Club Event

2010.02.10 WED

"PEACE"
-A Tribute to J DILLA-
supported by Wax Poetics Japan


LINE UP:

SPECIAL GUEST LIVE :
ILLA J (Delicious Vinyl / Detroit)

SPECIAL "DONUTS" SESSION :
Ovall (origami)
mabanua (origami)
45 trio (origami)

DJ :
MURO
DJ KIYO (Royalty Production)
DJ SARASA a.k.a. Silverboombox

VJ : RealRockDesign

SALOON (B3F) -Wax Poetics Japan Lounge-
DJ :
DJ Dazz (Wax Poetics Japan)
Kenichiro Nishihara (UNPRIVATE)
C-Ken (PARADIGM SHIFT)

INFORMATION:
OPEN : 23:30
START : 23:30
CHARGE : ADV.3,000yen/W.FLYER 3,500yen/DOOR 4,000yen
※未成年者の入場不可・要顔写真付きID
TICKET : 1/16(SAT) on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]346-557
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン [L]74261
e+
>>STORE
[渋谷]
● HMV 渋谷
● diskunion 渋谷 CLUB MUSIC SHOP
● GUINNESS RECORDS
● Jazzy Sport Music Shop Tokyo
● Manhattan Records
[新宿]
● diskunion 新宿 CLUB MUSIC SHOP
[お茶の水]
● diskunion お茶の水 CLUB MUSIC SHOP
[下北沢]
● diskunion 下北沢
● JET SET
[恵比寿]
● WE NOD

INFO :
HITOMI Productions  web_headphone_icon.jpg
HIDDEN CHAMPION  web_headphone_icon.jpg
Wax Poetics Japan web_headphone_icon.jpg


WEB :
J DILLA  web_headphone_icon.jpg
ILLA J  web_headphone_icon.jpg
origami PRODUCTIONS  web_headphone_icon.jpg
Ovall  web_headphone_icon.jpg
mabanua  web_headphone_icon.jpg
45 trio  web_headphone_icon.jpg
MURO  web_headphone_icon.jpg
DJ KIYO  web_headphone_icon.jpg
DJ SARASA a.k.a. Silverboombox  web_headphone_icon.jpg
RealRockDesign  web_headphone_icon.jpg
THE BEST URBAN / HIP HOP PARTY「PEACE」の第5弾!
ソロ・アーティストとしてはもちろんの事、Slum Village、Jaylib (w/ Madlib)としてのアルバムリリースや、The Ummah (w/ Q-Tip/Ali Shaheed)、Soulquerians (w/ Questlove[The Roots]/D'Angelo/Erykah Badu)としての活動、The Pharcyde、A Tribe Called Quest、De La Soul、Common、Michael Jacksonなど、挙げれば切りがない程のプロデュース/リミックスを手掛けた稀代の天才プロデューサー「J DILLA aka Jay Dee」。数多くのクラシックを残し、”Hip Hopの歴史を変えた”とまで称された彼の偉大な功績を称え、命日である2月10日、実弟「ILLA J」を迎えて、Jディラ・トリビュート・イベントを開催します。origami crewによるノンストップ"Donuts"セッションやJディラに感銘を受けたDJsによるトリビュート・プレイなど、この日はディラと彼の家族、そしてディラを愛する全ての人に捧げる特別な夜になるでしょう。

OTHER INFORMATION
ILLA J (Delicious Vinyl / Illasoul Ent. // Detroit)
2006年に32歳の若さで惜しくもこの世を去った、Hip Hop史上最も偉大なアーティストのひとり「J・ディラ a.k.a. ジェイ・ディー」の実弟。ディラの遺作『The Shining』に収録された"Won't Do"のPVへの出演、その後に行われたディラ一周忌イベント「J Dilla Edition」でのパフォーマンスにより、世界中にその存在が知れ渡ることになる。ディラが残したレコーディング機材や未発表トラックを引き継いで、自らのスタジオ「Yancey Boy Studios」を設立。08年にディラの初期活動拠点だったレーベル<デリシャス・ヴァイナル>所有の未発表ビートを再構築し、制作されたアルバム『Yancey Boys』で衝撃のデビューを飾る。ディラの最初の絶頂期ともいえる時代のトラック発掘とともに、兄とは異なる歌まじりのフロウの持ち主である「イラ・J」に大きな注目が集まった。兄の遺志を見事に継承したイラ・JのリアルなLIVEは必見・必聴です!
100210_Illa-J_130.jpg

