Club Event

2014.04.28 MON
LOW END THEORY JAPAN
-Spring 2014 Edition-
LINE UP:
featuring:
DIBIA$E
DADDY KEV
D-STYLES
NOBODY
NOCANDO

Arμ-2
BudaMunk
BUGSEED
GreenButter
GuruConnect
ILLSUGI
jjj
KILLER-BONG
Pigeondust
RLP
DJ SAGARAXX
sauce81
SUNNOVA
XXX$$$
YAGI
and more

VJ: DBKN
INFORMATION:
OPEN : 22:00
START : 22:00
CHARGE :
ADV. 3,500yen DOOR 4,000yen
※未成年者の入場不可・要顔写真付きID

TICKET :
LAWSON TICKET(L:76299)
e+
SHOP :
diskunion渋谷Club Music Shop
diskunion新宿Club Music Shop
diskunion下北沢Club Music Shop
diskunion吉祥寺
Beams Records
Jet Set Tokyo
UNIT
E-TICKET :
Clubberia

INFO : 代官山UNIT 03-5459-8630

WEB : LOW END THEORY JAPAN


Related Events:
[福岡公演]
2014.04.25 (FRIDAY)
LOW END THEORY × OILWORKS TECHNICS
@KIETH FLACK

[大阪公演]
2014.4.26 (SATURDAY)
CIRCUS & BuddhaSmog presents
Low End Theory Japan Tour Osaka
@ Circus
今年もやります!
LOW END THEORY JAPAN !
来る6月にLA では2 日間に渡る大規模なLOW END THEORY のフェスを控え、その後は昨年同様に ヨーロッパ・ツアーも予定されており、LOW END THEORY 周辺はさらなる盛り上げるを見せています。
今年もDaddy Kev を筆頭にお馴染みのレジデント勢はもちろんのこと、Dibia$e が待望の初来日! 強者揃いのLA のビート・シーンでも早くから常に高い評価を得て、Flying Lotus からSick Team の Budamunk まで制作を共にしてきた真のビート・マスターが遂にLOW END THEORY JAPAN に登場です!
更に彼らを迎え撃つ国内ゲスト勢も多彩なラインナップが揃いました!
またLOW END THEORY JAPAN でも初開催以降、常に大きな盛り上がりをみせている ビート・メイカーの祭典Beat Invitational ももちろん開催。今年もお見逃しなく!

