Club Event

2012.06.30 SAT

YARIGASAKI MOST WANTED
supported by STUSSY


LINE UP:

(A to Z)
LIVE :
CHERRY BROWN
サイプレス上野とロベルト吉野
スチャダラパー
SIMI LAB

DJ :
BACK TO SCHOOL (SHINGOSTAR & YO!HEY!!)
DJ STYLISH a.k.a 鎮座DOPENESS
PUNPEE
YO!HEY!! (Threepee Boys / BACK TO SCHOOL)

SALOON (B3F)
DJ :
DJ KENTA (ZZ Production)
Latin Quarter (Pan Pacific Playa)
MACKA-CHIN (NITRO MICROPHONE UNDERGROUND)
MOODMAN
SIMI LAB'DJs
wardaa (mango obsession)

FOOD : Hungry Heaven

INFORMATION:
OPEN : 23:00
START : 23:00
CHARGE : ADV 3.000 yen/DOOR 3.500yen
※未成年者の入場不可・要顔写真付きID

イベント当日はSTUSSYのアイテム着用で『STUSSY×YARIGASAKI MOST WANTED』のオリジナルステッカープレゼント!!!
また、当日会場で『STUSSY×YARIGASAKI MOST WANTED』のTシャツを販売いたします!!!

TICKET : 前売特典有り
【ローソン先行】
携帯サイト「ロックンロールモバイル会員」限定
4/29(SUN) 12:00 ~ 5/6(SUN) 12:00

【一般発売】 5/13(SUN) on sale
チケットぴあ0570-02-9999 [P] 168-743
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン[L] 76024
e+
>>STORE
[渋谷]
● disk union 渋谷 CLUB MUSIC SHOP
[新宿]
● disk union 新宿 CLUB MUSIC SHOP
[下北沢]
● disk union 下北沢 CLUB MUSIC SHOP
● JETSET TOKYO
[吉祥寺]
● disk union 吉祥寺

INFO : 代官山UNIT 03-5459-8630

WEB :
Cherry Brown
サイプレス上野とロベルト吉野
スチャダラパー
SIMI LAB
DJ STYLISH a.k.a 鎮座DOPENESS
YO!HEY!!
Latin Quarte
この日いちばん“ヤバい”パーティーはココだよ、ココ!
渋谷と目黒のちょうど区境である槍ヶ崎。これまで数々の伝説的イベントを織り上げたイベント・スペース、代官山ユニットはこの槍ヶ崎に在している。そして2012年6月30日、その伝説の一幕に新たな頁が付け加われる。90年代に活躍した、“Streight Up Menace”のヒットで知られるUS西海岸ヒップホップ・グループ、コンプトンズ・モスト・ウォンテッドが“コンプトンで誰がいちばんヤバいグループかわかる? 俺たちだよ、俺たち”と高らかに宣言したように、“いちばんヤバい パーティーはどれだよ? ココだよ、ココ”と声明を上げたニュー・パーティー、『YARIGASAKI MOST WANTED』。その“ヤバさ”は今回に参加した錚々たるメンツを見れば明らかだろう。何度も言わせんな!この日いちばん“ヤバい”パーティーはココだよ、ココ!


← FLIER CLICKS HERE!!


タイムテーブル発表!!
(※予告無く変更になる場合がございます。)
←Click!


