live Event

2016.04.10 SUN
Erection -Circuit Party-
LINE UP:
最終LINEUP解禁!
- LINE UP(A to Z) -

【UNIT】
LIVE :
田我流とカイザーソゼ NEW!
G.RINA & Midnight Sun
neco眠る
THE OTOGIBANASHI'S
VIDEOTAPEMUSIC NEW!
YOUR SONG IS GOOD

DJ:
HYU HYU boy NEW!
jitsumitsu NEW!
shakke
TAKASHI-MEN

LIVE PAINT:
Toyameg x YUIABE NEW!

【UNICE】
LIVE :
KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS)
LUVRAW NEW!
THE FUNKLUV(ZEN-LA-ROCK x KIRIN)
ZOMBIE-CHANG NEW!

DJ:
PART2STYLE SOUND
SEX山口
Threepee Boys
やけのはら

FOOD:
Cafe&Bar spare NEW!

SOUND:
MORIKAWA NEW!

【SALOON】
LIVE:
cherryboy function
DORIAN

DJ:
MONKEY TIMERS
TRAKS BOYS
Midnight Denny's

DECO:
KNOCK'N NEW!

【晴れたら空に豆まいて】
LIVE:
asuka ando(dub u set)
deadbundy NEW!
mabanua acoustic set
思い出野郎Aチーム
OMSB & HI'Spec NEW!

DJ:
K.A.I NEW!
MILKMANN NEW!
MxFxD NEW!
P-RUFF NEW!

【BATICA】
(2F)
LIVE:
NONCHELEEE
嫁入りランド NEW!

DJ:
HABANERO POSSE
クボタタケシ
Masayoshi Iimori
okadada
Roger Yamaha
Wardaa

(1F)
DJ:
KM
KABA.
Mr.MELODY
soulflower
Stupid Kozo

会場:
■代官山
UNIT / SALOON / UNICE
晴れたら空に豆まいて

■恵比寿
BATICA

INFORMATION:
OPEN : 15:00
START : 15:00
CHARGE :
ADV 4,000yen
前売り特典 : 『Erection zine powerd by fkirts
リストバンド交換受付場所 : UNIT
※前売りチケットが完売した場合は、当日券の販売はありません。お早めにお求め下さい。
DOOR 4,500yen

INFO :
公演の内容、詳細のお問い合わせは、UNITまでお願いします。
UNIT 03-5459-8630

TICKET :
2/13(SAT) ON SALE
チケットぴあ0570-02-9999 [P]289-431
ローソン [L]72271
e+
>>STORE
[代官山]
● UNIT
[渋谷]
● disk union 渋谷 CLUB MUSIC SHOP
[下北沢]
● disk union 下北沢 CLUB MUSIC SHOP
●JETSET TOKYO
[新宿]
● disk union 新宿 CLUB MUSIC SHOP
[吉祥寺]
● disk union 吉祥寺店

INFO :
【 会場 】
・UNIT / SALOON / UNICE
東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 Za-HOUSEビル地下
TEL : 03-5459-8630

晴れたら空に豆まいて
東京都渋谷区代官山町20−20 モンシェリー代官山B2
TEL : 03-5456-8880

BATICA
東京都渋谷区 恵比寿南3丁目1−25
TEL : 03-5734-1995

【 注意事項 】
■出演アーティストの、キャンセル、変更による払い戻しは一切行いません。

■当日に限り、各会場、入退場は自由ですが、各会場の状況により入場を規制する場合がございます。

■いかなる理由、事情に関しましてもチケット / リストバンドの再発行は致しません。
また、リストバンドの着用が無い場合はご入場頂けませんので、必ず公演終了まで着用をお願い致します。

■20歳未満の方へのたばこ、アルコール類の販売は、一切お断りいたします。
場合によってはオーダー時に年齢確認をさせて頂く場合がございます。

■会場周辺でのたむろや、近隣の住宅やお店の迷惑になるような事はご遠慮下さい。
係員の指示に従わない場合は、強制的に退場して頂きます。
これまでに、数々のパーティーをメイクしてきた < Erection>が代官山・恵比寿を舞台に、初のサーキットパーティーを開催!!
これまでに、数々のパーティーをメイクしてきた Erectionが代官山・恵比寿を舞台に、初のサーキットパーティーを開催!!
会場となるのは、Erectionのホームでもある、 代官山 UNIT/SALOON/UNICE、同じく代官山駅徒歩2分の 晴れたら空に豆まいて 、 そして恵比寿 BATICA の3会場/6フロアの過去最大規模で開催。

出演は、 Erection 初登場の、 asuka ando(dub u set)、 G.RINA & Midnight Sun、 KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS)、 mabanua acoustic set、 neco眠る、 NONCHELEEE、 THE FUNKLUV(ZEN-LA-ROCK x KIRIN)、 YOUR SONG IS GOOD、 deadbundy、ZOMBIE-CHANG を含む、LIVE/DJ 総勢40組以上の超豪華アーティストが出演!

さらに、前売りチケットの購入特典としてオリジナルのzine『Erection zine presented by fkirts』をプレゼント。

前売りチケットは、各プレイガイド、レコード店にて絶賛発売中!

