Club Event

2012.10.07 SUN

Suicide Circus Night
featuring SNUFF CREW


LINE UP:

LIVE : SNUFF CREW (Snuff Trax)

DJ :
DJ FLUSH (Suicide Circus, KILLEKILL)
MORI (Suicide Circus)
LYOMA (abend kollektiv)

SALOON (B3F)
LIVE : HUMANDRONE
(Snuff Trax, Canaria Schallplatten)

DJ :
MOA (Carizma)
SE (abend kollektiv)
MORI & LYOMA

VJ : TEPPAN

INFORMATION:
OPEN : 23:00
START : 23:00
CHARGE :
W.FLYER 3,000yen
DOOR 3,500yen
※未成年者の入場不可・要顔写真付きID

INFO : 代官山UNIT 03-5459-8630

WEB :
Suicide Circus web_headphone_icon.jpg
SNUFF CREW web_headphone_icon.jpg
DJ Flush web_headphone_icon.jpg
Mori web_headphone_icon.jpg
Lyoma web_headphone_icon.jpg
Humandrone web_headphone_icon.jpg
Moa web_headphone_icon.jpg
←FLYER DISCOUNT
プリントアウトでフライヤーと同等のディスカウントを致します。お一人様一枚ずつお持ち下さい。

OTHER INFORMATION
Suicide Circus
ベルリンテクノ黎明期を支えたTanith、Wolle XDPなどによるSuicide Clubを母体とす るベルリン・フリードリッヒスハインのクラブ。2008年のオープン以来、強力なサウ ンドシステムと先鋭的かつ幅広いブッキングによって絶大な支持と信頼を勝ち取り、 今やBerghainに匹敵するトップクラスのテクノ箱へと成長を遂げた。
Snuff Crew (Snuff Trax)
2008年にMarco Passarani主宰のNature Recordsからデビューし、以後Gigolos Records、Playhouse、Sci+Tec Audio、Skylax、KILLEKILL等からもリリースを重ねる ドイツの怪人。"The new old house sound of Germany"を標榜する真のシカゴアシッ ドの継承者としてSuicide Circus、Berghain、Tresorは元より、ヨーロッパの様々な クラブやフェスティバルをJACKし、2010年にはWombでレギュラー開催されている石野 卓球のレジデントパーティー「STERNE」、2011年には横浜アリーナで行われる国内最 大級レイヴ「WIRE」をもJACKした。Eins、Zweiからなる2人組の怪しい覆面の下は謎の ままだが、Einsの素顔はドイツの某クラブ雑誌の怪しいエディター、Zweiの素顔は Traum Schallplattenから作品をリリースする怪しいアーティストであるという怪しい 噂もまことしやかに囁かれており、彼らの主宰するレーベル「Snuff Trax」からは日 本人アーティストHumandroneの作品をリリースしたり、昨年の東北大震災において、 いち早くチャリティアルバムをデジタルリリースするなど、その怪しい風体とは裏腹 に大の親日家としての一面も窺わせる。
snuffcrew_130.jpg
DJ Flush (Suicid Circus, KILLEKILL)
Suicide Circusのブッキングマネージャー及びレジデントDJ。20年近いキャリアを持 ち、アンダーグラウンドテクノレーベル「KILLEKILL」の主宰や、毎年夏にベルリン市 内で7日間に渡って開催される「Krake Festival」の主宰など、多岐にわたる活動は実 に精力的で、現在のベルリンアンダーグラウンドシーンの一端を担う重要人物の一人 である。
DJ-Flush_130.jpg
Mori (Suicide Circus)
1999年よりベルリンを拠点に、ドイツ各都市、ポーランドなどヨーロッパを中心に活 動。2008年のSuicide Circusオープンに伴い、レジデントDJとして抜擢され、ドイツ 国内外から招賓される様々なアーティストやDJのサポートに力を注ぐ。現地での長い キャリアを反映する長時間のセットを得意とし、クラウドに合わせながらも自身のス タイルをぶれることなく実践。
Lyoma (abend kollektiv)
1998年から2007年までの9年間をベルリンで過ごし、市内の様々なクラブやドイツ国内 の各都市等で研鑽を積む。2007年にPlatikより発表されたコンピレーションCD 「Gathering Traxx Vol.1」へ楽曲を提供し、現在までにPlus Records、Resound Records、Toktok Recordsからリミックスを含む、いくつかの作品をリリースしている。 ベルリン遊歴中の1999年12月、東京でテクノパーティー「abend」を開始。2011年11月 よりSatoshi Endoと共に自主レーベル「abend kollektiv」を展開する。
Humandrone
(Snuff Trax, Canaria Schallplatten)
DJ Mary&Kentと共にレーベルCanaria Schallplattenを主宰。2011年にはベルギー のWe Play House Recordings、ロンドンのLost My Dog等からEPをリリース。2012年は クロアチアのBurekや、WIRE11に出演したSnuff CrewによるレーベルSnuff Traxから の12"をはじめ、イタリアのJ.A.M. Traxxのアナログオンリーコンピへの参加やリミッ クスなど。
Moa (Carizma)
テクノレーベル『CARIZMA』主宰。06年12月にはコンピレーションCD「day dream bleeper」のコンパイル&DJミックスを担当、07年7月にはレーベルコンピレーション 「Championship Midnight Carizma」において初の楽曲を発表した。09年3月には初の シングル「Imitation Goldmotion」をリリース。10年にはTOKTOK、Arai Lazer、 A-Inc、NEWDEALへリミックスを提供している。また同年8月に横浜アリーナで開催され たWIRE10にはサードエリアにゲストアーティストとして出演した。さらに11年4月に は2作目となるシングル「Silverstar Alone」をリリース。