OTHER INFORMATION
DIBIA$E
サウスLA のWatts 地区出身。DJ PREMIER、FLYING LOTUS をはじめ、現行の著名プロデューサー達が一目置くL.A. シーンの最重要人物のひとり。95 年からビートを作り始め、All City Dublin やFat City、Alpha Pupなど、ビート・シーン/ ムーブメントの中核を担う重要レーベルからリリースし、ビート・ジャンキー達から俄然注目を集める。これまでMF DOOM、GZA、Living Legends、J-Zone などと共演し、FLYING LOTUS やBUDAMUNK とも制作を共にする。2010 年にはUS 最大規模のビートバトル・コンテスト、Red Bull Big TuneのL.A. ラウンドで見事優勝。自身のレーベル、10 THIRTY RECORDS より最新アルバム『SCHEMATIKS』をまもなくリリース。
dibiase_140pix.jpg
DADDY KEV
LOW END THEORYの、またレーベルALPHA PUPの主宰者。アンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンの伝説的プロデューサーであり、フリースタイル・フェローシップからフライング・ロータスまでさまざまなアーティストのマスタリング・エンジニアとしても有名。LOW END THEORYでは多くの若いアーティストを次々とフックアップするほか、DJシャドウからトム・ヨークやエリカ・バドゥまでDJとして出演させ、LAのみならず世界のビート・ミュージック・シーンの活性化に寄与して、多くのアーティストからリスペクトを集めている存在。
Kev_140pix.jpg
D-STYLES
インヴィジブル・スクラッチ・ピクルズとビート・ジャンキーズのメンバーとして、ターンテーブリズムの発展に大いに貢献を果たした偉大なるDJ。常に革新的な姿勢を失わないそのプレイは、ターンテーブリスト界で絶大なる人気を誇っている。LOW ENDではダブステップやハードなインスト・ビートを巧みなスクラッチと織り交ぜてプレイする。
D_STYLES_140pix.jpg
NOBODY
ヒップホップ育ちのサイケ・ロッカーであり、マーズ・ヴォルタやプレフューズ73のツアー・メンバーとしても知られているノーバディは、サイケデリック・ロックとヒップホップを融合させた『Pacifi Drift: Western Water Music Vol.1』で脚光を浴びた。ミスティック・コーズ・オブ・メモリー、ブランク・ブルー名義でもアルバムをリリース。ネットラジオdublabの設立メンバーの一人でもあり、常にLAの音楽シーンの中心で活動を続けている。
Nobody_140pix.jpg
NOCANDO
LAアンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンの中核Project Blowedから頭角を表し、LOW END THEORYのレジデントMCを務め、多方面から注目を集めているラッ パー。自由自在にウィットに富んだ天才的なライムを吐き出し、07年には全米最 大級のヒップホップ・イヴェントであるスクリブル・ジャムのMCバトルでチャンプに輝いた。フライング・ロータスやバスドライヴァー、デイデラスら蒼々たるメンツが参加したアルバム『Jimmy The Rock』もリリース。
nocando_140pix.jpg
Arμ-2
音楽家。1993年生まれ。血液型はRh-A型。
3 歳の頃に坂本龍一とぶつかる。
2013 October. OIL WORKS Rec.より1st.Album「Aµ」をRelease。
2014 April. P-VINEよりJoint Album 「Backward Decision for Kid Fresino」をRelease。
BANDCAMP等で同年代のビートメイカー達とのコラボ作品やEP集の発表も精力的に行っており、デジタル配信したEP「RE​:​create the Classic」がQuestloveの音楽サイト「Okayplayer」に取り上げられるなど国内外問わず高い評価を得ている。
Aru-2_140pix.jpg
BudaMunk
Hip Hop のプロデューサーBudaMunkは、1996年にLos Angelesに渡り、後にDJやビート作りを始める。2004年にMCのJoe StylesとOYGとKeentokersとして活動を始める。Keentokersは、Live Radioなどと共にSoul Jugglerzというクルーを結成し、LAアンダーグラウンドのステージで多くの通をうならしてきた。BudaMunk個人としても、ローカルのイベントでビートバトルでの優勝や、Dibia$eらローカルのプロデューサーとビートセッションに参加するなど、日本人でありながらLAのシーンで活躍してきた。2006年に帰国。JazzySportやDogearからの作品をリリース。ビートバトルでの優勝、S.L.A.C.KやISSUGIのプロダクション、自身のソロの作品以外にも、Sick TeamやGreen Butterとして日本での活動の幅を広げてきた。最近ではDown North Campの仲間ISSUGI、仙人掌や、LAの盟友Joe Stylesとの作品以外にも、ILLSUGI、 Elaquentなどプロデューサーとのコラボレーション作品も制作中。
Budamunk_140pix.jpg
GreenButter
Green Butterは主にサンプラーを操りヒップホップのビートを作成するBudamunk と、ドラムを中心とした様々な楽器を熟知したmabanuaの想像力を合体させた音楽である。Budamunk が作った中毒性の高いグリーンなビートを土台にmabanuaの滑らかでゆったりとしたバターの様な音と演奏が交わる。これによって濃度の高いグルーヴと繊細でロウな音質が誰をもmad relaxさせる空間である。
greenbutter_140pix.jpg
GuruConnect
完全にネクストレベルと言えるキラーなビートを人力で叩き出し、「音で殺す」という言葉を見事に体現した凄まじき世界観を放出し、今もなおその中毒者を全国規模で増殖させている4人組・skillkills。そのskillkillsにおいて圧倒的な音圧を誇るベーシストであり、サウンドの大部分を作り上げているコンポーザー・まさにskillkillsの頭脳と言える鬼才・HIRONAKASUGURUのソロ名義。2013年11月にBLACKSMOKER RECORDSより1st Album 「FreakOut x BlackBass」をリリース。2014年1月より自主レーベル”ILLGENIC RECORDS”を立ち上げ代表を務める。
Official HP
guruconnect_140pix.jpg
ILLSUGI
ILLSUGI / NASTY ILL BROTHER SUGI