<リリース・インフォ>
全曲Jディラ・プロデュースによる実弟イラJのデビューアルバム! ファットでスモーキーなビートメイクにディラ・フリーク狂喜必至の名盤!
100210_Illa-J08_cd_cover_p-.jpg
ILLA J "Yancey Boys" PCD-17254 2625yen Now on Sale!!
MURO
日本が世界に誇るKing Of Diggin'ことMURO。09年はEMI、UNIVERSALなどからコンピをリリース。8月には自身の軌跡を辿るべくセルフミックスで今まで発表リリースしてきた楽曲のインストのNONSTOP MIX『DA CREATOR』をリリース。多岐に渡るフィールドで最もその動向が注目されているアーティストである。
100210_MURO_130.jpg
DJ Kiyo (Royalty Production)
90年代初頭のhip hopカルチャーに強い衝撃を受け、92年よりDJのキャリアをスタート。細分化の進むシーンの中でも当時から変わらぬUNDERGROUNDなスタンスで常に新しいものと古いものとの共存をテーマに新たなスタイルを生み出そうと考える唯一無二の異端児的存在。現在までに数多くのコンセプチュアルな内容のMIXTAPE、MIXCDを作り、商業ベースのDJとは一線を画す存在として様々な音楽層に影響を与えている。07年にはDULO名義で自身初となるフルインストゥルメンタルアルバムを2枚リリースし、更なるビートミュージックの可能性を提示した。近年における現場においては17年のキャリアを生かし今まで吸収してきた膨大な音楽の中でもhip hop的ビート解釈のもと土臭く浮遊感のあるワイドレンジなトラックを中心にMIXTAPEやCDでは味わうことの出来なかった現在進行系の想定外セレクションでフロアーを揺らしている。「1DJ=1ジャンル」をモットーに予定調和よりも一期一会の一瞬の音楽的快感を求め日々感覚を更新中である。
100210_KIYO_130.jpg
DJ SARASA a.k.a. Silverboombox
4歳から本場NYで育ち、カナダのラジオDJとしてキャリアをスタートした後、映画「RIZE」や「Block Party」の国内制作等に携わる。Hip HopにFunk、Disco、Soul、BreakbeatsやHouseもクロスオーバーさせてしまう独自の選曲で、日本はもとより北米を中心にドバイを含むアジア各国にて世界クラスのアーティストとも肩を並べてプレイしている。現在iTunes限定のコンピレーションアルバム『Hip Hop is Funk & Jazz』が好評配信中!数々の大舞台でキャリアを積み、若くして玄人も唸る骨太な選曲とDJスキルで各メディアに一目をおかれている存在である。
100210_SARASA_130.jpg
Ovall
1stアルバム『The ABSTRACT TRUTH』が世界中で大ヒットしたトラックメーカー/ベーシストShingo Suzukiによるバンドプロジェクト。同じくトラックメーカーとしても話題のドラマーmabanua、ジャズギタリストとしても活動する関口慎悟という3人のプレイヤーを中心に活動。バンド名義でのアルバムリリース前に朝霧JAM2009に出演、緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一遍させオーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。Hocus Pocus、Wayna、Kenn Starr他世界中のアーティストとのコラボで完成した1stアルバム『DON'T CARE WHO KNOWS THAT』(2010年3月10日リリース)で英、仏デビューも決定!
100210_Ovall_130.jpg
45 a.k.a. SWING-O
JAMNUTSやizanamiの中心人物として、またSteph Pockets、Kyoto Jazz Massive、Chara、AI、MINMI、Kreva等への楽曲提供、プロデュース、ツアーキーボーディストなど様々な顔を持ち100枚を超えるアルバムに参加した驚異のセッションキーボーディスト、プロデューサー。Steph Pockets、Lark Chillout (A.Y.B.Force)などをfeatした1stアルバム『Hello Friends』、Ryan Shaw、Stephanie McKay、Bulljunをfeatした2ndアルバム『THE REVENGE OF SOUL』が海外でもヒット。70年代ソウルフレーヴァに日本人的感覚が融合したサウンドと圧倒的な鍵盤さばきでシーンに新風を吹き込んだ。
100210_45_SWING-O_130.jpg
mabanua
ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。全ての楽器を自ら演奏し、それらの音をドラマーならではのフィジカルなビートセンスでサンプリングし再構築、Hip-Hopのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。その唯一無二のスタイルにジュラシック5のAKIL THE MC、アレステッド・デベロップメントのEshe、Kev Brownらも共感、MySpaceを通じ彼らと交友を深めコラボした1stアルバム『done already』は世界中のコアな音楽ファンを唸らせた。現在最も注目されている日本人ドラマー/クリエイター。
100210_mabanua_130.jpg
DJ Dazz (Wax Poetics Japan)
音楽雑誌編集、イベント企画&オーガナイズを軸に東京都内で活動しているヴァイナル・ウォッチャー。ヒップホップで育った経験を生かし、そのスタイルでファンク、ソウル、ジャズを豪快にミックス。また、ハウスやディスコ、デトロイト・テクノにも影響を受け、踊れるクラブ・ミュージックを世に広める為、毎夜都内各所に出没中。
10210_Dazz_130.jpg
西原 健一郎 (UNPRIVATE)
96年よりファッションショーの選曲を始め、以降東京コレクションパリコレクションなど国内外にて多岐にわたるショーやイベントで音楽ディレクションを担当している。ウェブサイトやCMの音楽制作など様々な分野に音や音楽を提案提供し現在に至る。08年自身のレーベル<UNPRIVATE>より7インチシングル"Nebulosa"に続き、初のソロフルアルバム『Humming Jazz』を発表した。
100210_Nishihara_130.jpg
C-Ken (PARADIGM SHIFT)
1984年宮崎県出身。クリエーター。03年頃からDJを開始し、現在は東京都内を中心に数々のイベントでプレイ。08年にはDeep Funk Japan 08やWax Poetics Japanのリリースパーティーにも出演し、"PARADIGM SHIFT"を発売。言葉や文字では表現出来ない魅力を持った彼独特のプレイは各方面から高い評価を得ている。また、近日"PARADIGM SHIFT 2"をリリース予定。オリジナルトラック制作中。
100210_C-Ken_130.jpg