースしロングセラーとなり2015年の<CDショップ大賞>ノミネート作品に選ばれる。7月末にFUJI ROCK FESTIVAL’15に出演。2016年6月に待望の2ndアルバム『fam fam』をリリースし、8月には7inchシングル『夏のドキドキ』をリリース。『fam fam』が<CDショップ大賞2017>のノミネート作品に2作連続で選出。

never young beach | Official Web Site

nyb_web-1_130.jpg


ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)
ニューウェーヴ女性アーティスト。
ローファイな音源に、なんともクセになるヴォイス。
そのアンバランスさが魅力の、ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)。
ボーカル、トラック、パフォーマンス全てメイリン一人で行う。

ZOMBIE-CHANG official web site

zombiechang_A_130.jpg