神奈川県相模原市出身。
2006年頃からDJやMCとして県、都内問わず各所で活動を始め、チームとして2008年に結成されたCOCKROACHEEE'z を持つ。
2011年、データオンリーで配信されたHOBOBEAT TAPEをリリースし海外のHIPHOPサイトなどで評価を得る。
その後旧友bugseedとの"fliping formats" "SILLA BEAT TAPES"が発表された。
2012年四月に渋谷ROOMで行われているビートパーティーTRANEの首謀者YAGIと共にスプリットビートテープSTONEDをカセットテープ、CDRで発表。
このタイトルも国内外問わず多数のレスポンスを得て完売。
その後自主レーベルJ.M.Rから2013年4月 STIFF FINGER LPを発表。初のレコードでのリリースだったが完売。
その後も続々と、リリースを重ね現在に至る。
ILLSUGI_140pix.jpg
jjj
1989年生まれ、川崎在住のトラックメイカー/プロデューサー、MC 、DJ。
febb as Young Mason、KID FRESINOと共にFla$hBackSを結成。
今年初夏、待望のソロ・デビューアルバムをリリース予定。
soundcloud
twitter
blog
jjj_140pix.jpg
KILLER-BONG
kb_140pix.jpg
RLP
東京出身のビートメイカーRLP。2010年に1st AlbumをOilworksよりリリース。その後もコンピレーションへの楽曲提供やTOKiMONSTAやLogic System等、多数のリミックスを手がける。ライブアクトとしてはOnra、Africa Hitech、Dorian Concept等多数のアーティストと共演し、国内でのBrainfeederやLow End Theory等の重要パーティーにも出演。Onra、Ta-Ku、XXYYXX、Soulection等多数のアーティスト/DJが楽曲をプレイしている。世界中で十数万ダウンロードされているポッドキャスト/イベントである"COSMOPOLYPHONIC"の主要メンバー/デザイナーとしても活動中。
Official HP
rlp_140pix.jpg
DJ SAGARAXX
東京都町田市出身。1990年代後半からDJを開始。

地元の盟友ex.Loop Junktionのラッパ-山仁との1MC×1DJのライブアクト”Yamazin&Sagaraxx”としてLive DJを行う。

渋谷のレコードショップ stylusにてヒップホップバイヤーを勤めていた2007年頃、六本木Roots Nで行われていたイベント『Coffee&Cigarettes』から派生したDJ Kenseiとのプロジェクト、Coffee&Cigarettes Bandの活動をスタートさせる。これまでに数々の12inchや7inchのアナログ盤をリリースし、2013年C&Cのレーベル”electricroots”よりe.p『 from c&c with love 』をリリース。

