Club Event

2010.07.18 SUN

PEACE ft. JUMP N FUNK
-The Original American Afrobreat Dance Party-
supported by
Wax Poetics Japan | Hidden Champion


LINE UP:

SPECIAL GUEST DJ :
RICH MEDINA (Jump N Funk, Rock Steady Crew / NY)

LIVE : KINGDOM☆AFROCKS

DJ :
MURO
DJ MITSU THE BEATS (GAGLE / Jazzy Sport)
Downwell79's (14Catherine / Jazzy Sport Brooklyn)

GUEST VJ :
MARK HINES (Jump N Funk, Marksmen / NY)

SALOON (B3F)
-Hidden Champion x Wax Poetics Japan Lounge-
DJ :
C-Ken (PARADIGM SHIFT)
DJ Dazz (Wax Poetics Japan)
DOKO (430 / HIDDEN CHAMPION)
Kenichiro Nishihara (UNPRIVATE)
PONY (HOMMAGE / HIDDEN CHAMPION)
DJ Yuichiro (Milk Dipper)

INFORMATION:
OPEN : 23:30
START : 23:30
CHARGE : ADV.3,000yen/W.FLYER 3,000yen/DOOR 3,500yen
※未成年者の入場不可・要顔写真付きID
☆7月生まれの方は入場無料!(要写真付きID)☆
TICKET : 6/23(WED) on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]111-135
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン [L]71848
e+
>>STORE
[渋谷]
● diskunion 渋谷 CLUB MUSIC SHOP
● HMV 渋谷店
● GANBAN
● Manhattan Records
[新宿]
● diskunion 新宿 CLUB MUSIC SHOP
[お茶の水]
● diskunion お茶の水 CLUB MUSIC SHOP
[下北沢]
● JET SET
● diskunion 下北沢
[恵比寿]
● WE NOD
[学芸大学]
● Jazzy Sport Music Shop Tokyo

INFO :
HIDDEN CHAMPION  web_headphone_icon.jpg
WAX POETICS JAPAN web_headphone_icon.jpg
HITOMI Productions  web_headphone_icon.jpg

WEB :
RICH MEDINA  web_headphone_icon.jpg
KINGDOM☆AFROCKS OFFICIAL WEBSITE  web_headphone_icon.jpg
MURO  web_headphone_icon.jpg
DJ MITSU THE BEATS  web_headphone_icon.jpg
JAZZY SPORT  web_headphone_icon.jpg
Downwell79's
DJ Yuichiro  web_headphone_icon.jpg
DOKO
PONY
HOMMAGE
THE BEST URBAN / HIP HOP PARTY「PEACE」の第6弾!
 今回は、NY/Philadelphiaより"RICH MEDINA"とVJに"MARK HINES"をゲストに迎えて、アフロビート”フェラ・クティ”トリビュート・ダンスパーティー「JUMP N FUNK」とのコラボ開催が決定!
 日本からは、国内最強のアフロビート・バンド"KINGDOM☆AFROCKS"、FIFA World Cup 2010のオフィシャル・アルバムでアジア代表として世界デビューも果たした"MURO"、海外での人気、評価も抜群のビートメイカー・DJ・プロデューサー"DJ MITSU THE BEATS"、本場NY Brooklyn帰りの2人組"Downwell79's"など、鉄板の布陣で迎える!
 初のアフリカ開催となったワールドカップさながらの熱い祭典になること間違いなし!


WPJ_No.10_Fela-Kuti_50.jpg
<Wax Poetics Japan>
Wax Poetics Japan最新号となるNo.10は、6月30日(水)全国一斉発売!!今号はアフリカ・イシューとして、ブラック・プレジデントのフェラ・クティと、そのフェラのバンドであるアフリカ70のリーダーとして世界に多くのファンを抱えるトニー・アレンの特集を掲載。その他、リッチ・メディーナのアフリカ盤10枚紹介や、スタイル・ウォーズの14ページ・インタビューなど掲載し、今号も読み応え十分。リニューアル号となるNo.10をチェック!!