OTHER INFORMATION
Cherry Brown
Cherry Brown 魔界生まれ、日本とアメリカ育ち、神奈川在住。 ランクはS級魔族。 幼少の頃から当時アメリカで盛んだった西海岸のギャングスタラップを聴かされたり、プリンスの踊りをマネさせられたりしていた。 15歳の頃に作詞、17歳の頃にLil'諭吉として作曲を始め18歳の頃に道を踏み外し2次元の美少女に心を奪われる。それから数年・・2.5次元のアイドルに心を奪われる。特に某ももクロの黄色担当のあの子が大好き。 精神的に不安定であり脳の中に様々な人格が棲みついている。現時点では3つの人格をはっきりと確認出来る。 トゥイッターでフォロワーを増やすために日々音楽制作に没頭している。ニーソが主食。
%E3%81%A1%E3%81%87%E3%82%8A2_130.jpg
サイプレス上野とロベルト吉野
マイクロフォン担当:サイプレス上野、ターンテーブル担当:ロベルト吉野、通称『サ上とロ吉』。 2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である『横浜ドリームランド』出身の先輩と後輩で結成。 『HIP HOPミーツallグッド何か』を座右の銘 に掲げ、『決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント』 と称されるライブパフォーマンスを武器に毎年120本近くのライブを行っている。 2007年に1stアルバム「ドリーム」を発表、2009年には2ndアルバム「WONDER WHEEL」を発表している。 その後、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを成功させ、その模様を収録した 『ワンダー・ホイール ザ ライブ』を発売。 2011年9月には、横浜・神奈川をコンセプトにしたミニ アルバム「YOKOHAMA LAUGHTER」をリリース。 同年11月、SPECIAL OTHERSコラボアルバム「SPECIALOTHERS」へ参加。 2012年3月7日に約3 年ぶりフルアルバム「MUSIC EXPRES$」をリリース。 アルバム収録曲「ちゅうぶらりん feat.後藤まりこ」は、テレビ東京系『ゴットタン』エンティングテーマに決定し注目を集める。 また、FM YOKOHAMA『YOKOHAMA RADIO APARTMENT』水曜日メインパーソナリティのレギュラー担当、 TOKYO FMで放送された不定期プログラム『サイプレス上野の日本語ラップキラッ!』のメインMCや、 bounce.comでの伝説の連載「サイプレス上野のLEGENDオブ日本語ラップ伝説」が書籍化するなど話題を振りまき続けている。 更に、ヒップホップ専門USTREAM番組Amebreak presents「RAP STREAM」のメインパーソナリティ、 TV番組・CMでのナレーター、ファッション・カルチャー雑誌での連載、モデルとその活動は多岐に渡る。 ジャンル、世代を問わず様々な現場から 支持を受け、なにかと注目度の高い二人。 「未来のJAPANESE MUSICシーンを担うアーティスト」へと邁進中!今乗っとけいっその事!そしたら遊び放題一生保証!?
SAUE_130.jpg
スチャダラパー
Bose、ANI、SHINCOの3人からなるラップグループ。 1990年にデビューし、1994年「今夜はブギー・バック」が話題となる。 以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。 2010年にはデビュー20周年を迎え、2月24日にベストアルバム 「THE BEST OF スチャダラパー 1990~2010」をリリース。 さらに、20周年記念イベントを東京、大阪で開催した。 2011年7月には日比谷野外大音楽堂で「スチャダラ2011『オール電化フェア』」 を開催、9月には大阪城音楽堂で「スチャダラ2011~それぞれの秋~」を開催。 2012年も5月26日に日比谷野外大音楽堂で『スチャダラ全力投球!』を開催する。 毎回イベントに合わせて本人達が編集し作成している冊子「余談」、 完全自主制作で作られたミニアルバム「3000」も好評発売中。
dg_sdp_all-B_130.jpg
SIMI LAB