※前売りチケットが完売した場合は、当日券の販売はありません。お早めにお求め下さい。

OTHER INFORMATION
asuka ando
メロウなムードまといつつ、レコード盤をこよなく愛するシンガー。2011年自主制作盤「dream of you」に収録された「jiri jiri」が幻の7インチとなり、話題に。その後2014年コンピ盤「RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 5 JAPANESE CITY LOVERS COLLECTIONS」に収録。2015年2月リリース後即完売した7インチシングル「ゆめで逢いましょう-see you in my dreams-」を含む ©メロウすぎるにもほどがあるファースト・フル・アルバム『mellowmoood』リリース。クリスマスには井の頭公園に集う若者で結成されたジャマイカンスタイルのインストファンクバンド「井の頭レンジャーズ」とカヴァー7インチシングルをリリース。2016年2月には「思い出野郎Aチーム」との7インチリリース。ことしもレコード盤を作ることに喜びを感じながらライブ、DJを楽しんでゆく方向。

release info...
◎「mellowmoood」(album/CD)
◎「月下美人/くすりをたくさん」(7")
◎「ウラハラ」(7")
◎「jiri jiri (dry & steady mix/cumlonimbus dub)」(7")
◎「シャララ/愛のさざなみ」asuka andoと井の頭レンジャーズ(7")
◎「ミラーボールの神様 EP」思い出野郎Aチーム with asuka ando(7" 16/2/24発売)
※7"は在庫限り

http://www.mellowmoood.com/

asukaando_130.jpg


cherryboy function
1998年頃よりcherryboy function名義でのトラック制作を開始。数々のコンピレーションへの参加、リミックス提供、ライブ活動等を経て、これまでにアルバム1枚・ミニアルバム3枚を発表。2016年1月に2ndアルバム「WORD IN THE PETALS」をExT Recordingsよりリリース。

http://extrecordings.blogspot.com/ http://www.discogs.com/artist/Cherryboy+Function


cf_130.jpg


DORIAN
DORIAN (ドリアン)Roland のオールインワン・グルーヴマシン「MC-909」を使ったライヴやDJで東京を中心に全国各地で活動中。
ドリーミーでロマンティックなアーバン・ダンス・ミュージックで各方面から絶大な支持を集めている。
2009年、初の自主制作盤『Slow Motion Love』を発表。
七尾旅人×やけのはら「Rollin’ Rollin’」のアレンジおよびリミックスを手がけ両人のアルバムへの参加のほか、DE DE MOUSE、LUVRAW&BTB、ZEN-LA-ROCKらの作品への参加や様々なコンピレーションやリミックス、CS 放送のジングル制作やTV-CF への楽曲提供等手がけている。
2010年夏に1st アルバム『Melodies Memories』、2011年夏に2nd アルバム『studio vacation』をリリース。
そして2013年秋、待望の3rd アルバム『midori』が完成。

http://fruitsking.exblog.jp
https://twitter.com/Dorian_Dorian

dorian_130.jpg


G.RINA & Midnight Sun
Profile シンガーソングビートメイカーG.RINA率いるメロウファンクバンド”Midnight Sun”。  G.RINA5年ぶりとなるアルバム『Lotta Love』の再現をきっかけに、KASHIF (Guitar)、Ig-arashi (Keyboard)、厚海義朗 (Bass)、光永渉 (Drums)が参加。時にスリーピース、時にホーンセクション、時にダンサーを加えて編成、そして展開されるメロウファンクバンド。

G.RINA Offical
http://melodyandriddim.tumblr.com
http://lottalovegrina.tumblr.com
GRINA_130.jpg


KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS)
環ROYと鎮座DOPENESSによるラップグループ。

・鎮座DOPENESS / Chinza Dopeness
2013年、最新作としてミニアルバム「T.U.B.E.」を発表。サマーソニックなど国内外の様々な音楽祭に出演。日本最大規模のフリースタイルMCバトル「ULTIMATE MC BATTLE」2009年度全国優勝。

http://www.chinzadopeness.com/

・環ROY / Tamaki Roy
これまでに最新作『ラッキー』を含む4枚のCDアルバムを発表。フジロックフェスティバルなど国内外の様々な音楽祭に出演。『ワンダフル』が第17回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に入選。

http://www.tamakiroy.com/
KAKATO_130.jpg


mabanua acoustic set
ドラマーmabanuaがOvallのメンバーとして活動を共にしてきたギタリスト関口シンゴを迎えたアコースティックデュオ編成。 

mabanua
http://mabanua.com/

ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。 全ての楽器を自ら演奏し、ブラックミュージックのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。  2010年、Ovallのメンバーとして活動を開始 、ソロも含めFUJI ROCK、SUMMER SONICなど多数の大型フェスに出演。 2012年にリリースしたソロアルバム「only the facts」はiTunesで1位を記録、各CDショップでも品切れが続出し大きな話題を呼ぶ。 Ovall活動休止後、ソロとしてChara、Gotch (ASIAN KUNG-FU GENERATION)、矢野顕子、くるり、大橋トリオ、Awesome City Club、Sick Team、ディーンフジオカ、藤原さくら、秦基博、菅野よう子、福原美穂、BENI、Eshe (Arrested Development)、一十三十一、川本真琴などのプロデューサー、リミキサー、ドラマーとして活動。
また、Google、キユーピー、ユニクロ、SONY等のCMやテレビアニメ「坂道のアポロン」「スペース☆ダンディ」などの楽曲を制作。Toro Y Moi、Chet Fakerなど海外アーティストの前座やHennessy artistryでおこなわれたMadlibとの即興セッションも話題になる。 現在は U-zhaan × mabanua、Green Butter (budamunk × mabanua) などのユニットでも活動。 最も注目されている日本人ドラマー / クリエイター。

