Club Event

2012.06.16 SAT

DBS presents
DRUM & BASS
   x
DUBSTEP WARZ 2012


LINE UP:

feat.
GOLDIE
YOUNGSTA + MC TOAST

with :
ENA
DJ TAKAKI

VJ / LASER : SO IN THE HOUSE

SALOON (B3F)
STITCH
TETSUJI TANAKA
DJ MIYU
DOPPELGENGER
DUBTRO
dj noa(Jar-Beat Record)

LIVE PAINTING : The Spilt Ink

Supported by STUSSY

INFORMATION:
OPEN : 23:30
START : 23:30
CHARGE : ADV 3,500yen/DOOR 4,000yen
※未成年者の入場不可・要顔写真付きID

TICKET : 5/19(SAT) on sale
チケットぴあ0570-02-9999 [P] 170-812
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン[L] 78429
e+
clubberia ONLINE SHOP

>>STORE
[代官山]
● UNIT
● Bonjour Records
[渋谷]
● disk union 渋谷 CLUB MUSIC SHOP
● TECHNIQUE
● GANBAN
[原宿]
● GLOCAL RECORDS
[下北沢]
● disk union 下北沢 CLUB MUSIC SHOP
● DISC SHOP ZERO
● JET SET TOKYO
[新宿]
● disk union 新宿 CLUB MUSIC SHOP
● Dub Store Record Mart
[吉祥寺]
● disk union 吉祥寺店
● Jar-Beat Record
[町田]
● disk union 町田店
[千葉]
● disk union 千葉店

INFO :
UNIT 03-5459-8630
dbs
dbs OFFICIAL Twitter

WEB :
GOLDIE  t<img alt= twitter.jpg
Metalheadz
YOUNGSTA t<img alt=
ENA
DJ TAKAKI twitter.jpg
DJ MIYU  web_headphone_icon.jpg t<img alt= twitter.jpg
DOPPELGENGER
dj noa
ドラム&ベースの帝王、ゴールディーとUKダブステップNo.1DJ、ヤングスタが激突!
ゴールディーは先頃、自ら主宰するMetalheadzより記念すべき通算100リリースに新曲"Freedom"を発表、壮大かつ破壊力を放つ"Freedom"は圧倒的な存在感を示す。 そしてRINSE FM、FWDの重鎮にしてUK/DUBSTEP界No.1DJに選ばれたヤングスタがMCトーストを引き連れ3年振りに来日決定!
UKリアル・アンダーグラウンドのサウンズ&ヴァイブスがここにある!

【GOLDIE JAPAN TOUR 2012】
6/15(FRI) 広島SACRED SPIRITS CAFE JAMAICA
6/17(SUN) 福岡Kieth Flack

【YOUNGSTA + MC TOAST JAPAN TOUR 2012】
6/15(FRI)大阪CIRCUS
← FLIER CLICKS HERE!!

