Club Event

2010.01.29 FRI

MOKMAL SOUND PRESENTS
"420TOUR×ART"


LINE UP:

SPECIAL GUEST DJ :
Donato Dozzy (aguaplano / dozzy records , italy)

DJ : Kazuhiro Tanabe (mokmal sound /420TOUR)

ART : Takao Suzuki

VJ : uttori

SALOON (B3F) "cabaret ltd."
DJ :
so inagawa (tsuba / relaxine / OP.DISC / TELEGRAPH / minimood)
sackrai (Archipel / OP.DISC / minimood / TELEGRAPH)
Keisuke Kondo(OP.DISC/Frankie)
yone-ko (CABARET / Runch)

UNICE (B1F CAFE) "mokmal lounge"
DJ :
DJ SHIBATA (pool / 探心音)
DJ KIMI (In lak' ech / SALOON)
SYN (mokmal sound)
MIGHT-Z∞ (AfroTwinZ)

INFORMATION:
OPEN : 23:30
START : 23:30
CHARGE : ADV.3,000yen/W.FLYER 3,000yen/DOOR 3,500yen
※未成年者の入場不可・要顔写真付きID
TICKET :
>>STORE
[渋谷]
● diskunion 渋谷 CLUB MUSIC SHOP
● Lighthouse Records
● TECHNIQUE

WEB :
Mokmal Sound  web_headphone_icon.jpg
Donato Dozzy  web_headphone_icon.jpg
Kazuhiro Tanabe  web_headphone_icon.jpg
CABARET  web_headphone_icon.jpg
so inagawa  web_headphone_icon.jpg
sackrai  web_headphone_icon.jpg
Keisuke Kondo  web_headphone_icon.jpg
yone-ko  web_headphone_icon.jpg
"420TOUR×ART"が奇才Donato Dozzyを迎え遂にUNITに登場。マイクロトランスを提唱する彼が"Labyrinth 2009"で魅せた3時間のambient setと7時間を越える感動的なLast Playは記憶に新しい。UNITではDonato DozzyとKazuhiro TanabeのDJ&Takao SuzukiのART。SALOONは"cabaret ltd."をフューチャー、さらにUNICEではChill Out Spaceを展開。"製品ではない!ここでしか味わえない音楽を"