関口シンゴ
http://shingosekiguchi.com/

ギタリスト、コンポーザー、プロデューサー。
ジャズ、ソウル、ロック、ポップスなどを独自のセンスで解釈した音作りが世界中から賞賛される。
プロデューサー、ギタリストとして Chara、秦基博、矢野顕子、さかいゆう、柴咲コウ、藤原さくら、Azumi、YOSHIKA、カコイミク、BENI、あいみょん、Shing02、福原美穂などをサポート。
資生堂、MITSUBISHI、docomo (カンヌ国際広告祭で3部門入賞)、Van Houten、GibsonなどのCM音楽やJ-WAVEのジングル楽曲制作など各方面で活躍。 また、Shingo Suzuki (B)、mabanua (Dr)と共にバンドOvall (オーバル)を始動。Hocus Pocus、さかいゆう、青葉市子らが参加したアルバムは海外でもリリースされ国内外でロングヒットを記録。FUJI ROCK、SUMMER SONIC、RISING SUNなど大型フェスにも出演を果たす。ヒップホップユニットGAGLE×Ovallとしての活動などを経て不動の地位を築くも、2013年ソロ活動に注力する為に活動を休止。
2015年には関口シンゴ名義でソロアルバム『Brilliant』をビクターエンタテインメントよりリリース。
アルバム収録曲が6曲タイアップとして起用されるなど各所で話題を呼び、FUJI ROCK、GRASSY MUSIC、CRAFT ROCK FESTIVAL、OCEAN PEOPLESなど数多くのフェスに出演。
また、収録曲全てにまつわるコラムを本人が執筆、楽曲と連動した展開がネットで話題となる。
この盛り上がりは国境を越え、韓国、台湾でもデビューを果たす。
同年、アルバムに参加したオランダのシンガー Wouter Hamel と意気投合、ジャパンツアーのゲストギタリストとしてウーターバンドに招き入れられ、大成功を収めた。

mabanua_130.jpg


neco眠る
2002年結成の青春ビザールディスコバンド。 様々な音楽、場所、食べ物等に影響を受け、マイペースに独自の形を模索していく中、ライブハウス/クラブ/盆踊り会場/老人ホーム/野外フェスティバル等、多種多様な場でのライブを中心に様々な活動を行い2010年末ドラマー脱退に伴いライブ活動休止。2012年秋より森雄大(GUITAR)、NEGURA(TITAN)、伊藤コーポレーション(株)(BASS)、BIOMAN(SYNTH)、栗原ペダル(GUITAR)、三木章弘(DRUMS)の6人編成でライブ活動を再開。メンバーはそれぞれDON29、BIOMAN、AUTORA、NEW MANUKE、おみこしボーイズ、ボーイズヤング等ソロや別バンド、DJやサラリーマン、農家としても活動。2010年までにDE-FRAGMENTより2枚のアルバムと1枚のDVD。カクバリズムより7インチシングル。JETSETより12インチシングルをリリース。またDIY HEARTSよりLIVEアルバムを配信。2013年、活動再開後初の音源となる12インチシングル「BOY/お茶」をカクバリズム×こんがりおんがくよりリリース。2014年11月26日実に6年ぶりとなる2ndフルアルバム「BOY」をこんがりおんがくよりリリース。また同日1stアルバム「ENGAWA BOYS PENTATONIC PUNK」ミニアルバム「EVEN KICK SOYSAUCE」をカクバリズムより再発リリース。また森雄大は石井モタコ(オシリペンペンズ)、DODDODOとともにレーベル「こんがりおんがく」を立ち上げ、運営している。

http://neconemuru.net
neconemuru_130.jpg


NONCHELEEE
肩まで浸か~るオリジナルスタイルでYOU CAN’T STOP PUM PUMなボンボウーマンとマンに捧ぐ!!!!!!!
蕩ける熱いまなざしがほとばしるDOWN TOWN酢CAT漫次郎ランキンSTYLIN'のトップ10形式のPUMPIN'によるクラシックスな心やすらぐひとときを福岡からお届け!!!!!!!!
日焼けした円卓の上でコマゲンされ続ける煮えた木彫りのデニムドソウルで、じっく~りあったまってって‼︎‼︎‼︎‼︎

「乾いてるなんて、嘘だろゥ?」
NONCHELEEE/
FUGURIDDIM.com

NONCHELEEE_LOGO_130.jpg


思い出野郎Aチーム
2009年・夏、多摩美術大学にて結成。 ファンク、ソウル、レゲエ、ディスコ、アフリカンミュージック、パンク、飲酒を織り交ぜたスタイルで活動中。 2012年、FUJI ROCK FESTIVAL「ROOKIE A GO-GO」に出演。帰り道で交通事故に遭うも、無事生還。 在日ファンクのシングル特典映像及びMVのセットデザインの製作、高木壮太氏の著書「荒唐無稽音楽事典」の編集を担当するなど、音楽以外でも多岐にわたって活動中 2014年、mabanuaプロデュースの楽曲「TIME IS OVER」が収録された7インチをJazzy Sport × felicityよりリリース。 2015年2月にmabanuaプロデュースのデビューアルバム『WEEKEND SOUL BAND』をリリースし、各地で話題沸騰、フジロックを始めとする数多くのフェスティバル、イベントに多数出演、フロアを沸かせ続けている。 2016年2月に新作7inch『ミラーボールの神様EP』が発売予定。