神奈川に突如として発生したドス黒い巨大な染み。それぞれが個性を持ちはじめ、人間となって行動を起こし始めた。見た目とは裏腹に温かい染み達によるブラックネスを、嫌と言う程浴びせかける。QN, OMSB'Eats, MARIA, DyyPRIDE, DJ HISPECを中心に、その構成メンバーは総勢十数名から成る。 その形は常に変化し続け、明日でさえどうなっているのか誰にも予想出来ない。ともかく今日もSIMI達が何処かでまた何か企んでる。
similab1_L_mono_130.jpg
BACK TO SCHOOL (SHINGOSTAR & YO!HEY!!)
アメリカの若者がポップで爽やかなムードでラップをする、 まるで青春映画のサウンドトラックのような世界観が眩しすぎる「放課後ラップ」を、 BACK 2 BACKでスピン!AFRAやシャシャミンが所属するODDJOBのSHINGOSTARと、 Threepee BoysのYO!HEY!!による青春ヒップホップDJユニット。
BTSlogo_130.jpg
DJ STYLISH a.k.a 鎮座DOPENESS
今日、今、この瞬間、自分自身が聴きたい物を、皆様に聴いて欲しい物を、ただただかける。あくまでSTYLISHに。気持ち良くイキマス。やべーっ。
chinzadoopeness_130.jpg
PUNPEE
1984年巣鴨の一心病院でうまれる(多分)。巣鴨の下町で育ち、ますや、ドンヒャラ村 などの登竜門的存在を掌握。同じクラスの森忍さん(4年1組)とイイとこまでいくが家 賃の問題で板橋へ左遷。夢の下町ライフがすべて台無しになる。しょうがねーからス ケボーとかバンドとかして近所のガキと公園でfootballとかする。いつのまに2002年 板橋録音クラブを結成。バックDJとしてふんぞりかえる。メンバーがやるきなさすぎ て、ばれないバイト程度にフリースタイルしてたら、〈libra〉という怖い人たちがやっ てるウルティメイトエムシーコンテスト2006の東京大会で優勝してしまう。がたいの 良いフリースタイラーたちの死体の山の上でおにぎりを頬張った。トラックメイカー としてもその後 Seeda、Scars、環Roy、DJ Baku、鬼、等のHip Hopアーティストを中 心にトラックを提供。2009年Akai主催によるサンプラー・バトル【MPC Gold Fingaz Kitchen】優勝、Myspace主催【Anarchy Remix】コンテスト最優秀賞など、良い言い方 だと幅広く活躍中、悪い言い方だと何だかよくわからなく活動中。 2009 年、Kreva やZeebra、Bach Logic 達からの注目によって、実弟のS.L.A.C.K.、同級生のMC Gapper と共に結成したグループPSGの名義でlstアルバム『David』を発表。bounce誌 やriddim誌などの各音楽誌上で2009年を代表するCD として選ばれる。
punpee_130.jpg
YO!HEY!! (Threepee Boys / BACK TO SCHOOL)
DONSTA & Sir Y.O.K.O.と共に「Threepee Boys」のメンバーとして活動中。 また、放課後ラップDJチーム「BACK TO SCHOOL」をSHINGOSTARと結成。 ソロとしては、ヒップホップとインディロック、両ジャンルの隙間を拾い集め、 アフタースクールの倦怠感と青春の眩さで纏めあげるスタイルで、 DJやミックステープの制作など、マイペースに活動中。
yoheyphoto_130.jpg
DJ KENTA(ZZ PRODUCTION)
横浜出身。実家がレコード屋であったDJ KENTAは、16歳の時に本格的にDJを志すようになる。 地元横浜と東京を拠点にクラブDJとして精力的な活動を展開していく中、いまや伝説的CLUBとなった''Shibuya NUTS''にて2002年のOPENから2009年閉店時まで木、土曜とレジデントDJをつとめ、HIPHOPを軸としながらR&B、SOUL、REGGAE からROCKまで、じつに多彩な楽曲をVIBES溢れるMIXで披露。その持ち前の豊富な知識と繊細かつ大胆なDJセンスに加え、聴き手の期待を裏切ることのない一本の線を紡ぐかのようなスムースなプレイで、確実に『踊れる』DJとしてオーディエンスはもとより国内、海外の多くの共演者からも支持を受けるようになる。 