HIDDEN%2317_cover_2.jpg
<HIDDEN CHAMPION>
音楽/アート/スケート/BMXなど、ストリートカルチャー満載な内容が巷で人気のミックスカルチャー・フリーマガジン”ヒドゥン・チャンピオン”の最新号<ISSUE#17>は6月末より配布スタート!!今号もスケーターのロードトリップフォトシュートなど見どころ満載!!



*FLYER DISCOUNT*
プリントアウトでフライヤーと同等のディスカウントを致します。お一人様一枚ずつお持ち下さい。

OTHER INFORMATION
RICH MEDINA (Jump N Funk, Rock Steady Crew / NY)
The Roots、King Britt、DJ Jazzy Jeffらと交流があり、ウェストロンドン、オランダ、ドイツのクロスオーヴァー・シーンにも通じている、Philly発NY経由のリリシスト・ビートメイカー・DJ "RICH MEDINA"。制作面では、Jill Scottのデビューアルバムにプロデュース参加するほか、Bobbito、DJ Spinna、Mitsu The Beats、福富幸宏氏らとコラボレーションを行い、DJとしては、ブラック・プレジデントのフェラ・クティに捧げるアフロビート・ダンスパーティー「Jump'N'Funk」を毎月NYで開催(今年6月にはトニー・アレンも出演)するなど、数多くのレギュラーイベントを抱えている。また、昨夏までNYのチャイナタウンにある"Santos"で、Q-Tip(ATCQ)とウィークリーパーティーを開催し、ヒップホップを軸に、アフロ、ソウル、ジャズ、ファンク、ディスコ、ハウス、ブロークンビーツなど、ジャンルレスにミックス、ビルドアップしてゆくそのセンスとスキルが世界中のクラウドから大絶賛された!RICH MEDINA、実に4年ぶりとなる貴重な来日GIGを見逃さないで欲しい!!
Rich-Medina_130.jpg
KINGDOM☆AFROCKS
2006年に結成。わずか2ヶ月後の初ライブにて会場限定でデモCDを発売したところ即完売。アフロビートを軸に、ジャズ、ブラジル、ラテン、ロック...様々なバックグラウンドを持った彼らのライブは、主にダンスミュージック好きの間で口コミで広がり話題を呼ぶ。メンバーは、セネガル帰りでアブライ・ンジャイというセネガル名も持つ田中慶一(Dr)、5年間のキューバ修行から帰国したIZPON(Per)、ブラジル生まれの南條レオ(Ba)、孤高の旅人NAOITO(Per&Vo)の極太リズム隊に加え、紅一点の爆裂キーボーディスト、スミレディ(Key)、ニューオリンズ帰りで作曲にも定評のある野本大輔(Gt)からなるコード楽器コンビ、沖縄出身の上運天淳市(A.Sax)からなる超個性派揃いの7人。2007年「FUJI ROCK FESTIVAL'07」に出演。以後、「TOKYO JAZZ CIRCUIT'07」、「U.F.O presents JAZZIN'」「Gilles Peterson presents WORLDWIDE SHOWCASE 2008」等にも出演。2008年には待望の1stアルバム『LIVE IN AFRO CITY』も発売。同年8月にはフェラ・クティと共にアフロビート創世記を支えた伝説のドラマー”トニー・アレン”との共演も果たし、名実ともに国内最強のアフロビート・バンドとなる!
Kingdom-Afrocks_pic.jpg
MURO
日本が世界に誇る『King Of Diggin'』ことMURO。80年代後半からKrush Possee、Microphone Pagerでの活動を経て99年にソロとしてメジャーデビュー。以来、MCとしてはもとより、『世界一のDigger』としてプロデュース/DJでの活動の幅をアンダーグラウンドからメジャーまで、そしてワールドワイドに広げていく。07年にはミラノで行われた「NIKE AIR FORCE1」のイベントでのDJ出演を皮切りにロンドン、アムステルダムでのヨーロッパツアーも敢行。また、同年12月には北京で行われたFENDIのファッションショーのアフターパーティでDJを、そして08年4月にはNYのBrooklyn Museumで行われた村上隆氏のエキシビションのオープニングイベントにてDJを行う。