Club Event

2012.01.27 FRI

TOWER RECORDS × UNIT presents
omnivorous


LINE UP:

LIVE :
ZAZEN BOYS
サイプレス上野とロベルト吉野
L.E.D.
NETWORKS
tengal6
SIMI LAB

DJ :
DJ YOGURT
タカラダミチノブ
RILLA
Shhhhh
Latin Quarter
YAMICA
YASU2B
nkt

INFORMATION:
OPEN : 22:30
START : 22:30
CHARGE : ADV.3,500yen/DOOR 4,000yen
※オールナイト公演に付き未成年者の入場不可・要顔写真付きID

※当日券は22:30より販売致します。

TICKET :
● TOWER RECORDS渋谷店
● TOWER RECORDS池袋店
● TOWER RECORDS吉祥寺店
● TOWER RECORDS新宿店
● TOWER RECORDS秋葉原店
● TOWER RECORDS横浜モアーズ店
● TOWER RECORDS町田店

【一般発売】12/3(SAT) on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]156-672
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン [L]71527
e+

INFO :
TOWER RECORDS LIVE INFORMATION
UNIT 03-5459-8630

WEB :
向井秀徳 OFFICIAL WEBSITE  web_headphone_icon.jpg
サイプレス上野とロベルト吉野 OFFICIAL WEBSITE  web_headphone_icon.jpg
L.E.D. OFFICIAL WEBSITE  web_headphone_icon.jpg
NETWORKS web_headphone_icon.jpg
tengal6
SIMI LAB OFFICIAL WEBSITE  web_headphone_icon.jpg
DJ YOGURT  web_headphone_icon.jpg
RILLA web_headphone_icon.jpg
Shhhhh web_headphone_icon.jpg
タワーレコードと、東京代官山より新たなる音楽文化創造の場として情報を発信し続けているUNITのコラボレーション・イベントが実現!
タワー店頭とライブ会場、双方での音楽シーンで、ジャンルなどの縛りなく、注目のアーティストを選出した、まさに「omnivorous(意味:雑食・色々食べる)」なオールジャンルイベント。 第一回目となる今回は、ヘッドライナーとして、タワースタッフから多くの支持を得ている<ZAZEN BOYS>、BANDシーンからクラブシーンまで多くの会場を沸かせる<サイプレス上野とロベルト吉野>。さらにインストダンスミュージック<NETWORKS>、人気急上昇中の脱力系アイドルラップ<tengal6>、神奈川を拠点に活動しYouTubeでのPV再生数が話題となり11/11(金)デビューアルバムをリリースした<SIMI LAB>など多くのアーティストの出演が決定。 ヴァラエティー豊かなサウンドを一晩中楽しめること間違いなしです!






タイムテーブル発表!
←Click!

