live Event

2013.09.12 THU
“Daikanyama UNIT
9th Anniversary
in association with
root & branch”

Michael Rother
presents the music of
NEU! and Harmonia
plus selected solo works
special guest: Hans Lampe
(La Dusseldorf)

LINE UP:
LIVE:
Michael Rother
special guest: Hans Lampe
INFORMATION:
OPEN : 19:00
START : 20:00
CHARGE : ADV 5,500yen (tax incl./without drink)

TICKET : 8/10 (SAT) on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P] 208-749
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン 0570-084-003 [L] 70514
e+

INFO : UNIT 03-5459-8630
これまでジェイムズ・チャンス&ザ・コントーションズ、ESG、シルヴァー・アップルズ、クラスター、パレ・シャンブルグ etcと数多くの伝説的アーティストを招聘してきた代官山UNITのアニヴァーサリー。9周年、はたして?と思っていた皆さん、お待たせしました。今年はNEU!、Harmonia、ソロでの活動を通し、今日のオルタナティヴ・ミュージックに多大な影響を与えてきたMichael Rotherが La Dusseldorfの元ドラマーでありConny Plankのアシスタントとして数多くの名作のレコーディングに関わって来たHans Lampe(初来日!)を帯同し、NEU!、Harmonia、そしてソロワークから選りすぐりの楽曲をプレイ! 完売必至! "まさか"の来日公演!! お見逃しの無きよう!!!







OTHER INFORMATION
Michael Rother (ミヒャエル・ローター)

言わずと知れたジャーマン・エレクトロニック・ミュージックの巨頭クラフトワークの初期メンバーであり、その際に出会ったドラマー、クラウス・ディンガーと共に伝説のジャーマン・ロック・バンド、ノイ!(NEU! )を1971年に結成。ハンマー・ ビートと呼ばれた機械的な8ビートを大胆に導入して注目され、その後のパンク〜ニュー・ウェイヴに絶大な影響を与えた。彼等の代表曲「Hallogallo」収録したファースト・アルバム『NEU!』は、永遠のマスターピースとしてデヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ、イギー・ポップ、ディーヴォ、ジョイ・ディヴィジョン、PiLのジョン・ライドン、ソニック・ユース、ステレオラブ、ボアダムス、U2、オウテカ、レディオヘッド、プライマル・スクリームなど数多の有名ミュージシャンから傑作として評価されている。1973年に発表されたセカンド・アルバム『NEU! 2』では、当時まだ先駆的な手法であったリミックスを大胆に試み物議を呼んだ。ミヒャエル・ローターとクラウス・ディンガーの音楽的方向性の違いから、サード・アルバム『NEU! 75』を最後にノイ!は解散した。この『NEU! 75』に参加したドラマーであり、後にクラウス・ディンガーを中心に結成されたラ・デュッセルドルフのドラマーとしても活動、また70〜80年代のドイツを代表するプロデューサー/サウンド・エンジニア、コニー・プランクのアシスタントであったのが、今回のジャパン・ツアーにスペシャル・ゲストとして参加するハンス・ランペである。ノイ!解散後のミヒャエル・ローターは、クラスター(ディーター・メビウスとハンス・ヨアヒム・ローデリウス)の2人と後にブライアン・イーノも合流した、ハルモニア(Harmonia)を結成。ジャーマン・エレクトロニック・ミュージックの最高峰として、エイフェックス・ツインを筆頭に後のテクノ〜エレクトロニカ世代に多大な影響を与えた。ハルモニア以降はソロ活動を活発化させ、数多くのソロ・アルバムをリリースしている。2010年にはスティーヴ・シェリー(ソニック・ユース)とアーロン・マラン(Tall Firs)とHallogallo 2010を結成、世界各国で積極的なツアーを敢行した。2012年からベルリンの若手バンド、カメラをバックに従えてヨーロッパ各国でプレイしている。
Michael%20Rother_140pix.jpg