OTHER INFORMATION
Donato Dozzy (aguaplano / dozzy records , italy)
ローマ生まれ。幼少時代には既に音楽のとりこになっており(13歳の時には、既にレコード収集家!)いつも音楽と学業に打ち込んでいた。
2000年には政治学の博士課程を修了し、音楽への情熱をプロレベルまで引き上げ、長年に渡り 独特のDJスタイルを磨き上げてきた。
1999年以降のローマ Brancaleoneでの"residential stints"や、2004年から2006年の間にはafterhours specialistとしてベルリン"Panoramabar"でのPLAYが彼の歩んできた歴史に刻まれている。
プロデューサーとしては初期作のKitchen Tools (Virgin, 2001)以降、ベルリンの Orangegroove、Lan Muzic、ローマの Elettronica Romana、DozzyRecords、Rayliard Rec、Wagon Repair、Geophone records、Persona Records、そして現在、友人のNuel. D.と立ち上げた、彼のワンダーランドとなっているAguaplanoでのレコード制作を経て、プレス関係者やTop Musician達から賞賛を浴びている。
100129_donato_130.jpg
Kazuhiro Tanabe (mokmal sound /420TOUR)
越中富山の狩人。エアドラムを打ち鳴らし音を体現する夜行性の獅子座。 煙たさと金属の質感を基調としながら低空飛行で踊り舞わす民族的雑食DJ。
Regular Party”420TOUR@代官山SALOON”
100129_tanabe_130.jpg
Takao suzuki (画家, PinT)
静岡生まれ。幼少より絵を描き始め、9年間のNY生活を経て東京を中心に油絵・絵本の製作を行う。現在、2005年より始めたシリーズ、極細素描画「METROPOLIS」を発表中。作品コンセプトは「心と科学の進化のバランス」2007年、代官山「SALOON」の壁画制作。2008年、GOMA da DIDGERIDOOの最新アルバム「CYBORG」のジャケット絵を制作。また、同時に音楽イベント等で「大樹」をモチーフに、墨で大胆に描くLIVEPAINT活動を始める。細かい線画で描く「METROPOLIS」に対し、幅4メートル程の紙に即興で墨で描くLIVEPAINTは力強く、観る者を圧倒する。過去、「ナチュラル・ハイ」「ひかり祭り」「あさぎり天空まつり」「センス・オブ・ワンダー」等に出演。
so inagawa (tsuba / relaxine / OP.DISC / TELEGRAPH / minimood)
2004年,フランスの名門TELEGRAPH RECORDより"cabaret"をリリース。その曲は、Tobi Neumannのmix cdにライセンスされるなど、世界中のDJに絶賛される。その後、so inagawa,the suffragettes両名義でmilnormodern, rrygular, fenou, trimsound, minimood, goosehound, unfoundsound, multivitamin, relaxine, tsuba 等の世界中のレーベルから順調にリリースを重ねている。それらの楽曲は、peace divisionのmix cd"coast to coast" (nrk)、harley&mustleのmix cd"deep house part1" (soulstar)に収録され、そのクオリティの高さを証明している。さらに、昨年より新たにvocal minimal house unit"spek"を立ち上げ、ファーストアルバム"spek don't take more"をリリース。2009年秋には、minimoodより、so inagawa名義でのアルバムリリースを控えている。また、自身のレギュラーパーティー"cabaret"を代官山unitで運営中。
100129_so_inagawa_130.jpg
sackrai (Archipel / OP.DISC / minimood / TELEGRAPH)
2006年にフランスlogistic傘下のtelegraphより"too cool for school 2"でデビューを飾る。the suffragettes名義ではベルリンのレーベルrrygular等のレーベルからミニマルテクノの作品をリリース。2008年3月カナダのarchipelより"another story"EPを発表。作品中の"As If"と"Close Behind"は、UKハウスの伝説的レーベル「nrk」の人気ミックスCDシリーズである「COAST 2COAST」のPeace Divisionによるセレクトに日本人としては初めて2曲同時に収録されるという栄誉を得た。またモデルのEri、プロデューサーのSo Inagawaと共にヴォーカルを軸にしたバンド「spek」を結成。2008年にはTimothyReallyレーベルよりアルバム「Spek doNt take more」をリリースし、WOMB、ASIA、VELOURSなどビッグクラブでのギグも重ね、反響を呼んでいる。 今夏ドイツminimoodから「ewanya EP」をリリース、またop.discによるコンピレーション「hub opus tokyo」にもトラックが収録された。
100129_sackrai_130.jpg
Keisuke Kondo(OP.DISC/Frankie)
2000年名古屋でdance music party「cabaret」をスタート。2005年に東京に拠点を移しトラック制作を開始する。ドイツの地下minimal technoレーベルからepをリリースし、2007年9月にはフランスのfunky minimal technoレーベル「Frankierec」からepをリリース。また2009年のop.disc コンピレーション「hub opus tokyo」に楽曲を提供。minimalなtechno, houseの探求を続け、独自のスタイルでLIVE・DJを披露している。都内のClubを中心にdeepに活動中。
100129_keisuke_kondo_130.jpg
yone-ko (CABARET / Runch)
HipHopDJの兄から影響を受け、95年より地元愛知にてDJ活動開始。以降、名古屋・静岡・東京・大阪等日本各地でDJを行う。自分自身にインプットされた膨大なアーティスト・レーベル・トラックネームデータベースからはじき出される、新旧を問わない厳選された音源の数々。それらをベースにして限りなく繊細かつ精緻に、更にダンスへの躍動感を一切損なうことなく構築されていくDJセットは、時に「グルーヴマスター」と評されるほど。2005年に結成した「the suffragettes」(08年解散)名義では過去にMilnorModernRecords、rrygular、unfoundsound、goosehound等からリリースを重ねている。また、イタリアMussen Project Recordからはyone-ko名義でソロ作品を展開中。現在は、代官山SaloonにてDJ yoshiki (TOREMA / op.disc)とともにレギュラーパーティ「Runch」を、UNITにてso inagawa/sackrai/keisuke kondo/masdaとともに「cabaret」を不定期にて開催。
100129_yone_ko_130.jpg
DJ SHIBATA (pool / 探音心)
10代半ばの頃バンド活動でDrumsを担当、その流れでTechno黎明期にダンスミュージックの世界に足を踏み入れDJ活動を開始。そこからカルチャーのルーツへとさかのぼり、House~Garage~Loftと NYスタイルの王道にのめり込む。と同時に日本そして東京という環境をフルに活用しあらゆる音楽・スタイル・価値観を吸収し、結局のところ自分の感覚でそれらをフロアに落とし込むことに意味を見い出す。現在は、まもなく10年目を迎える青山LOOP第2土曜のレジデンシー"pool"と、渋谷KOARA第 4金曜のパーティー"探心音"を中心に様々なパーティーで活動するほか、ラジオ渋谷FM78.4MHzでのミックスショー"DEEP BLUE"も好評を得ている。活動開始当初からのDeep HouseやDiscoとTechnoをクロスオーバーさせたスタイルに、自身のルーツであるオルタナティヴな感覚を惜しみなく注ぎ込む最近のプレイはニュージェネレーションにも多いに受け入れられ活動の場を広げている。
100129_shibata_130.jpg
DJ KIMI (In lak' ech)
DJ KIMI (In lak' ech) 1977東北育ち、 渋谷から代官山へ、日々を地下で過ごす、 様々なジャンルの音楽を現場で吸収し、放出。
黒く太いMessageを放ち、意識を覚醒させFloorを揺らす、
現在、代官山SALOONにて、不定期型奇跡のDanceParty「in lak' ech」〜私はあなた、あなたは私〜を主宰。都内を中心にgood vibe放出中。
090531_kimi_130.jpg