OTHER INFORMATION
GOLDIE (aka RUFIGE KRU, Metalheadz, UK)
"KING OF DRUM & BASS"、ゴールディー。80年代にUK屈指のグラフィティ・アーティストとして名を馳せ、92年にファビオ&グルーヴライダーのDJ MIXに触発され、4ヒーローのレーベル、ReinforcedからRUFIGE KRU名義でリリースを開始、ダークコアと呼ばれたハードコア・ブレイクビーツの新潮流を築く。94年にはレーベル、Metalheadzを始動、ドラム&ベース革命を遂行する。自身は95年にFFRRから1st.アルバム『TIMELESS』を発表、ドラム&ベースの金字塔となる。98年の2nd.アルバム『SATURNZ RETURN』はKRSワン、ノエル・ギャラガーらをゲストに迎え、ヒップホップ、ロックとのクロスオーヴァーを示す。その後はレーベル運営、DJ活動、俳優業に多忙を極め、リリースが遠のくが、07年、RUFIGE KRU名義による9年ぶりのオリジナル・アルバム『MALICE IN WONDERLAND』をMetalheadzから発表、シーンの最前線に復帰。以来ゴールディーの創作活動は加速し、08年に長年構想されてきた自伝的映画のサウンドトラックとなるアルバム『SINE TEMPUS』をMetalheadzのウェブ限定で発表。09年にはRUFIGE KRU名義のアルバム『MEMOIRS OF AN AFTERLIFE』をリリース、また音楽とシンクロして近年目覚ましい活動を示すアートの分野でも個展を開催する等、英国が生んだ現代希有のアーティストとして精力的な活動を続けている。音楽活動20周年となる2012年、Metalheadzの通算100リリースに新曲"Freedom"を発表、壮大かつ破壊力を放つ"Freedom"はMetalheadz、ゴールディー渾身の作品である。
GOLDIE2012_130.jpg
YOUNGSTA (TEMPA, UK)
沸騰するダブステップ・シーンで"Master of the decks"の異名を持つDJ、ヤングスタ。12才からDJを始め、13才でロンドンのガラージ専門ラジオ局、Freak FMに出演し、若くしてアンダーグラウンド・シーンに頭角を現す。その後、ガラージからダブステップへのサウンドの変遷と共に歩み、DJハッチャと共にシーンのパイオニアDJとなる。'05年にはダブステップのトップ・レーベル、TEMPAからMIX CD『DUBSTEP ALLSTARS:VOL.2』をリリース、またDMZからローファーの”Twisup"のリミックスを発表。翌'06年には『DUBSTEP ALLSTARS:VOL.4』をハッチャと共に手掛け、まさにダブステップ台頭の起爆剤となる。'10年にはセヴン、SP:MC、クリプティック・マインズとのコラボレーションを発表、'11年には最新MIX CD『RINSE:14』を手掛ける。シーンを代表する放送局RINSE FM、パーティー、FWD>>にレギュラー出演し、'11年dubstep forumアワードでベストDJとベストラジオショーの2冠に選ばれた。
YOUNGSTA_130.jpg
MC TOAST
DUBSTEPのMCとしてRinse FMで活躍し、YOUNGSTAの専属MCとなる。

“You’d be hard pushed to find an MC as widely respected as Rinse FM’s Toast. One of dubstep’s stalwarts, along with Youngsta, you’ll find Toast keeping the airwaves locked to Minimal Mondays – the collaborative 11-1am slot every Monday on Rinse that has launched many a producer’s career. When not on the mic in the studio with Yunx, Toast can be found supporting the scene’s finest DJs on live dates across the world; where he’s graced the stages of many amazing venues, events and a regular at pioneering dubstep dance FWD
MC-TOAST_130.jpg
ENA (IAI/Cylon/7even/HE:Digital/Horizons)
Drum&BassとDubStepを中心にリリースをするレーベル"IAI RECORDINGS"をMC CARDZと共に主宰。
Producer、DJ、LIVE、作曲、編曲、ギタリスト、劇伴作家、エンジニア、、、様々な名義を使い分け、Jpop 演歌からノイズまでメジャー、アンダーグラウンドをボーダーレスに活動。
数々のUK Drum&Bass DJにサポートされ、現在世界的に拡大しているDeep系Drum&Bassのトラックも評価が高く、 ヨーロッパツアーではKenny Kenn、Instra:mental,Icicleなどと競演。 これまでに数々のアナログをリリースし、CARDZ&ENA名義による国内初のDrum n`bassオンリーのアルバム [DEADSTOCK]をリリース。 MurderChannelコンピレーションCD参加、DJ100Mado&PachekoのSplitアルバムにRemix提供、MAKOTO主宰レーベ ル"HE:Digital"、フランスのTop Label"7even Recordings"からの12inchリリース、RenegadeHardware/CYLONのLoxyとの共作がLoxy主宰のレーベルCX:Digitalからリリース。更には老舗レーベル"Horizons Music"からリリースされたNaibuのアルバムにも参加。 その他にもドイツのHymen Recやロシア、スペイン、そしてアメリカなど世界中のレーベルから立て続けにリリースを重ねると同時に、楽曲のクオリティの高さからミキシングの評価も高く、様々な作品にエンジニアリングでも参加。 2012年には7even Recordingsからアルバムリリースも予定されており、ヨーロッパツアー、そして様々なレーベルからのリリースなど今後も注目の日本を代表するProducerの一人である。
ena03_130.jpg
DJ TAKAKI
日本トップクラスのターンテーブリスト。
世界最大規模のDJバトル「DMC」において、2003年度に当時史上最年少となる3位入賞を果たした。
また2007年度の「DMC JAPANFINAL」においてはそのオリジナリティ溢れるプレイを最高潮まで高め、会場を熱狂と興奮に巻き込み優勝者とわずかの僅差で2位入賞を果たす。 近年ではTechno,House,Electro,DrumnBass,Dubstep などのダンスミュージックとの融合に価値観を求め、攻撃的でカッティング・エッジなスタイルを軸にフロアを攻め続ける。 DJバトルにて鍛え上げられたスクラッチ・ビートジャグリングなどの テクニックを武器に展開されるプレイはまさに圧巻。
ここ最近は自身の楽曲制作や、 国内最大級の野外レイブ"METAMORPHOSE"のドラムンベース専門ステージ"ortfo'n'bass"への出演。 そして2011年、新木場ageHaのWATERにて開催されたortfo'n'bassにも出演。 更に、代官山UNITにて行われている日本のドラムンベース/ダブステップ シーンを代表する最長のトップパーティー、 "Drum & Bass Sessions"へも出演。 その他にも、渋谷WOMBにて行われたアパレルブランド"LACOSTE L!VE"のLAUNCH PARTYにて ショーのDJを担当。 毎年夏に行われる日本テクノシーンが誇る最大級のビーチパーティー"MANIAC BEACH"に出演するなど、 シーンの垣根を越えた幅広い活動が注目される。