OTHER INFORMATION
ZAZEN BOYS
向井秀徳(Vo,G,Key)を中心に活動するZAZEN BOYS。
2003年から本格的に始動し、同年8月に行われた夏フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL」にて初ライブを行う。翌年04年には地下スタジオ“MATSURI STUDIO”にて生み出されたファーストアルバムをリリース。
数々のロックフェスやイベントに出演し、そして様々なアーティストとの競演で日々進化し続ける唯一無二のオリジナリティ溢れるロック・サウンドBAND!
ZAZEN130.jpg
サイプレス上野とロベルト吉野
マイクロフォン担当:サイプレス上野、ターンテーブル担当:ロベルト吉野、通称『サ上とロ吉』。
2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である『横浜ドリームランド』出身の先輩と後輩で結成。『HIP HOPミーツallグッド何か』を座右の銘に掲げ、『決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント』と称されるライブパフォーマンスを武器に毎年120 本近くのライブを行っている。2007年に1stアルバム『ドリーム』を発表、2009年には2ndアルバム『WONDER WHEEL』を発表している。その後、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを成功させ、その模様を収録した『ワンダー・ホイール ザ ライブ』を発売。また、音楽活動以外にもTOKYO FMで放送された不定期プログラム『サイプレス上野の日本語ラップキラッ!』のメインMCや、スペースシャワーTVでのナレーター、ファッション、カルチャー雑誌での連載、モデルとその活動は多岐に渡る。ジャンル、世代を問わず様々な現場から支持を受け、なにかと注目度の高い二人。「未来のJAPANESE MUSICシーンを担うアーティスト」へと邁進中!今乗っとけいっその事!そしたら遊び放題一生保証!?
sauetoroyoshi_2011.jpg
L.E.D.
様々なフィールドでキャリアを有するメンバー7人により結成されたシネマティック・インストバンド。そのサウンドは、Jazz,Funk,からHouse,Ambient,Minimal,Electronica,Krautrockまで様々な要素をバンド独自の有機的フィルターを通して解体、再構築。既存のインスト、ポストロック勢とは明らかに一線を画す、映像を強くインスパイアさせる、まさにシネマティックなサウンドスケープを展開している。結成当初から確かな演奏力と映像親和性により高い評価を受けているライブは各地のフェスをはじめ、活動の幅を広げ続けている。また映像に重きをおくコンセプトによりアルバムアートワーク、ライブVJ(VJ Quiz)、PVなどの多くをマンガ家であり映像作家でもある異才、タナカカツキとコラボレーションも話題に。L.E.D.のサウンドスケープと多幸感に溢れた映像のマッチングは必見。2011年バンド初のボーカルトラックにクラムボンの原田郁子を迎えた楽曲『I'll』(アイル)を含む渾身の2ndアルバム『elementum』を発表。10月の朝霧JAMに出演。そして12月14日には今年を締め括る新作e.p.を数量限定で発売。
led_130.jpg
NETWORKS
ポリリズム&変拍子なダンスミュージックを完全人力で演奏する3人組。都内を中心に活動中。2008年春に新後桂祐(Key.)、齊所賢一郎(G.)、濱田真一郎(Dr.)で活動をスタート。
浮遊感のあるシンセサイザーとガットギターの温かい響き、そこにシンバルの音が印象的なドラムが軽快に絡み合う。2010年5月に発売された『White Sky』が注目を集め、各所で2010年ベストアルバムに選ばれるなど話題となる。多様な要素を含む独特のセンスと凄まじいテクニック、観る人を引きつけてやまないライブは唯一無二の存在感を放ち、幅広い層の支持を獲得している。「3人でやる、身体と空気の振動、思考、 その無限のバリエーションの内の1つフォルム。お椀型。ダンスミュージック! 」
NETWORKS%20%202_SRB2908s.jpg
tengal6
2010年夏、NEWTRALのキムヤスヒロによって企画されたアイドルプロデュースプロジェクトにより誕生した清純派ヒップッホップアイドルユニット「tengal6(テンギャルシックス)」。
ヒップホップのトラックに女の子のヘタウマなゆるいラップが乗った楽曲が徐々に評価され、remixが数多く作られるなど、ウェブメディアを中心に話題を呼び、2011年7月15日には1stミニアルバム「まちがう」をリリース。