OYAT_130.jpg


THE FUNKLUV
日韓国境を越えて結成されたZEN-LA-ROCK × KIRINによるRAP DUO 初対面から3年の時を経て日本ではクラウドファンディング、韓国からはFILAのサポートを受け2015年末に遂にデビューEPが完成80's,90'sへの異常愛が生み出した超コンセプチュアルな世界観はオンリーワン。 しかし何処かupdateされたフレッシュネスを随所に感じ取れるそれが『THE FUNKLUV』である。

http://thefunkluv.buyshop.jp/

THEFUNKLUV_A%E5%86%99_130.jpg


THE OTOGIBANASHI’S
日本在住のヒップホップ•ユニット。メンバーはBim,in-d,PalBedStockで構成されている。通称O’S BOYS。 SUMMIT,CreativeDrugStore所属。Bimの呼びかけにより高校の同級生のin-d,地元の後輩のPalBedStockは嫌々ながら2011年に結成。 2012年に突如YouTubeに公開された『Pool』が話題となりSUMMITに加入。翌年、4月26日にファーストアルバム『TOY BOX』をリリースし、大きな反響を呼んだ。フジロックフェスティバル2013に出演。メンバーのBimは俳優の染谷将太氏が監督・主演を務めた映画『シミラーバットディファレント』にて染谷氏の友人役として出演。O’S BOYSが所属するチーム“CreativeDrugStore”は不定期でPopUpShopというパーティを開催しており、毎度オープン前にはスプラッシュマウンテンのような列ができている。2014年12月に新作PV『Department』の公開から彼らが少しずつ新しい動きを見せはじめた。 そして2015年8月5日に、セカンドアルバム "BUSINESS CLASS" のリリースした。

OTG-2ND-130.jpg


YOUR SONG IS GOOD
1998年東京で結成。カクバリズム所属。通称YSIG。サイトウ"JxJx"ジュン、ヨシザワ"MAURICE"マサトモ、シライシ"JICHO"コウジ、ハットリ"SHORTY"ヤスヒコ、タカダ"DAATAKA"ヒロユキ、タナカ"ZEERAY"レイジに、現在、サポートパーカッショニストの松井泉を加えた7人体制。はじまりはパンクロック、今はあえて言うならダンス音楽を演奏するインストゥルメンタルバンド。DIYなスタジオライブから、ライブハウス、クラブ、FUJIROCKグリーンステージ等の巨大野外ロックフェスまで、ジャンル、場所、雰囲気、メジャー/インディ、時間帯、問わず、定評のあるライブを展開中。またオリジナルアルバム、7インチシングル、コンピ等、これまでに数多くの作品を、様々なスタイルと対峙しながら生み出す。も、2013年、これまでのイメージを大幅に更新した異常なるFRESH感搭載のニューアルバム、その名も『OUT』をドロップ。トロピカルなルーツミュージックを大胆に解体、ハウス/ディスコ/テクノ/ベース、また時にポストロック的、もしくはプリミティヴな感覚でもって再構築、オリジナルな生演奏ダンスミュージックへの昇華に成功。Being Borings, LORD ECHO(From NZ)、Force Of Natureと最高のリミキサー陣を迎えた『OUT』からのアナログ12inchシングルリカットシリーズ(現在まで3タイトルをリリース)も含め、感度良好な音楽愛好家達からの賞賛を浴びつつ、只今、キャリア史上もっとも目が離せないGOD ONLY KNOWS状態で諸々進行中である。WAH!WAH!WAH!WAH!WAH!WAH!WAH!


YSIG2013A%E5%86%99_130.jpg


クボタタケシ
90年代から現在まで一定のスタンスで活動を続けている。クボタの登場以降、一般的となった『オールジャンル・ミックス』と形容される選曲スタイルはジャンルレス、タイムレス、かつボーダーレス、もっと言えばホームレスな何にも属さない音楽の選択であり、さながらリズムの見本市のようだ(時にドラムレスだったり)。無類のヴァイナル好きだが、レア盤と称されるレコード・コレクター間の価値基準にも一切とらわれない、『クボタタケシ』という名前そのものがワード、ジャンル、カテゴリーの1つとして認識されるほどオリジナルな存在である。

特定のジャンルに特化したスペシャリストではないが、多種多様さは群を抜いており、そのプレイリストは専門誌を始め、同業者、フォロワー、全国のレコードストア等によって分析・研究・検索され、今日では多方面に知れ渡っている。しかし、まるでその行為自体が無意味であるかのように自身の選盤感覚のみによって集められたレコードを日々プレイし続けている。

クボタは公式、非公式にその印象的な選曲と個性的なミックスを収録した作品を幾つかのタイトルに分けて発表している。

まず、オフィシャルにリリースされたミックスCD[NEO CLASSICS](avex)シリーズと、『ミックス・シーディー』(同)、そして長らく入手困難であった名作ミックス・テープ[CLASSICS]シリーズ全4タイトルもCD化されて話題を集めた。これらはクボタの選曲のある一部分を切り取ったものに過ぎないが、選曲の現場を未体験の者にも十分なインパクトを与える魅力的な内容だ。



現在、渋谷OTO、渋谷オルガン・バー、青山蜂などレギュラー・イベントと並行して、週末は全国各地のクラブからのオファーに応える形でプレイ。クラブのパーティーに限らず、ライヴハウスや野外フェス、来日アーティスト等、様々な会場でのライヴ、イベントでも機能するユーティリティ・プレイヤー。連投可能なタフさを持ち、2014年4月現在、日本のクラブシーンにおける年間最多登板記録保持者である。(要出典)

1993年にファイル・レコードよりリリースしたファースト・アルバム『キミドリ』は、まだそれほど成熟していなかった日本のヒップホップ・シーンの中で、一線を画す異色なグループとして捉えられ、20年余の年月を経た現在も語り継がれる名盤と評価されている。特筆すべきは音楽専門誌より現在シーンで個性的な作品を世に出しているアーティストやDJによってこの作品の影響と重要性が説かれている点だろう。