名実共に期待の次世代ターンテーブリストである。
DJTAKAKI_130.jpg
SO IN THE HOUSE
1999年より新宿Liquid RoomでVJとしてのキャリアをスタート。現在はメDrum & Bass SessionsモのVJとして活動中。DVJを巧みに操り、音の細部まで即興的に視覚化し、緻密なグルーヴを生み出す独自のプレイスタイルで国内外問わず支持を集めている。これまでに、Laurent Garnier、LTJ Bukem、Silver Applesなど数多くの海外アーティストと共演。クラブ・フィールド以外では、2008年6月にラスベガスで行われた、村上隆氏のLouis Vuitton Monogram Historyのモーション・グラフィック、グラミー賞のオープニング映像、エミー賞のオープニング映像などのアート・ディレクションを担当している。
so_phot_130.jpg
Stitch
イーストロンドンで生まれ育った Stitchは当時地元ではよく知られたパーティDJだった。 1990年にパイレーツラジオ“Rush FM”を設立し、ハードコア、ハウス、テクノ、ジャングル、エレクトロを自らプレイ。“特別に努力してやっているんじゃなく、身体から自然にわきあがってくる”という絶妙なミックスとプレイスタイルはすぐに人々の注目を集めた。 2年後にはダンス専門ラジオ局、シスターステーション“Defection FM”を開局。瞬く間にロンドン中の話題をさらった。 と同時にRamsey, Ink, Kemistry + Storm, Goldie, Terry T, Andy C, Mixmaster max, Remark といったDJのキャリアをスタートさせたものこのステーションだ。MC Shabba, MC Justice and Peter BouncerといったMCも同様にこのステーションから育っていった。 DJとパイレーツラジオの運営をしながらStitchはパーティのプロモーションも開始した。1992年には“Amazon”という最初の本格的なイベントをKings land road Hackneyの Roller expressで開催。 その後bridge roadのDungeons等伝説的なイベントをこなしていき、イーストロンドンのDJはあっという間に驚くほど多くのフォロワーを抱えることとなる。Astoria, Dungeons, Buzbeys, Tasco, Warehouse, Blue note, Roller express, Camden Palaceといった当時最先端のクラブはこぞってStitchをブッキングしていった。ハウス、ジャングルからその間の全てのジャンルをカバーした、彼のタイトなミックスはいつでも客を熱狂させた。また、Jungle fever, Moon dance, Utopia + life, Telepathy and Fantasyという大きなイベントともコラボレーション。 近年ではファッションショーからアンダーグランドなクラブ、アジアからロンドンまで広く活躍し、ダンスフロアを震わせている.
DJstitch_130.jpg
TETSUJI TANAKA
究極のDJフォーム、テクニックをライブ・プレイで体現する"Real Genius DJ"と称されるドラムンベース・シーン唯一の3 decks/4 decks master - TETSUJI TANAKA。DJ/Journalist/Producer/Writer/Director/Radio Personality/Label Owner/Buyerなどドラムンベースを軸に活躍しているマルチ・タレント/トップ・クリエーター。 TETSUJI TANAKAは、90年代中期そのキャリアをスタートさせる。2001~2004年のロンドン在住期間、音楽的ノウハウの吸収を経て帰国後、現在のクリエート・スタイル"3 decks set"を確立。日本のドラムンベース/ダブステップ・シーンを代表する最長のトップ・パーティーDrum & Bass Sessionsのレジデントやortofon DJをレプラゼントする存在としてシーンを牽引しているトップDJである。TETSUJI TANAKAの3 decks setの音楽的バック・グラウンドはTechno/Houseの影響下で培われた感性からなる唯一無二のクリエート・センス、小節単位でレコードとターンテーブルを楽器のようにライブ・ミックスする超人的テクニック/ピッチ・コントロールにある。彼にしか成し得ないヴァイナルのみによる3 decksのDJスキルを有しても尚、模索し続けるそのDJ哲学は、既存のドラムンベース・スタイルを分解、独自の解釈、分析からシームレスに紡ぎだすトリプル・ドロップを駆使、ロング・ミックスにより新たなトラックを生み出すReal Time Live Rmxで圧倒的な別次元を創りだし、また近年ではアナザー・セットであるTechno/Minimal Dubstep 3 decks setを本格化している。常に究極のDJの形を追求し、異彩性豊かな創造性と次元の壁を越える独創性を合わせ持った孤高のミックス・マスターであり、紛れも無く日本のドラムンベース・シーンを代表するDJである。国内最大のレイブmetamorphose 08、10、11出演。国内外オールスターDJ総出演の音楽番組"DOMMUNE" BROAD DJにドラムンベース代表として多数出演。音楽シーンを代表するウェブ・マガジン"ele-king"にて、好評執筆連載中。☆Taku Takahashi主宰のTCY RADIO TOKYOにて日本初のドラムンベース人気番組Localize!!主宰。TRANSWORLD JAPANから世界的スケート・ブランド"element"主宰のスケート世界大会DVDに楽曲を提供するなど多方面に渡りシーンをマルチに彩っている。そして2011年、満を持してドラムンベース専門のセルフ・レーベル"fragrance records"を始動。