Fragmentが「ルービックキューブ-Fragment remix」をこのミニアルバムに提供した事などが大きな話題となり、各方面にその名を轟かせた。
そして2011年10月28日には、注目の若手トラックメイカー/DJの「tofubeats」が作詞作曲を担当した1stシングル「プチャヘンザ!」をリリース、発売に先駆けオンエアを開始したUSENでは「USENインディーズ総合チャート」初登場1位を獲得、更にリリース後には「オリコンインディーズシングルチャート」初登場6位を記録するなど、これからの彼女達から目が離せない。
tengal6%20%E3%82%A2%E3%83%BC%E5%86%99%E5%A4%A7.jpg
SIMI LAB
神奈川に突如として発生したドス黒い巨大な染み。それぞれが個性を持ちはじめ、人間となって行動を起こし始めた。見た目とは裏腹に温かい染み達によるブラックネスを、嫌と言う程浴びせかける。QN, OMSB'Eats, MARIA, DyyPRIDE, DJ HISPECを中心に、その構成メンバーは総勢十数名から成る。 その形は常に変化し続け、明日でさえどうなっているのか誰にも予想出来ない。ともかく今日もSIMI達が何処かでまた何か企んでる。
%EF%BC%B3%EF%BC%A9%EF%BC%AD%EF%BC%A9%E3%80%80%EF%BC%AC%EF%BC%A1%EF%BC%A2.jpg
Dj Yogurt / Dj ヨーグルト(Upset Recordings)
90年にセカンドサマーオブラブの衝撃を受け、92年までアジア~ヨーロッパ放浪後、シスコテクノ店等でバイヤー勤務しつつ96年からDJを開始。98年には音楽製作ユニットUpsetsと自身のレーベル Upset Recを始動。テクノ~ハウスからDUB、アンビエントまで幅広い作風の自身の楽曲リリースを10年間続けている他に、NABOWAやDACHAMBO等のJAM BANDや、曽我部恵一や奇妙礼太郎トラベルスイング楽団等の歌もの楽曲のダンスリミックスもおこない、 2011年には大澤誉志幸の新曲「白昼夢」の楽曲のリミックスも手がけた。2007年以後は楽曲制作をKOYASと共におこない、2010年にはアンビエントアルバム"CHILL OUT"を、2011年11月にはテクノ/ハウスアルバム"Sounds From Dancefloor"等をリリースして話題を呼び、12月にはケンイシイの新曲をYogurt&Koyasがリミックスしたトラックもリリース。2011年はSONAR JAPANや昨年に続きフジロックフェス等様々なイベントに出演して、テクノ~ハウスを軸に、ロックやアフロ、ソウル、ジャズ、ブルーズ、ニューウェーヴ、エレクトロ、ダブステップ、R&B、レゲエ、アンビエント・・・様々ジャンルの音楽性を交錯させた選曲で毎週のように日本各地でDJをおこなっている。
dj%20yogurt%40nagisa%202010.jpg
タカラダミチノブ
SHIRO THE GOODMANと磯部涼がA&Rを務める音楽団体『HONCHO SOUND』実行部隊。時代・ジャンル・国・地域、それら差異の中から関係性を引き出し、独自のチョイスで縦断横断オールインザミックスするDJスタイルは、どんな現場でもクラウドを惹き込んでいく実力派として定評がある。これまで、HONCHO SOUNDよりMIX CD、Rambling Recordsよりリミックス集[POP UP!!](CD&12inch)、異色レゲエMIXシリーズ[STRICTLY ROCKERS]、PART2STYLEコンピ[STRICTLY DANCING MOOD Vol.1](CD&7inch)、地元横浜でYAKENOHARA、MR.MELODYとレギュラーで出演している名物パーティー[HEY MR.MELODY]のスプリットMIX CD[CHOUJA-MACHI SATURDAY MORNING]、柴田剛監督による映画[堀川中立売]のサントラMIX CDなど自由気ままに制作&参加。2011年夏にはRUDIMENTSより風祭堅太とのスプリット7inch[MARGINAL COLLECTIVE EP #3]をリリース。現在、東京・横浜を中心に日本全国大小問わず様々な現場でプレイ中。
takarada0010.jpg
RILLA (ALMADELLA / LOCUS)