また、GRAND MASTER FLASH & THE FURIOUS 5, JACKSON 5, EGO-WRAPPIN', スチャダラパー etc.数々のリミックス・ワークスと、数多くはないがソロや、S.O.N.Y.などのユニットも含めて必聴。ある意味、選曲以上にクボタの音楽性を理解する上で大きな役割を果たすであろう。

text by 鎌田洋


KUBOTA_130.jpg


Midnight Denny's
folidayとhitoriによるB2Bユニット。 渋谷・青山のクラブを中心に活動し、"HALO"@青山蜂(奇数月第1金曜)でもレジデントを務める2人が、2015年1月” Erection "@代官山UNITへの出演を機に結成。ディープなトラックからポップなものまで、2人の引き出しを端から端までブースに持ち寄り紡いでいくラリーが絶妙なテンションを作り上げる。

md_130.jpg


MONKEY TIMERS(DISKO KLUBB)
DJ Harvey~Idjut Boys等が先陣をきった所謂ニューハウス~ディスコ・ダブ以降のダンスミュージック・カルチャーが、成熟を経てネクスト・フェイズへと向かった00年代 からのアンダーグラウンド・シーンの体験からキャリアをスタートした新世代のブライテスト・ホープMONKEY TIMERS。オリジナルTRK「MONK」はEricDuncan,Justin VandervolgenやForce Of Nature等国内外のDJにプレイされ話題を呼び、BOILER ROOMに出演するなどそのDJ活動と共に、プロダクション・ユニットしてもワールドワイドな注目を集めている。
PV : http://www.youtube.com/watch?v=HSc1q0mvMN4&feature=youtu.be

Soundcloud : https://soundcloud.com/monkey-timers

MONKEYTIMERS_130.jpg


PART2STYLE SOUND
国内最大のベース・ミュージック・フェス【OUTLOOK FESTIVAL JAPAN】のレジデントであり、クロアチアで行われている同フェス本祭にも5年連続出演。ヨーロッパにおける数々のパーティーやフェスティバルでプレイし、世界中のベース・ミュージック界のトップ・プレイヤー達から高い評価を受けている。【JAHTARI】、【MAFFI】、【DREAD SQUAD】等ヨーロッパ・レーベルからのリリース、自身のレーベル”FUTURE RAGGA”の楽曲は、ヨーロッパ各地で話題沸騰、数々のビッグ・サウンドやラジオでヘビープレイされている。国内においても【朝霧JAM】、【ULTRA JAPAN】、【りんご音楽祭】をはじめ、多くのフェスに出演。日本初のGRIME プロデューサー オンライン サウンドクラッシュ【War Dub Japan Cup】優勝や、多岐にわたるアーティストのリミックス等、存在感を示している。ダンスホール・レゲエのサウンドシステム・スタイルを軸に、あらゆるベース・ミュージックを取り入れた独自のスタイルで、プレイする楽曲の殆どは自作曲やダブ・プレートなのが特徴のひとつである。 毎月第2、4火曜21:00~22:00のPART2STYLE RADIO(BLOCK.FM)も必聴!!

p2s%20photo_130.jpg


SEX山口
1976年生まれ、神奈川県出身のメガネをかけた牡羊座。幼少時に観たM.J.のパフォーマンスに多大なる影響を受け、小2で“ムーンウォーク”を習得。と当時に、たけし軍団や志村けん、とんねるずといった“ハードかつタイトな東京のお笑い”への尊敬と憧れを現在までKeep Onし続ける。最近はやたらしゃべるディスクジョッキーとして日本各所でメイクサムノイズしつつ、音楽専門誌・web等で小粋な執筆もちょろちょろ。自身のトレンディーアパレルブランド「S.E.X.Y. by NAOKI YAMAGUCHI」のアイテムや危ないおMIX CDも随時デリバリーしております。あと、宇多田ヒカルが大好き。

SexYamaguchi_Promo_130.jpg


TAKASHI-MEN (PART2STYLE)
2000年代初頭、レゲエセレクター(DJ)として活動を開始。2010年よりレゲエ、ベースミュージックレーベル・クルー “PART2STYLE” に正式加入。都内大小クラブを中心に全国で活動する。スカ・ロックステディ・ラバーズロック等のオールディーズレゲエから、ベースミュージック、テクノ・ハウスまで、新旧問わずダンスホールレゲエを中心に独自の視点から解釈したあらゆるダンスミュージックをミックスするスタイルは全国で定評を受ける。近年ではトークボックスプレイヤーLUVRAWとの昭和ラバーズユニット等、様々なシーンからの歌い手やダンサーとのコラボレーション出演も多い。2014年より活動を開始する DIYZ(Garaxxxy)、TAKASHI-MEN(PART2STYLE)、 FRUITY(Shinkaron)、Kent Alexander(Pasrey Parks)、LUVRAW、GONBUTOで構成される謎だらけハードコアDJ集団“EXCALIBOY$”も要注目!

