live Event

2009.10.29 THU

UNIT & マイア・バルー presents
"地球をとってよ!" Vol.2


LINE UP:

LIVE :
マイア・バルー BAND
[マイア・バルー/ vocal & flute、アブドゥール智/ bass、駒澤れお/ percussion]
Double Famous
[坂口 修一郎/ trumpet、藤田 文吾/ tenor sax、岡田 "KAYA" 真由美/ alto sax, flute、藤堂正寛/ key、高木 二郎/ bass、細窪 洋介/ percussion、栗原 務/ drums]

INFORMATION:
OPEN : 19:00
START : 19:30
CHARGE : ADV.2,800yen/DOOR 3,300yen
(共にドリンク代別)
TICKET : 9/19(SAT) on sale!
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]336-114
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン [L]71979
e+

WEB :
マイア・バルー OFFICIAL WEBSITE  web_headphone_icon.jpg
Double Famous OFFICIAL WEBSITE  web_headphone_icon.jpg
第1回目にOKIを招いてお送りしたマイア・バルーとUNITの共催イベント"地球をとってよ!"。早くも第2回目の開催が決定!今回のゲストは、ダブルフェイマスが、なんと2年ぶりのUNIT登場!東京発のエキゾチックミュージックと称されるダブルフェイマスと、世界中を旅して、様々な音楽を吸収してきたマイア。両者の組み合わせは必見!熱いセッションも見られるか乞うご期待!

OTHER INFORMATION
マイア・バルー
6才まで犬に育てられる。フランスのプロデューサー/歌手/詩人 ピエール・バルーと江戸っ子の母との間に東京に生まれ、パリで育つ。幼い時から両親と共に世界中を旅し、舞台を遊び場にさまざまな音楽を肌で吸収。15才の時、ブラジル遊学中に聴いた美しい音色に感銘を受け始めたフルートを筆頭に、ギター、ピアノ、パーカッション、メガホン、サックス等を手がける。18才、東京にもどり、戸川昌子の紹介でネオちんどん「かぼちゃ商会」にメンバーとして参加、フランス遠征。その後本格的に歌い始め、ソロ活動を開始、2007年には坂本龍一のレーベル「commmons」からリリースされたオムニバスアルバム「にほんのうた」に参加。一方で、05年より日本の個性派ミュージシャンをフランスに紹介し日仏音楽の橋渡しをするイベント「CABARET SHINJUKU」のプロデューサーを務め、参加アーティスト大集合の初プロデュースオムニバスアルバム「KUSAMAKURA」がフランス・カナダ・日本で発売された。近年は エレキベース/ Abu、アフリカンパーカション/ 駒澤れおとのレギュラートリオを中心に活躍で、08年、初のソロミニアルバム「maia 1」「maia 2」を自身で制作。09年1月には、インターネット生中継も行われた代官山UNIT での初ワンマン、その後J-WAVE/ TOKYO HOT 100 award のオープニングやEARTH DAY TOKYO 2009 等に出演し、ダイナミックなライブパフォーマンスは話題を呼んでいる。類い稀な経験と圧倒的な実力、音楽への限りない愛を武器に、今再び日本発のワールドミュージックを発信する!!
090709_%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BC_130.jpg
Double Famous
1993年結成。友人たちと主宰したイベント "Brilliant Colors"(下北沢Zoo/Slitz)での月1のライブをベースとして、ゆるやかに活動を開始。遠く離れた島や大陸、山峡や街角の音楽を自分たちの暮らす土地へと引き寄せ、その時々にメンバーたちがむさぼり食べていた諸々雑多な音楽とともに消化させ紡ぎ出された音楽は、東京発のエキゾチックミュージックと呼ばれるようになり、ダンスホール楽団として日本各地を気の向くままに訪れる。 『esperanto』から『Doubele Famous』まで、現在までに5枚のオリジナルアルバムを発表。結成15周年の全国ツアーを終えた2009年、青柳拓次(g,acc)が脱退、栗林 慧 (uku)、民 (per)、畠山 美由紀 (vo)が休止す るも、新メンバーに藤堂正寛(key)を加えて、あいかわらずマイペースに活動中。7人になった新生ダブルフェイマス、これまでとはひと味違った野性味あふれるかっこよさです。
091029_maia_130.jpg