■TCY RADIO TOKYO presents LOCALIZE!! Drum & Bass Show by TETSUJI TANAKA & CARDZ 8/10より毎週水曜日22:00~24:00オンエア
TETSUJI-TANAKA-SHADOW-_130.jpg
DJ MIYU
日本ドラムンベースシーン屈指のFEMALE D&B DJ MIYUはROCK、HIPHOPなどさまざまなジャンルの音楽に触れ17歳からアナログ盤を集めはじめる。 多種多様なサブカルチャー、音楽、アートに触発されMEE名義でアート活動後、2006年から本格的にDJ活動を開始! 現行のシーンでは数少なくなったヴァイナルのみによる ”Real DJ" スタイル/高速重低音/高速ブレイクビーツを操る唯一のFEMALE DJとして、 都内を中心にドラムンベースのみならず、ジャンルの枠を越えた多忙なDJスケジュールをこなす実力派女性DJ! 自身の華やかでキュートな見た目とは相反にパワフルで男らしい選曲と、変幻自在のクイックミックス&ダブル・ドロップによるDJスタイルが特徴的である。 ダーク・コアな唯一のセンスが交感し、構成されたカッティング・エッジなMIXスキルを披露している 1st MIX-CD "REAWAKE MIX" を2009年6月にリリースし自主制作でありながらも長期に渡り高セールスを記録した。 そして2011年12月、熱いフロアをそのまま凝縮した現場感覚の2nd MIX-CD "ROCKOUT MIX" を待望のリリース! DJ MIYUの得意とする変幻自在のクイックミックスによるダブル・ドロップが炸裂!止まらない重低音を響かせ完全にROCKOUTしている! さらに今後の活動にも目が離せない期待の存在である。
MIYU_130.jpg
<<リリース情報>>
『DJ MIYU 2nd MIX-CD "ROCK OUT MIX" 』
ドラムンベースシーン女性DJ代表DJ MIYUによる 2nd MIX-CD "ROCKOUT MIX"がJar-BeatRecordから200枚限定 &ステッカー付きでリリース 2ndとなる今回の"ROCKOUT MIX" は 前作同様アナログのみによる一発録りの仕上がり! ハードで力強いドライブ感溢れるドラムンベースサウンドを 凝縮重低音を響かせ完全にROCKOUT! これを聴いて現場に足を運べ!