Takashimen_130.jpg


TRAKS BOYS
K404とCrystalによるプロデューサー/DJ・ユニット。名前の由来は使用している機材drumtraksから。

 これまでにSWCよりアルバムを2タイトル、12inchを2タイトルリリース。
iTunes Music StoreのUSとの企画にてピックアップされる等、高い評価を得ている。
 その他、コンピレーションへの楽曲提供やREMIXを多数手がける。
2010年には北欧ノルウェイのPrins Thomasが主催するレーベル「Internasjonal」より12インチ「Starburst」でワールドデビュー。
 また、DJとして国内外のアーティストとの共演を重ねつつ、自身の主催するインダストリアル・レイヴパーティー「DK SOUND」のレジデントDJもつとめる。

facebook.com/TRAKSBOYS
http://dksound.jp/

TB_artistPH_130.jpg


Wardaa
ラップパーティーMango Sundaeを主宰。shakkeとのDJユニットshakke-n-wardaaでも活動中

Wardaa_130.jpg


やけのはら
DJ、ラッパー、トラックメイカー。『FUJI ROCK FESTIVAL』、『METAMORPHOSE』、『KAIKOO』、『RAW LIFE』、『SENSE OF WONDER』、『ボロフェスタ』などの数々のイベントや、日本中の多数のパーティーに出演。年間100 本以上の多種多様なパーティでフロアを沸かせ、多数のミックスCD を発表している。またラッパーとしては、アルファベッツのメンバーとして2003 年にアルバム「なれのはてな」を発表したのをはじめ、曽我部恵一主宰レーベルROSE RECORDS のコンピレーションにも個人名義のラップ曲を提供。マンガ「ピューと吹く!ジャガー」ドラマCD の音楽制作、テレビ番組の楽曲制作、中村一義、メレンゲ、イルリメ、サイプレス上野とロベルト吉野などのリミックス、多数のダンスミュージック・コンピへの曲提供など、トラックメイカーとしての活動も活発に行なっている。2009 年に七尾旅人× やけのはら名義でリリースした「Rollin’ Rollin’」が話題になり、2010 年には初のラップアルバム「THIS NIGHT IS STILL YOUNG」をリリース。その後、Stones Throw15 周年記念のオフィシャルミックス「Stones Throw 15 mixed by やけのはら」を手がけ、2012 年には、サンプラー&ボーカル担当している、ハードコアパンクとディスコを合体させたバンドyounGSoundsでアルバム「more than TV」をリリース。2013年3月、新しいラップアルバム「SUNNY NEW LIFE」をリリース。

http://yakenohara.blog73.fc2.com/

yakenohara_sunnynewlife_130.jpg


HABANERO POSSE(JNGLFVR / WiFi MAFIA)
FYS a.k.a. BINGOとGUNHEADが“SEXY BASS & DIRTY GHETTO”を掲げ、2011年に結成したDJ/プロデューサー・ユニット。後にグラフィックメンバーとして©405mhzが加入。様々な分野の核となる部分を飲み込み消化するが故にジャンルは住所不定のオリジネーター。 世界最大のBASS MUSIC FESの日本版「OUTLOOK FESTIVAL JAPAN LAUNCH PARTY」にて開催された日本初のBASS MUSICを基本としたサウンド・クラッシュでは初回(2012)、二回目(2014)と圧倒的なプレイで連覇を果たし殿堂入りを達成。   楽曲提供/REMIXは、RHYMESTER、ZEEBRA、ANARCHY、RIP SLYME、SHINGO★西成、RYUZO、!!!KYONO+DJ BAKU!!!、DJ LEAD、SMITH CN、KOHH、UNA、YOCO ORGAN、MVJI MOB、SOCCERBOY、HIBIKILLA、倖田來未、SKY-HI、KEN THE 390、KLOOZ、 G2、KAN TAKAHIKO、LEF!!! CREW!!!、PART 2 STYLE、SONPUBなど幅広く、日本語を世界のダンスフロアに対応させる仕上がりを得意とする。また、フロアアンセム化している多くのBOOT REMIXも制作。 2013年8月に自身初のオリジナル楽曲によるEP「JAZZINN」を発表。Butterzのプログラム(RINSE FM)やフランスのレーベル、アメリカのGHETTO MUSICのオリジネーターにピックアップされるなど、海外からの評価も高い。 block.fm開局当初(正確には開局前のTCY RADIO時代)よりBASS MUSICを中心としたレギュラー番組「WICKEDPEDIA RADIO」のパーソナリティー兼DJを務める。 2014年、DJ DARUMA(DEXPISTOLS)、JOMMY、CHAKI ZULU(THE LOWBROWS)、JOSHとパーティークルーJNGLFVRを結成。 国内屈指のサウンドシステムeastaudio協力のもと、DJ/トラックメイキングにおいての世界水準の出音をサウンドシステムの制作、測定から研究しワークショップの開催や、幅広いDANCE MUSICの知識やアイデアを活かしメジャーレコード会社のアドバイザーなども務める。 USのMOOMBAHTONコンピアルバム『MOOMBAH MARAUDERS』、ディズニーのオフィシャルリミックスコンピ、JUKEコンピ『160 OR 80』への参加、KAN TAKAHIKOとのスプリットアルバム『XMAS MOOMBAH EXPRESS』をリリース。
Img43548_130.jpg


KM
国内外から大きな注目を集めている日本人Producerの一人。 すでに日本語Rap業界において数多くの楽曲をプロデュースしており、Hip Hopに根ざしたスタイルでありながらも、Trap,Bass Musicシーンと交流が深い。 KOHH & MARIA“aaight (KM Remix)”、 Y'S ft.KOHH & MONY HORSE "プリンス (KM Remix)"、 JOYSTICKK ft. KOHH“LOLLIPOP (KM Remix)” 、 JAZEE MINOR ft. AKLO “100 (KM Remix)”などのRemixワークを始め、Young Juju(KANDYTOWN),diZZy(kiLLa)へのトラック提供など、 日本語RapにTrapやFuture Beatの要素を落とし込んだオフィシャルワークはリリースのたび話題となり、 個人名義においては2015年2月にオフィシャル・ミックスCD"THE OTHER SIDE"mixed by DJ KM、そこからの先行カット"THE OTHER SIDE EP"をリリースしている。