豪華ミュージシャン達が参加したC&C待望のニューアルバムをdisques cordeより2014年リリース予定。

現在、奇数月の第一水曜日にネットラジオ局dublab.jp内で”electricroots”という番組を担当しC&Cが幅広い音楽を紹介している。

90年代のクラブミュージックに影響を受け、その中でも特にヒップホップを始めブラックミュージックをルーツにもつ音を中心としたDJスタイルを得意とする。横浜GRASSROOTSにてラウンジをテーマに自由に音楽をセレクトしたイベント”sagaraxx lounge”を不定期で開催中。青山蜂を始めクラブやバーを中心にDJ活動を行っており、最近は7inchオンリーでのプレイにもトライしている。又ここ数年はLowendtheory JapanにレギュラーでDJ出演している。
Official HP
sagaraxx_140pix.jpg
sauce81
(cosmopolyphonic)
生々しいマシン・グルーヴとラフで温かみのあるシンセ使い。雑味たっぷりの楽器演奏と時折表すファジーでメローなボーカルワーク。ディープなソウルとファンクネスをマシンに宿すプロダクション・スタイルで、数々のリミックス、コンピへの楽曲提供を重ねてきた。2013年には『Fade Away EP』12"<Wonderful Noise>、『All In Line / I See It EP』12"<Catune>、77 Karat Gold (grooveman Spot & sauce81)『Love / Memories In The Rain』7"<Jazzy Sport>を立て続けにリリース。Sonar Sound Tokyo などの国内フェス出演、海外でのライブ活動も行っている。2014年4月には Wonderful Noise より『It's About Time EP』、5月下旬には disques corde より N'gaho Ta'quia(ンガホ・タキーア)名義のアルバム『In The Pocket』のリリースが予定されている。
tumblr
soundcloud
sauce81_140pix.jpg
SUNNOVA
2010年にSoundCloud上で活動を開始。 国内海外問わず、多数のコンピレーションアルバムに参加。
2012年に自身の1stアルバムアルバム"Flip Stoner"をLOW HIGH WHO? PRIDUCTIONからリリース。
以降、downyやALTなど、様々なアーティストのリミックスワークを手掛け、2014年にBandcampでフリーダウンロードアルバム"QUIETS"をリリース。
現在USOWA(SIMI LAB)と共作でアルバムを制作中。2014年内にリリース予定。
tumblr
bandcamp
SUNNOVA_140pix.jpg
XXX$$$ (XLII & DJ SARASA)
ベース・ミュージックのキーレーベルCivil Musicで活躍、作品を解体/再構築する強烈なライブも魅力のXLII (シリー)。ハードコアかつ知識に裏打ちされたプレイで世界中をツアー、あのQuestloveからも大絶賛されたDJ SARASA。ウクライナ生まれUK育ちと、日本生まれNY育ち、国境を軽々と超えるこの2人が新ユニットXXX$$$を結成! ベース・ミュージックの爆発力を最大化する!

XXX$$$ (エクセス)というグループ名は、英語の「EXCESS」をもじった見た目の通り「やりすぎ」を意味し、とどまる事の知らないハチャメチャな2人を表現している。リアルタイムパッドコントロールに2人が繰り広げる雷の様に素早いミックス。パンクバンドの様に激しく踊りながら演奏するXLIIとDJ SARASAによる大胆なパフォーマンスは大きな話題となり、マイアミ発の大型エレクトロニック音楽フェス『Ultra Music Festival』の韓国版 『Ultra Korea』にも出演し、ソウルのオリンピックスタジアムにてプレイ。

東京の様にエネルギッシュで眩しく、インドの様に色鮮やかでエキゾチック、ボルチモアの様にダーティーでダンサブルなパフォーマンスはもちろん、結成後すぐにI AM LEGION (NOISIΛ+ Foreign Beggars)のファーストシングル「Make Those Move」のオフィシャルリミックスを手掛けるなど、作品面でもXXX$$$と言う名を世界へ向けて発信している。

XLIIは世界中に影響力を持つラジオ BBC- Radio 1Xtraや、アンダーグラウンドの先端を聴かせる人気拡大中のRinse FMにも出演。dj KENTAROの "Step in ft. Foreign Beggars" のオフィシャルリミックスも手がけ、そのサウンドをアメリカのトップレーベル Mad Decentが絶賛するなど、着実にベースミュージック界で評価を高めている。そしてDJ SARASAはヒップホップのルーツを継承するUniversal Zulu Nationのメンバーにして、DJプレイの傍らNY発の音楽メディアWaxpoetics Japanにてブログ連載、アパレルブランドMYNORITY CLASSICSのプロデュースなど多才ぶりを発揮。Funk、Disco、Soul、BreakbeatsやHouseもクロスオーバーさせる独自の選曲とDJスキルで柔軟なプレイで好評を得ている。XXX$$$はそんな2人が提案するユニットだ 。
XXX$$$ LIVE
XXX$$$ WEB
XXX$$$ Soundcloud
XXX%24%24%24_140pix.jpg
YAGI
Tokyoをメインに活動中のビートメーカー。2012年、盟友ILLSUGIとのスプリットビートテープ "STONED BEAT TAPE"(2014年1月にCD化再発)をリリース。国内外のビート系メディアに多数掲載されるなど好評を得る。同年、Low End Theory Japanに出演し、2013年にはLos AngelesのWebRadio"Dublab"のProton Driveにライブ出演。4/9に自信初のソロビートテープ"MOMENTS"をLAのビートレーベル、"ELSERENO RECORDS"よりリリース。
Yagi_140pix.jpg