08年1月よりOAの安室奈美恵によるヴィダルサスーンCMタイアップ曲「Rock Steady」のプロデュースや、MISIA「Yes Forever」のリミックスなどを手がける。Microphone Pagerのまさかのリユニオン作で幕を開けた09年は、NYでQ-Tipのパーティーにゲスト出演するなどの海外プレイやプロデュース・ワークのみならず、リリース物も多く、ブルーノート、トロージャン、スタックスなどの歴史的音源のミックスCDを次々とリリース。その最中の8月には自身の軌跡を辿るべく、これまでリリースしてきた楽曲をインストで繋いだ『DA CREATOR』を発表。10年1月には世界初の試みとなる和物サントラ・オンリーのオフィシャル・ミックスで業界各所やファンの度肝を抜き、ハワイ出身のシンガー=JPとの新ユニット"M2J"では、MISIAの「MAWARE MAWARE」にプロデュース、フィーチャリング参加で、FIFAワールドカップ2010のオフィシャル・アルバムでアジア代表として世界デビューも果たした!
MURO_pic.jpg
DJ MITSU THE BEATS (GAGLE / Jazzy Sport)
ビートメイカー、DJ、プロデューサー。03年にソロ・アルバム『New Awakening』をリリース。海外アーティストと積極的にコラボレーションを行う。04年LA「URB」誌で期待するアーティスト100人に日本人で唯一選出される。09年、DJとして地元仙台のレギュラー・イヴェント「Sound Maneuvers」@ADDを中心に、日本全国各地で活動。アメリカやヨーロッパ・ツアーだけでなくアジア圏でも成功し、国内外問わず数々の作品に関わり、そのアーティスト、ジャンルも多岐にわたる。英国営放 - BBC Radio 1 ジャイルスピーターソン「World Wide」出演やロンドン、パリでのDJギグやベルギー最大の野外フェス「DOUR FESTIVAL」にも出演し成功を納め、海外での人気、認知度は確実にアップしている。10年7月7日には外部プロデュース作品、リミックス作品をコンパイルした『The Excellence II』(P-VINE)をリリースし、8月4日には日本人ラッパーのみをフィーチャリングした3rdアルバム『UNIVERSAL FORCE』もリリース予定!
Mitsu-the-Beats_pic2.jpg
DJ KOGA (14Catherine / Jazzy Sport Brooklyn)
99年単身渡米。NYで盟友FREEDOMCHICKENと出会い「Downwell79's」を結成。NYでMix tape"cookin'"をリリース、後にJazzy SportによりDJ Mitsu the Beatsとのダブルパックで再発。NY中の様々なクラブ、ラウンジでプレイする中、PhiladelphiaのRich Medinaにその才能を見出され、クラブ「Apt nyc」でDJを開始、帰国時まで活躍する。またイギリス音楽誌「straight no chaser」主催のCarl InjexとTyler Askewによる「Apt nyc」でのイベント"Rude Movements"にレギュラーDJとして参加。また、Brooklynにあったクラブ「Triplecrown」にてAli Shaheed Muhammad、DJ Spinnaらと並んでレジデントDJに抜擢され活躍。06,07年に"wellduskdown"another wellduskdown"を自身の<14Catherine>レーベルからリリース。08年に帰国し、現在はclub familyにて自身のイベント"sun mo right"を中心に、過去にDetroitよりAndres、Malik Pittman等のゲスト参加で盛り上がりを見せるFreedom School主催"THE DANCER"に参加など、多方面で活躍中。
DJ-KOGA_pic.jpg
FREEDOMCHICKEN (14Catherine / Jazzy Sport Brooklyn)