現在は毎週末1000人以上の集客を誇る人気クラブ、西麻布museでResident DJとしても活躍している。

soundcloud: https://soundcloud.com/djkm1986

KM%E3%82%A2%E3%83%BC%E5%86%99_130.jpg


KABA.
BAL-KABAYA-FACE_130.jpg


Masayoshi Iimori
1996年生まれのトラックメイカー。  TRAPを中心としたトラックメイクが目に止まり、日本の気鋭ネットレーベルTREKKIE TRAXより2015年にデビューEP「Break It EP」をリリース。  その後Bootlegを中心に様々な楽曲を制作し、Skrillex, Mija, Carnage, Anna Lunoe, Nina Las Vegas, UZ, Ookayなど世界の著名プロデューサーからサポートを受けているほか、「KAN TAKAHIKO - NRG (Masayoshi Iimori Remix)」きっかけにSkrillexが主宰する「OWSLA」のサブレーベル「NEST HQ」に日本人として初めてインタビューとMini Mixが掲載される事となった。  またデビュー1年目にしてULTRA JAPAN 2015に出演、2015年12月には所属するTREKKIE TRAXがセルフプロデュースで行った全米ツアー4箇所6公演を大成功させた。 他にもRedBull Thre3Style World ChampionであるShintaroとのコラボ曲「Shintaro & Masayoshi Iimori - Chopper 」や「ナマコプリ - あったらいいなJAPAN! (Masayoshi Iimori Remix)」、「Remo-Con - Don't Believe Da Hype(Masayoshi Iimori Remix)」などを手掛ける他、2016年2月にはNEST HQより「Masayoshi Iimori - WhirlWind」をリリースするなど、更なる活躍が期待出来る。
Masayoshi%20Iimori_130.jpg


okadada
大阪在住のDJ/trackmaker。 関西を中心に全国各地、多岐にわたるパーティーでDJをしつつ、 ネットレーベル「maltine records」やbandcampから曲をリリース。 tofubeatsとのユニット「dancinthruthenights」としてもたまに活動中。 各種コンピレーションやlyrical schoolへの楽曲提供から、 FPMのMegamix、ZEN-LA-ROCK、私立恵比寿中学、韻踏合組合、 夢眠ねむ、ディスク百合おん、小泉今日子等のRemix、 雑誌ユースカへの執筆、スペシャの番組でカラオケなど色々やってます。
okadada_130.jpg


Roger Yamaha
2004年ニューヨークより帰国後、Moonwalk Records / Turntable Lab Tokyoを立ち上げ~イロイロ経て現在までポツポツとDJ。
roger_lab_130.jpg


shakke
埼玉県入間市河原町在住。1983年10月5日生まれ。 ヒップホップやテクノ、ハウスなどから好きな曲を選んでプレイ。 Kon Airというクルーに所属し、Wardaaとのshakke-n-wardaaでも活動。
130.jpg


soulflower
宇田川町レコード店でのバイヤー&ライター生活を経て現在は兼業DJ。時折、思い出したようにパーティーをやります。B2BユニットE.T.C.(East Tokyo Committee)の1/2。活動拠点は蔵前4273と三軒茶屋32016。

https://soundcloud.com/soulflower_no1
soulflower_130.jpg


Stupid Kozo
1992年生まれ。2012年からDJとして活動を始め、2013年のカナダ留学時に受けた影響からフューチャービーツと最新のヒップホップをシームレスに聴かせるプレイを身上とする。帰国後はSoundcloudに多数のMixをアップするとともに、盟友DJ ficoと立ち上げたラジオショウAbysmal Loungeにて毎週月曜日にDJ MIXを生配信するなど、地元福岡を中心に精力的に活動している。

https://soundcloud.com/stupid-kozo
Stupid%20Kozo_130.jpg


Threepee Boys
ソロにおいても多方面で活動を続けている DONSTA、Sir Y.O.K.O.PoLoGod.、YO!HEY!!の3人から成るオルタナティブ・ヒップホップ・DJユニット。ブログ『Threepee Times』を主宰する。DJとしてはOld SchoolからNew SchoolまでのHip Hopはもちろん、ローカルバウンスとしていち早く日本で取り上げたNew Orleans BounceやHip HopとしてのBass Musicを最新の複合的ダンス・ミュージックへ昇華させ、縦横無尽にミックスする常にF/R/E/S/H/なグループ。 毎月水曜日のAfter7のお楽しみパーティー『Threepee Times』は2015年9月より渋谷から原宿UC (Ucess The Lounge) へ拠点を移動し開催中。
TB201602credit_130.jpg


田我流とカイザーソゼ
山梨を中心に全国的に活躍するラッパー田我流によるバンド・プロジェクト。田我流は、2011年に公開された富田克也監督の映画「サウダーヂ」で主演を務めたことをきっかけに名前が広がり、2012年4月に発表したアルバム「B級映画のように2」でその評価を確固たるものにする。その後eastern youthの企画イベント「極東最前線」にヒップホップアーティストとして初めて出演し、さらにフラワーカンパニーズとのツーマンライブも実施。ヒップホップというジャンルを超えて、さまざまな音楽シーンで活躍している。地元一宮町出身のラップグループstillichimiyaのメンバーとしても活動中。2012年に6人組のバンドstimと”√20″を共作したのをきっかけにライブやセッションを重ね、2014年にはstillichimiyaのYoung-GをDJに、KIRIHITOの竹久圏をGuitarに加えて「田我流Band」を結成。2015年からはRumiko Imaiをコーラスに迎え、バンドを「田我流とカイザーソゼ」と命名。2015年には、レコーディング・エンジニアに内田直之を迎え、スタジオ・レコーディング・アルバム「田我流とカイザーソゼ」を制作。アルバム発表に先駆けてスタジオ石制作のミュージック・ビデオ”アレかも、、”を公開している。


