live Event

2014.07.06 SUN

カルメラ presents
『JAZZ A GO GO vol.3』


LINE UP:

LIVE :
カルメラ
bohemianvoodoo
TRI4TH
JABBERLOOP

企画/制作 : 巡音彩祭

INFORMATION:
OPEN : 17:00
START : 18:00
CHARGE : ADV 3,500yen/DOOR 4,000yen
(共にドリンク代別)

TICKET : 5/10(SAT) on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P] 231-669
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン[L] 78290
e+

INFO :
代官山UNIT 03-5459-8630
巡音彩祭

WEB :
カルメラ OFFICIAL WEBSITE
bohemianvoodoo OFFICIAL WEBSITE
TRI4TH OFFICIAL WEBSITE
JABBERLOOP OFFICIAL WEBSITE

OTHER INFORMATION
カルメラ
SOMMER SONIC2013や福岡の大型ビーチフェス「Sunset Live」の三年連続出場も果たした大阪発エンタメ系インストブラスロックバンド。ポップス、ジャズ、サンバ、ラテン、ロックなどあらゆるジャンルを時に 楽しく、時に切なく、大阪ライクにクロスオーバーする8人組。 2007年 本格的にライブ活動を開始。インディーズ活動の中、4枚のアルバムをリリース。2013年6月にワーナーミュージックジャパンに移籍し「HANZOMON LINE」をリリース。2014年2月「ゴールデン・バラエティー」をリリース。演奏力の高さに加え、全員が関西人で構成されたメンバーならではのトーク、時にコントも取り入れたライブ演出は、近年のリピーターの増加が人気を物語っている。インストバンドシーンをザワザワさせている、注目のバンドである。
calmera_130.jpg
bohemianvoodoo
bashiry(g)/木村イオリ(p,key)/Nassy(b)/山本拓矢(ds)
2008年結成。東京・神奈川を中心にライブ活動を開始する。
2011年には「Motion Blue yokohama」初登場にしてモーションブルー歴代観客動員記録に名を連ねる。
2012年12月、新鋭レーベルPlaywrightより、2ndアルバム”SCENES”をリリース。発売から半年後現在もタワーレコード各店のTOPチャート上位を獲得し続け、近年の若手ジャズバンドとしては異例のセールスを記録している。
2013年、ドラムスが井上孝利から山本拓矢に交代。新たなメンバーで全国ツアーを続ける。
ポップでメロディアスな楽曲群。ドラマチックな展開と爽快なドライブ感。様々な風景がイメージされる、メロディアス・インストバンド。
bohemianvoodoo_130.jpg
TRI4TH
2006年より活動を開始。
迫力あるライブパフォーマンスは、造り込まれた楽曲と確かなテクニックに裏打ちされている。
2009年3月に、須永辰緒主宰レーベル”DISC MINOR”からアナログシングル「TRI4TH plus EP」でデビュー。
以降「Club Jazz Digs Lupin The 3rd 」「NOT JAZZ!! BUT PE’Z!!! 」他、多数のコンピレーション・トリビュートアルバムに参加。Remixも多く手がける。
2009年11月には、脚本・三谷幸喜、音楽監督・小西康陽ミュージカル「TALK LIKE SINGING」に出演、東京・ニューヨーク公演に参加する等、幅広い活動を展開する。
2010年8月、プロデューサーに須永辰緒、ゲストにJukka Eskola、Max Ionataを迎え、1st アルバム「TRI4TH」リリース。
2011年7月、i-tunesよりOCTET Sunaga t『キエフの空 feat.Jukka Eskola-TRI4TH』 をリリース。
2011年11月には初のカバーアルバム「わらべJAZZ」をリリースする。
2012年8月に新ピアニスト 竹内大輔を迎え、2nd アルバム 「TRI4TH AHEAD」をリリース。TRI4TH流”踊れるジャズ”を展開。

2013年11月、TRI4TH初のセルフプロデュースによる3rd アルバム 「Five Color Elements」をリリース。
TRI4TH_130.jpg
JABBERLOOP
DAISUKE (Sax) / MAKOTO (Trumpet) / MELTEN (Keyboard) / YUKI (Bass) / YOHEI (Drums)

東京を拠点に活動するインストバンド。
オリジナリティ溢れる音楽性を持ち、海外、野外フェス、ジャズクラブなど幅広い範囲でのライブ活動を行っている。 印象的なメロディーを持つ楽曲が多く、多方面で評価される。(CMタイアップ、プロダンサーが使用、ダンスコンテストでの定番曲、テレビやラジオでの高い使用率、高校野球の応援曲、吹奏楽やエレクトーンでのカバー演奏など様々) 2004年京都にて結成。
2005年 メンバーが現在の体制となり、活動の拠点を東京に移す。
2006年 ストリートライブやクラブイベントを中心に勢力的にライブ活動を行う。
2007年 1stアルバム『and infinite jazz…』をコロムビアよりリリース。同時期にロンドンで12インチアナログ『UGETSU』のリリースし、ジャイルス・ピーターソンがイギリスのBBCラジオでプレイするなど海外で大きな話題を呼ぶ。
2008年 リミックスワークやプロデュースワークなど、他アーティストとのコラボレーションを勢力的に開始し、初のワークスアルバム『infinite works』をリリース。
2009年 2ndアルバム『CHECK THIS OUT!!』をリリース(収録曲『シロクマ』がiTunesのジャズチャートの1位を長期に渡って獲得し、今なお上位を守り続け現在はバンドにとっての代表曲となっている)。ミニアルバム『OOPARTS』をリリース。アルバム『REVENGE OF THE SPACE MONSTER』を全米でリリース。初のライブアルバム『LIVE at MOTION BLUE YOKOHAMA』をリリース。
2010年 3rdアルバム『攻め燃える』をリリース(収録曲『Round-Mirror Moon』がiTunesのジャズチャートの1位を長期に渡って獲得)。同作は、iTunesStoreのRe:WIND(年間最優秀アルバム)の国内ジャズ部門を獲得する。台湾のラッパーSOFT LIPAとの共作アルバム『経典!』をリリース(収録曲『dental driller』が人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン2011』に使用される)。
2011年 アルバム『経典!』で台湾最大の音楽賞”第22届金曲奨”(台湾政府が主宰し、台湾版グラミー賞と呼ばれている)にて年間ベストアルバムにノミネートされる。スクエア・エニックスの人気コンピ『More SQ』に参加。台湾でアルバム『台湾特選集』をリリース。
2012年 自身の主宰するレーベルINFINITE RECORDSが始動。同レーベルよりデビュー5周年記念盤となる4thアルバム『5』をリリース。
2013年 初のライブDVD『555 JABBERLOOP THE 5TH ANNIVERSARY DVD』とソノダバンドとの2マンの様子を収めた『SUMMERに向けてまっしぐら ツアー LIVE DVD』2タイトルを連続リリース。初のジャズクラブのみのライブツアー『JAZZ目線』を開催し好評を博す。2014年 6枚目のフルアルバム『魂』をリリース。
JABBERLOOP_130.jpg