また、2008年3月にはCRAZY KEN BAND"ZERO TOUR"でのフロントアクトに抜擢されるなどHIP HOPの枠を超え活躍の場を広げ、近年ではNYや東アジアでのDJなども経験し更なる飛躍を期待されている。さらには横浜・湘南を拠点とするZZ PRODUCTION(サイプレス上野とロベルト吉野・STERUSS等も所属)の一員としてトラック制作なども活動中。 2005年から2008年に渡り3ヶ月に1度リリースされたMix CD『Beautiful』シリーズはDJ KENTAの音楽性追求と現場さながらのプレイが凝縮された至高作であり、毎季の楽しみとしてグッドミュージックラバー達から絶大な支持を集め、現在でも定期的にリリースされるMix作品は常に高い人気を誇っている。
DJKENTAatAIR_130.jpg
Latin Quarter (Pan Pacific Playa)
これまでに空手サイコ名義でアルバム2枚、シングルCD1枚 リリース。 04年にLatin Quarter名義でファースト・アルバム「LIGHT HOUSE」をリリース。EYE、MOODMAN、KZAなどDJ、クリエイターから絶賛される。 04 年にヨコハマの仲間(LUVRAW & BTB、MR.MELODY、脳、STRINGSBURN、KES等)と共にレーベル「Pan PacificPlaya/PPP」を設立。 そこからブレイクビーツ集「LOST」、コンピレーション、MIX CDなどをリリース。 サイプレス上野とロベルト吉野、ZEN- LA-ROCK、LUVRAW & BTB等にトラック提供、他REMIX、コンピレーション等多数参加。 TECHNO~HOUSEを中心にSOUL、DISCO~R&B、バレアリック!?etc...パーティーによって選曲を変えつつ都内、横浜を中心にDJも活動中。
Latin-Quarter-_130.jpg
MACKA-CHIN (NITRO MICROPHONE UNDERGROUND)
足立区出身。ラッパーとしてはもちろん楽曲プロデュースやトラック制作など全てをこなすマルチクリエイター。セルフプロデュースのアルバムのほかトラック集やDVD作品、HP音楽、CM音楽など多岐にわたって制作。またMABOやMONTIENとしてもコンビを組み多くの作品を発表。音楽以外の活動も活発で、イベントオーガナイズやフリーペーパーの連載 、PVの監督などマルチに才能を発揮。最近ではジャンルレスな選曲が話題を呼び、DJの営業も多く全国各地活発にこなしている。色んな意味で目が離せないMCであり、プロデューサーであり、DJであり、ビジュアルクリエイターである。
MACKA-CHIN_B_130.jpg
MOODMAN
DJ。日本生まれ。ムード音楽をこよなく愛する男。’80年代末にDJ活動 を始め’93年にレーベル[ DUB RESTAURANT COMMUNICATION ]を立ち上げる。その後、[ M.O.O.D. ]、[ donut ]など、複数のレーベルを設立し、様々なアヴァンギャルド・ミュージックを発表。国内外で高い評価を受ける。’90年代後半は、DJに専念。その横断 的かつ分断的な音楽感で[ 低音不敗 ]、[ SLOWMOTION ] 他、フリースタイルなシーンの黎明期に、DEEPな深夜のダンスミュージック実験室を企てる。そして99年には、宇川直宏、高橋透とのリビング・レジェン ド・パーティー[ GODFATHER ]を始動し、その後現在に至るまで、東京の地下ダンスシンジケートを牽引し続けている。’02年末には ミックスCD『WEEKENDER』を発表、MIX-CDとしては異例のヒットを記録し、現在のMIXCDブームを先駆けた。'07年にはTOWA TEI監修の“MOTIVATION”シリーズからMixCD「MOTIVATION 6 Adult Oriented Click Nonstop-Mix by MOODMAN 」をリリースし、クリック/ミニマルテクノをムードミュージックの解釈で編集。21世紀のエレベーターミュージックを提案、話題をさらった。
moodman_130.jpg
wardaa (mango obsession)
Smoothy@KOARA,Mango Sundae@OTOでパーティー中
wardaa_130.jpg