http://www.maryjoy.net/artists/dengaryu.html

田我流:Vocals

Taichi:Drums

松崎幹雄:Bass

高田陽平:Percussions

中村圭作:Keyboards

後関好宏:T.Sax, S.Sax, Flute

上運天淳市:B.Sax, B♭Clarinet

竹久圏:Guitar

Rumiko Imai:Chorus

Young-G:Turntables, Sound Efx
dengaryu_130.jpg


VIDEOTAPEMUSIC
地方都市のリサイクルショップや閉店したレンタルビデオショップなどで収集したVHS、実家の片隅に忘れられたホームビデオなど、古今東西さまざまなビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作している。VHSの映像とピアニカを使ってライブをするほか、MV制作、VJ、DJ、イベントのオーガナイズなど活動は様々。MVでは盟友ceroを始め小島麻由美、NRQ、Hi,howare youなどジャンルレスに手がける。ほかにもモデル、女優の菊池亜希子のムック本「マッシュ」のCM映像、楽曲も製作。ライブにおいては、クラブシーンからインディペンデントシーンまで幅広く活動。2015年10月に2nd Album「世界各国の夜」をリリースした。ダンスミュージックとしての下地にポップでメロウなメロディが絶妙であり、映像のセンスふくめ卓越しており、シーンの中でもずば抜けており、今作のリリースが待ち望まれていた素敵な男が「VIDEOTAPEMUSIC」である。
videotapemusic_130.jpg


OMSB
Mr. "All Bad" Jordan a.k.a. OMSB 
SIMI LABでMC/Producer/無職/特攻隊長(ブッコミ)として活動。
2012年10月26日、ソロアーティストとしてのファーストアルバム「Mr. "All Bad" Jordan」を発表。
2014年3月には、自身も所属するグループSIMI LABとしてのセカンドアルバム「Page 2 : Mind Over Matter」をリリース。
兼ねてからフリーダウンロード企画でBeat Tapeを多数発表し、2014年11月にはBLACKSMOKER RECORDSよりインストビート作品集「OMBS」も発表。
その他、KOHH, ZORN, Campanella, PRIMAL等、様々なアーティストへの楽曲提供・客演参加もしている。 2015年5月、ソロとしてのセカンドアルバム「Think Good」をリリースした。
OMSB_%E3%82%A2%E3%83%BC%E5%86%992015_130.jpg


ZOMBIE-CHANG
東京都世田谷区の静かな住宅街に棲む。
ANTI-FOLKならぬ、ANTI-EDM。
馴染めない現代音楽社会の中で、ローファイをテーマに様々な音楽ジャンルをゆるーく、混ぜたり、こねたり。
ZOMBIE-CHANG WORLDに染まっていきます。
    いい加減と生真面目の間を行ったりきたり嫌になったりしませんか?

http://zzzzmmmm.wix.com/zombie-chang
%E3%82%BD%E3%82%99%E3%83%B3%E3%83%92%E3%82%99130.jpg


deadbundy
DJ、トラックメイカーのMOTIVE(Programing,Sampler,Key)、 元HEPBURNの山口雅弘(Vo,Gt)、 CHAMPAの木下潤一(Vo,Gt,Key)を中心に結成。 2013年1stアルバム「deadbundy」、 7inch vynal「SUNRISE」発売後、 各地のフェスに出演。 アンビエント~チルアウトな雰囲気を漂わせるサウンドに、エレクトロニカ、 音響系にブレイクビーツを始めとするダンス~エレクトロニックな要素と、サイケ、プログレ、エレクトロ、フォークなどが絶妙なバランスで交差し、その上を流麗なウイスパーヴォイスが舞い一体となるサウンドを放つ
deadbundy_130.jpg


嫁入りランド
ラップ、ラジオドラマ、デコレーション、、温泉、恋、仕事、家族サービス、勉強、梅宮、、アンナ事こんな事…?!?!?!?!?!

http://ameblo.jp/yomeiriland
https://twitter.com/yomeiriland
https://soundcloud.com/yomeiriland
http://yomeiriland.bandcamp.com
%E5%AB%81%E5%85%A5%E3%82%8A130.jpg


P-RUFF
東京都出身。DJ/トラックメイカー。FRESHな音楽体験を日々DUB解釈。現場で培ったフロア感覚と、日常から抽出したアンビエント要素の融合を模索中。09年Blending TonesよりMix CD“Moonshake”リリース。10年Tiovita1“God Complex”にremixで参加。12年7inch Split Vinyl“Sun Drum Session”リリース。Sound & Graphic Lab. radloop主宰。
P-RUFF_500_130.jpg


MILKMANN
東京のDJ。ハウスを中心に、クラブからバー、ほかいろんなところで、シチュエーションに合わせつついろいろプレイ。
MILKMANN_130.jpg


jitsumitsu
毎月第二土曜日青山OATHにて"INAZUMA"、第一月曜日八王子SHeLTeRにて"OZ"を。 その他、東京を中心に各地でやってます。
%E3%81%97%E3%82%99%E3%81%A4%E3%81%BF%E3%81%A4130.jpg


K.A.I.
昭和60年、日本生まれ。 PASTIME、disconap、DUNCETERIA、7、青山トンネルサンデーアフタヌーン等、ジャンル問わず多くのパーティーレギュラーを経て、現在はマイペースに活動中。カイオンザマイク名義でラッパーとしての顔も持つ。
KAI_130.jpg


MxFxD
MXFXD_130.jpg