嗚呼、人情とベースライン。福岡より上京した、あの屈強な霊長類(学名:ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ)を思わせる特徴的な風貌を持ったその男とダンス・ミュージックを出会わせたのは専門学校時代の友人という縁、DJをはじめたのも友人の「お前レコード持ってるならやってみろよ」という言葉、 そして現在のDJの基礎、いわゆる“やられた音”としてその後のその男の趣向を決めたのは、そのDJ練習の音に嫌気がさした、隣人の保母さんが差し出してくれたDJ KENSEI氏のミックステープであった。ここでも縁、いやそれは言い換えれば人情でもある。そこでヒップホップに衝撃を受け、そしてブレイクビーツ、エレクトロニカへと開眼していく。2002年、名門CISCOテクノ店への入店とともにバイヤーとして働くうちに、ジャングル、テクノ、ダブステップと、そのサウンドの趣味を広げた。いつしかその名前がRILLAと定着しはじめた頃、東高円寺の名店 GRASSROOTSに出入りするうちにさらに耳が深く、広がることでいまのDJスタイルへと日々進化していく。それもこれも人との出会い人情であった。ヒップホップもレゲエもダブステップもテクノもハウスも、その男がかける音は基本的にベースラインのグルーヴがある(聴こえずとも)、そしてどこか遠くが温かい(聴こえずとも)。現在はKEIHINとのテクノとダブステップ、そして未知の体験を提供する不定期開催の"almadella"(同名のミックスCDレーベルでもある)、そして毎週木曜、名店GRASSROOTSの"Locus"で活躍中。今宵もど こかで、人情とベースラインでスピーカーと身体を揺らしている。嗚呼。
rilla.jpg
Shhhhh
活動の拠点でもある東高円寺GRASSROOTSで毎月“SUNHOUSE“を開催。 2000年代初頭から数々のパーティを渡り歩き、伝説のアナーコフェス“SUN”のオーガナイザーとしても知られる。 “FLOWER OF LIFE”,“FUTURE TERROR” ,“POWWOW”,”eleven.”,”chaos park”,”EL NINO”,”Chillout Village”ら の最重要アンダーグラウンドパーティでDJ。そして”DOMMUNE”ではLOS APSON?の番組へ、裏ワールドミュージックの水先案内人としてトークしたり、エルメート・パスコアル出演時のBROADJにも参加。BOREDOMS のO-EAST公演のオープニング アクトにも抜擢される。今秋はLOS ANGELESのネットラジオのパイオニアであり、西海岸アンダーグランドの総本山であるdublab.comにミックスが紹介された。 BURNING MANからサラエボまでの数々の放浪経験と、レイブカルチャー以降のセンスを通過したオリジナルな視点のワールドミュージック発掘活動が評価を得ている。 それらのサウンドスケープを吸収したPARADOXXXX なFREE STYLE GROOVEを独自に発明。 南米アルゼンチンの摩訶不思議レーベ ル=”LOS ANOS LUZ DISCOS”の音源をライセンスした、ワールドミュージックと ダンスミュージックの垣根を超越した金字塔コンピレーションCD『ウニコリスモ』の選曲 /監修を担当。 ”RUDIMENTS”よりデジタルクンビアの総本山、ZZK RECORDSのコンピレーションCD『ZZK RECORDS presents THE DIGITAL CUMBIA EXPLOSION』をMOODMANとともに選曲。 ”PROCEPTIONと”EL QUANGO””BLACK SMORKER RECORDS”よりMIXCDをリリース。
Shhhhh%20%20%20UNKNOWN_PARAMETER_VALUE.jpg
Latin Quarter (Pan Pacific Playa)
これまでに空手サイコ名義でアルバム2枚、シングルCD1枚 リリース。 04年にLatin Quarter名義でファースト・アルバム「LIGHT HOUSE」をリリース。EYE、MOODMAN、KZAなどDJ、クリエイターから絶賛される。
04 年にヨコハマの仲間(LUVRAW & BTB、MR.MELODY、脳、STRINGSBURN、KES等)と共にレーベル「Pan PacificPlaya/PPP」を設立。
そこからブレイクビーツ集「LOST」、コンピレーション、MIX CDなどをリリース。
サイプレス上野とロベルト吉野、ZEN- LA-ROCK、LUVRAW & BTB等にトラック提供、他REMIX、コンピレーション等多数参加。
TECHNO~HOUSEを中心にSOUL、DISCO~R&B、バレアリック!?etc...パーティーによって選曲を変えつつ都内、横浜を中心にDJも活動中。
Latin%20Quarter%20.jpg
YAMICA
名古屋在住。1996年DJ開始。CLUBで体験した初期衝動、幾多の海外放浪旅行、パンガン島やクアラルンプールやバーニングマンでのDJ、CLUB
DaughterマネージャーとCD Shop
juice店員という音楽漬け生活、数々の国内外音楽家との共演、それらから受けた様々な刺激と記憶を元に温故知新経由~国境無き音楽団行きに放出中。
yamica%20.jpg