live Event

2014.02.18 TUE
Ray Barbee
Solo Japan Tour 2014

LINE UP:
LIVE:
Ray Barbee
GABBY & LOPEZ
INFORMATION:
OPEN : 18:30
START : 19:30
CHARGE : ADV. 4,000yen
(オールスタンディング/税込) 別途1ドリンク

TICKET : now on sale
イープラス:eplus.jp
ローソンチケット:0570-084-003 Lコード:78776

INFO :
UNIT 03-5459-8630

WEB : Ray Barbee << Galaxia Records HP
トミー・ゲレロの盟友であり、現役のプロ・スケーターでもあるレイ・バービーのソロ・ジャパン・ツアーが決定!








OTHER INFORMATION
Ray Barbee (レイ・バービー)
トミー・ゲレロの盟友であり、現役のプロ・スケーターでもあるレイ・バービー。スケートボードと同時に音楽制作にも力を入れていたレイ・バービーは、自宅で録音した音源をトミー・ゲレロに聞かせたところ、それをトミーが気に入りトーマス・キャンベルに紹介したことがきっかけで、'01年"galaxia(ギャラクシア)"からデビューEP『トライアンファント・プロセッション』をリリースすることになる。メロウ/チルアウト/ジャズ...etcのキーワードを想わせ、肩肘張らず、自由でリラックスしたサウンドがスケーターやサーファーなどの間で話題となりロングヒットを記録。 '05年2月に行われた第一回"THE GREENROOM FESTIVAL"に出演、3月には、サーフィン映画金字塔『スプラウト』のサウンドトラックに3曲提供、そして同年7月にファースト・アルバム『イン・フル・ヴュー』をリリース、独自のリズミカルなギター、そしてメロウな世界観を増幅させ、幅広い層から支持を受けた。『イン・フル・ヴュー』は、ここ日本でも1万枚に迫る大ヒットを記録し、現在の西海岸のストリート・ミュージックを象徴する一枚となっている。更に同年12月には、『スプラウト』のサウンドトラックでのセッションがきっかけとなり、トミー・ゲレロ、マット・ロドリゲス、チャック・トリースの4人によるスペシャル・プロジェクト"BLKTOP PROJECT"として8曲入のミニ・アルバムをリリースした。沢山の話題を振り撒いた'05年度、レイ・バービーは一気に音楽シーンでも知名度を上げることになった。翌'06年3月には再来日し、日本のキャラバンと共演するなど日本のシーンとも交流深める。'07年3月には"galaxia(ギャラクシア)"入魂の新人ザ・マットソン・ツーとの共作盤『レイ・バービー・ミーツ・ザ・マットソン・ツー』をリリース、その後スタジオ・コースト、渋谷DUOなど日本ツアーを行い高い評価を得た。09年3月にはBLKTOP PROJECTの1st Album『lane change』をリリースしている。

RAY_BARBEE_140pix.jpg
GABBY & LOPEZ (ギャビー&ロペス)
森俊二(Natural Calamity)と石井マサユキ(Tica)の二人によって2000年に結成されたギター・インストゥルメンタル・ユニット。
2004年にファースト・アルバム『Straw Hat, 30 Seeds』を発表。続いて2006年に発表したセカンド・アルバム『Nicky's Dream』はその年のベスト・アルバムとして多くのメディアで取り上げられた。同アルバムからの楽曲は、様々なコンピレーションや映画『ホノカアボーイ』のサウンドトラックにも収録。2012年4月には渾身のサード・アルバム『Twilight For 9th Street』をリリースした。
また、トリップ感溢れるライヴ・パフォーマンスも各方面で絶賛され、これまでにFUJI ROCK FESTIVAL、GREENROOM FESTIVAL、Sense of Wonder、SUNSET LIVEなどの大型フェスへも出演を果たしている。

gabby%26lopez2_140pix.jpg