miyu-cd-jaket_convert_20111124002045_100.jpg
Jar-BeatRecord
DJ Doppelgenger
15歳からDJキャリアをスタートし、2008年よりDOPPELGENGER名義で活動を開始する。サイケデリックを軸に、パンクでアグレッシブなスタイルで独自の「DUB」を追求している。 2008年から「CYBERPUNK」@Wire、「VISION」@HEAVYSICKを主催。また、毎月代官山UNITで行われているDrum&Bass Sessionsのレジデンツとしてプレイしている。 2009年4月、自主制作により『Dubstep Mixology』をリリース。また、2010年1月には、RUDIMENTSより1DVD+2MIXCDの3枚組み『TIME WILL TELL』をリリースする。そして術ノ穴より、5月25日リリース予定のコンピレーション『HELLO!!! VOL.2』に『kill or sleep』が収録。 2010年6月に自身が監修するアートマガジン『GURUZ MAGAZINE』(特典CD+DVD)をリリース。 
2012年4月11日、待望の1st Albumをリリース!
doppel_130.jpg
<<リリース情報>>
『Paradigm Shift 』
DJ Doppelgenger待望の1stアルバムが、遂にリリース決定! 世界各国、そして日本各地…放浪の旅を重ね、訪れたあらゆる環境から得たスピリチュアリズムを体感させるサウンド。『paradigm shift』既存の価値観の変化の時。 World Trip + Dubstep。細分化し続けるDubstepの中、DJ Doppelgengerがここで新たなるスタイルを提唱する。 2008年より、国内Bass Music Partyを中心に活動を展開してきたDJ Doppelgengerは多くのアーティストとの共演を経て、やがて活動の場は海を越え、異国の地へと向かった。そして2011年、インド、タイ、アメリカ各地をツアーし、その道中に書き貯めたトラックを中心に編成された作品群で連なった今作。 ダブステップを主軸としながらも、その場の環境、空気、気候...感じるがままに作り込まれた、実に自由度の高いプロダクションが伝わってくる。全曲本人の書き下ろしによる、純度100%のDJ Doppelgenger World。fragment主催レーベル「術の穴」のコンピ参加トラック「kill or sleep」も新バージョンとして収録。オリエンタル、アンビエンス、サイケデリック、カオス…各曲に込められた思いは、音を通じて脳内にインプットされるであろう。
DOPPEL_CD100.jpg
DUBTRO
GOTH-TRADが率いるBACK TO CHILLに参加。本場UKの数々の現場、RinseFMやSUB.FMなどのRadioで自身の曲がプレイされ、2011年7月、UKの新鋭ダブステップレーベル ''MindStep Music'' より ''Forgot Past Storage EP'' をリリース。 今後も自身のリリース、コンピレーションアルバムへの参加、さらに2012年にはヨーロッパツアーを敢行。
DUBTRO_130.jpg
dj noa(Jar-Beat Record)
99年より大阪にてDJ始動、現在は活動の拠点を東京に移し、asa、DJ HIDE(kemuri productions)、ichiro_(oil works)らと共に、神出鬼没「噛ます犬」の一員として日本全国行脚中。 自身のオリジナル音源やBASS MUSICを基調にエフェクトやスクラッチを多用した月面経由闇鍋的ごったがえしターンテーブリズム宇宙を得意とする。 2010年にMix CD「OUTER SPACE」(完売)、12月にFactory No.079とのコラボレーションでMix CD「Early Impulse」をリリース。 現在は"Mad Snapper"@Heavysick Zeroを主宰、レギュラーDJ として"噛ます犬ナイト"、"Rhythm Science"に出演。
noa%E3%82%A2%E3%83%BC%E5%86%99%E7%9C%9F_130.jpg