DJ KOGAとのプロジェクト「Downwell79's」としてNYブルックリンを拠点に活動。DJとしては、フィラデルフィアのブラック・ミュージックシーンのキーパーソン"Rich Medina"とのタッグアップで、NY「A.P.T」のレギュラーとして活躍。プロダクション面では、DJ Mitsu the Beats "Material Curse -Brookln Sky High Remix-"、ジョージア/ウィンストンのヒップホップレーベル音源のMix等のオフィシャル作品、06年に立ち上げた自主レーベル<14Catherine>からの『Wellduskdown』『Another Wellduskdown』Mix CD、For DJオンリーのRe-Edit作品、08年にはシカゴ、デトロイト等のソウル/ジャズ/ディスコ等のブラックルーツ・ミュージックを軸にした『TILL FADEOUT』など、現場主義のこだわり抜いた作品をリリース。NYから帰国後は、"breakthrough"のレギュラーDJとして活動するほか、Freedom Schoolのサポートのもと、Andres、M.Pittman(3 Chairs)、Trus'meらと共演を果たし、さらに、国際都市香港でのゲスト出演でも多国籍なParty Peopleをロックするなど、リアル・アンダーグラウンドな姿勢を貫いている。
FREEDOMCHICKEN_pic.jpg
DJ Dazz (Wax Poetics Japan)
音楽雑誌編集、イベント企画&オーガナイズを軸に東京都内で活動しているヴァイナル・ウォッチャー。ヒップホップで育った経験を生かし、そのスタイルでファンク、ソウル、ジャズを豪快にミックス。また、ハウスやディスコ、デトロイト・テクノにも影響を受け、踊れるクラブ・ミュージックを世に広める為、毎夜都内各所に出没中。
Dazz_pic.jpg
西原 健一郎 (UNPRIVATE)
96年よりファッションショーの選曲を始め、以降東京コレクションパリコレクションなど国内外にて多岐にわたるショーやイベントで音楽ディレクションを担当している。ウェブサイトやCMの音楽制作など様々な分野に音や音楽を提案提供し現在に至る。08年自身のレーベル<UNPRIVATE>より7インチシングル"Nebulosa"に続き、初のソロフルアルバム『Humming Jazz』を発表した。
Nishihara_pic.jpg
C-Ken (PARADIGM SHIFT)
1984年宮崎県出身。クリエーター。03年頃からDJを開始し、現在は東京都内を中心に数々のイベントでプレイ。08年には「Deep Funk Japan 08」や「Wax Poetics Japan」のリリースパーティーにも出演し、"PARADIGM SHIFT"を発売。言葉や文字では表現出来ない魅力を持った彼独特のプレイは各方面から高い評価を得ている。また、近日"PARADIGM SHIFT 2"をリリース予定。オリジナルトラックも制作中。
C-Ken_pic.jpg
DJ Yuichiro (Milk Dipper)
東京出身のDJ/トラックメーカー/オーガナイザー。06年にDJ TONKにその才能を買われ<milk dipper>の一員になる。LUIRE主催イベントやX-TRAILのアフターパーティー、そして"bathroom"、"PEACE"等にも出演し、Pete Rock、C.L. Smooth、Group Home、Large Professorなど国内外の著名アーティスト達とも共演を果たす。アナログ独特の暖かい音質を好み、HIP HOPという概念を活かしつつ、Dubstep、B-moreなどあらゆるジャンルをプレイするそのスタイルは、聴く者に強烈なpositive vibesを注ぎ込む。
Yuichiro_pic.jpg
DOKO (430 / HIDDEN CHAMPION)
若干12歳からBMXを始め、その頃より様々な交遊により東京カルチャーの渦中で育てられた現在22歳のDOKO。19歳にしてBMXライダーとしてPROクラスに昇格し、同時にDJとしての活動もスタート。ARESBYKESチームライダーにしてT430所属。
DOKO_pic.jpg
PONY (HOMMAGE / HIDDEN CHAMPION)
鎌倉在住 | M.I.S.O.G | BMX Co. HOMMAGE Director | BMX RIDER | MC | DJ | 神出鬼没集団 ONE OR EIGHT 非常勤MEMBER | before IMGSRC after S2F | Mr LAZY | DISCO | SOUL | FUNK | TECHNO | HOUSE | DANCE | AND I LOVE YOU!!
PONY_pic_130.jpg